「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」向けのスキル、いこレポ 〜おでかけニュース〜 の配信をはじめました。

パパ芸人が行く! 東京23区「公園」全制覇の旅【中央区編】

お笑い芸人であり、1児のパパでもある筆者が、東京23区の公園を全制覇することを目指して、時間の許す限り公園巡りをする「公園全制覇の旅」。実際に行ったからこそわかる各公園の魅力や特徴、がっかり感など、毎回選りすぐりの情報を独自の視点でお届けします。

第8回目の今回は、東京のおよそ中央に位置し、日本橋や銀座、築地など東京の主要都市が集まる中央区の公園を調査しました!

東京23区「公園」全制覇の旅【文京区編】はこちら

今回制覇した公園の数:中央区の公園23カ所

この日に巡った公園は23カ所。築地市場駅から新富町、八丁堀駅周辺を自転車で5時間かけてチェックしてみました。なかでも気になった公園を5つと、がっかりした公園を1つ紹介します!

おすすめ公園1:京橋公園

印鑑のような公園名の入ったモニュメントがかわいい「京橋公園」。この公園の素敵なところは、ブランコやカラフルな複合遊具など遊具が充実していることに加えて、長年愛されていたすべり台を建て替えた記録が看板に記されていること。

この看板を見れば公園がこの地域で昔からずっと愛されてきたことがわかります。今は少し形を変えた2股のすべり台があり、子どもが楽しそうに滑っていました。

おすすめ公園2:越前堀児童公園

歴史に詳しい人なら「越前」と聞いてピンとくるかもしれませんが、この公園はその昔、越前松平家の武家屋敷があった場所。後にお堀となり、それを埋め立ててできた公園なので「越前堀」という名が付いています。

そんな歴史を感じる公園には、じゃぶじゃぶ池やバスケットができるボール広場など、子どもたちが楽しめる遊具がたくさんありました。走り回っても十分なスペースがあり、掃除が行き届いたきれいな公園は、多くの子どもたちの遊び場、そしてママたちの語らいの場所になっていました。

おすすめ公園3:鉄砲洲児童公園

今回の調査で一番子どもたちが集まっていた公園。趣向を凝らした遊具がたくさんあり、幼児から小学生まで楽しそうに遊んでいました。公園中央にある広場は日当たりが良く、寒い日でも子どもたちを見守るママたちが暖かく待てそうでした。

中央区の公園はビルの間にあることが多いせいか、あまり日当りの良い公園がなかったので、日当りが良いのも人気の公園となっている理由かもしれません。夏にはじゃぶじゃぶ池で水遊びも楽しめます。


おすすめ公園4:あかつき公園

「あかつき公園」は遊具のある公園と冒険広場があるとてもワクワクするスポット。公園にはローラーすべり台やブランコ、砂場など一通りの遊具が揃っていて、飽きずに遊べます。冒険広場にはたくさんのタイヤや大きな土管、ターザンロープなどがあり、かくれんぼや鬼ごっこなど、体を動かしてさまざまな遊び方ができそうです。

子どもたちがタイヤと土管ではしゃいで遊ぶ姿は、昔も今もかわらない光景でした。冒険広場内に管理室があり、公園管理者が常駐しているので、安心・安全に遊べるのも親子におすすめのポイントです。

おすすめ公園5:築地川公園

縦に長い「築地川公園」。芝生があってのんびり過ごせる公園なのですが、この公園の特徴はなんといってもバーベキュースペースがあるところ。しかも鉄板・鉄網・バケツは貸し出してくれるのです。

都心の公園でバーベキューができるなんて知りませんでした! バーベキュースペースはきちんと1区画ずつ区切られているので、ほかの利用者のバーべキューの煙や声が気になることがないのも良いですね。

がっかり公園:築地川銀座公園

調査したのは平日で場所柄多くの人が休憩していたのですが、そのほとんどがタバコを吸った大人でした。中央区はほかにもそんな公園が多かったのですが、その中でも広さ的にも立地的にも期待を込めて「築地川銀座公園」をがっかり公園にしました。遊具があり子どもがのびのび遊べる公園だと思って訪れるとがっかりしてしまうと思います。


今回巡った中央区の公園を写真で紹介!

今回の調査では喫煙スペースがあるために、子どもが遊ぶには難しい公園が多々ありました。一方で、人気のある公園には子どもたちが集中し、にぎやかに遊んでいたのが印象的でした。

公園は大人も子どもも、安らげる場所であって欲しいので、喫煙スペースをなくすとまではいかなくても、設置する公園の数を減らす対策も必要なのではないかなと思いました。ただ、オフィス街が多いこの地域だけかもしれないので、また中央区の別のエリアもじっくり調査してみたいと思います。

1.市場橋公園

築地市場・築地場外市場のすぐそばにある公園。幼児用すべり台と砂場、ユニークなピエロの形のブランコがあります。

2.築地川采女橋公園

首都高速都心環状線沿いにある小さな公園で、緑に囲まれた憩いスポット。

3.築地川銀座公園

ビル群にある公園で子ども向けの遊具はありませんが、歩くと足の裏を刺激できる大人向けの健康器具「健康こみち」やベンチがあります。

4.築地川祝橋公園

銀座と築地を結ぶ祝橋そばの小さな公園。木々を眺めてちょっと休憩するのにぴったりです。

5.築地川亀井橋公園

公園の中心にあるペレニアルガーデンにさまざまな宿根草が植えられ、1年中花々を楽しめます。遊具はありませんが歩くと足裏が刺激できる「健康こみち」があります。

6.楓川新富橋公園

遊具は特にありませんが、季節の花が美しい公園で、春には桜・藤・バラが見頃を迎えます。

7.楓川弾正橋公園

首都高速道路の上に架かる「弾正橋」の端に整備された公園。江戸時代の「弾正橋」のミニチュアも置かれています。

8.京橋公園

区民館・京橋プラザに隣接する公園。すべり台やブランコのほか、アスレチック遊具や砂場などがあります。

9.水谷橋公園

高速道路とビル群の間にある公園で遊具はありません。小さな暖炉のようなおしゃれな椅子があり、トイレも街の雰囲気になじむデザインなのが特徴。

10.楓川宝橋公園

高架下の道路沿いにある小さな公園で、フルーツの形をした椅子と健康器具が一つあるだけのシンプルな作りです。

11.楓川久安橋公園

遊具などはなく、公園というよりは歩き疲れた人がちょっと立ち寄るといったイメージの公園です。トイレはありますが、和式なので小さな子どもは要注意。

12.楓川新場橋公園

首都高速都心環状線上にある小さな公園。ベンチと短い遊歩道のみで遊具はありません。

13.越前堀児童遊園

アスレチック遊具や複合遊具、すべり台や砂場、スプリング遊具など遊具が充実した公園。夏にはじゃぶじゃぶ池で水遊びも楽しめます。

14.新川公園

隅田川沿いにある細長い公園で、川面とその景観を眺めながら心安らぐひと時が過ごせます。遊具はありません。

15.桜川屋上公園

ビルの屋上に作られたユニークな公園。緑あふれる空間が広がり、遊歩道も整備されています。すべり台とスプリング遊具、砂場があり、小さな子どもから遊べます。

16.鉄砲洲児童公園

広々とした広場にあるカラフルな複合遊具には、クライミングウォールやらせん式の登り棒など、子どもが楽しめる工夫がいっぱい! 夏にはじゃぶじゃぶ池もオープンします。

17.桜川公園

名前の通り桜の木が多く植えられていて、春にはお花見も楽しめます。幼児向けの小さなブランコ・すべり台・スプリング遊具のほか、大人も楽しめる健康遊具も。

18.湊公園

遊具はありませんが、春には桜も美しく、隅田川沿いでお花見を楽しめます。

19.明石町河岸公園

隅田川沿いにある公園で、隅田川を行き交う水上バスや都会の夜景を楽しめる場所として知られています。春は桜のお花見スポットとしても人気。

20.はとば公園

銀色のおおきな球体のモニュメントが印象的な隅田川沿いの公園。春にはお花見も楽しめます。

21.あかつき公園

ローラーすべり台・ブランコ・砂場・ジャングルジムなど、遊具が充実した公園。「冒険広場」ではタイヤ遊具やターザンロープを使ってアクティブに遊べます。

22.築地川公園

遊具のある広場のほか、デイキャンプやキャッチボール場などがあり、さまざまな楽しみ方ができる公園。

23.築地川千代橋公園

遊具はありませんが珍しい植物が植えられており、都会のオアシス的なスポットです。

これまでに制覇した累計公園数:163カ所

自転車で東京23区の公園を巡る「公園全制覇の旅」。これまでに制覇した公園をおさらいしておきましょう!

第1回:練馬区 16カ所…西武池袋線沿線でも人気の街で、緑も多く、美味しいお店もたくさんある「練馬区」の石神井公園駅周辺の公園を調査しました。
第2回:品川区 22カ所…りんかい線・京浜東北線・東急大井町線の通る「品川区」大井町駅周辺の公園を調査しました。
第3回:中野区 23カ所…中央線、地下鉄東西線の通る「中野区」中野駅周辺の公園を調査しました。
第4回:豊島区 15カ所…最近住みたい街ランキングでも上位に食い込んでくる「豊島区」の池袋周辺の公園を調査しました。
第5回:新宿区 20カ所…学生の街でもあり、歴史的建物も多くある「新宿区」高田馬場駅周辺の公園を調査しました。
第6回:杉並区 21カ所…区の真ん中を中央線が走る「杉並区」阿佐ヶ谷駅周辺の公園を調査しました。
第7回:文京区 23カ所…石川啄木や森鷗外など文豪ゆかりの地でも知られる「文京区」春日駅周辺の公園を調査しました!

そして、今回調査した「中央区」築地市場駅から新富町、八丁堀駅周辺の公園23カ所を合計して、これまでに制覇した公園累計数は163カ所となりました!

これまでに制覇した公園はこちら!

ライター紹介

小林知之
太田プロダクションで「火災報知器」というコンビで活動するかたわら、放送作家としても活躍。日本大学地理学科出身の地図地理大好き芸人で、地図片手に地形や歴史などを尋ねに歩くのが好きです。現在2歳になる娘ができてからは、パパ目線になり、街で見かける公園などにも興味を持ち始め調査しています。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!