レゴランドに「ホテル」&「水族館」が2018年4月オープン!

愛知県名古屋市にある屋外型キッズテーマパーク「LEGOLAND Japan(レゴランド・ジャパン)」の隣接地に、レゴブロックの世界観を楽しめる宿泊施設「LEGOLAND Japan Hotel」と体験型水族館「SEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)」がオープンします。これにより2018年4月28日(土)に、同パーク一帯は「LEGOLAND Japan Resort」として生まれ変わります。

「レゴランド」に水族館とホテルがオープン!

今年4月にオープンしたばかりの「LEGOLAND Japan」は、レゴブロックの世界を体感できるテーマパーク。40を超えるアトラクションやショーが楽しめる屋外型の施設です

赤ちゃん連れでレゴランドを楽しむ徹底ガイド
4歳以上にオススメのアトラクションは?

来年4月に新しくオープンする「LEGOLAND Japan Hotel」は、外観から内観までレゴブロックの世界を堪能できる宿泊施設で、さまざまなテーマの客室が用意されています

また、ホテル内には、"見て、触って、学べる”体験型の水族館「SEA LIFE Nagoya」を併設。エリア一帯にレジャー施設が集まった「LEGOLAND Japan Resort」が誕生し、より家族が遊びやすくなります。

海の生き物とレゴがコラボレーション!

「SEA LIFE Nagoya」は、レゴブロックに囲まれながら、海の生き物に触れたり、生態について学んだりできる水族館。1979年にスコットランドで開業した「SEA LIFE」は、世界50カ所以上で展開している世界最大級の水族館ブランドです。

施設内には、ヒトデやイソギンチャクなどを実際に触って学べる「Rockpools(ロックプール)」のほか、色鮮やかなサンゴや魚で賑わう「Coral Reef(コーラル・リーフ)」や、水族館がある愛知県の木曽川をイメージした「Freshwater(フレッシュウォーター)」など、多彩なエリアが用意されています

おとぎ話「浦島太郎」の世界観を表現した「Ocean tunnel(オーシャン・トンネル)」では、たくさんの魚に囲まれて、まるで竜宮城にいるかのような気分が味わえます。施設内や水槽にレゴモデルが配置され、海の生き物とレゴモデルのコラボレーションを楽しむことができるのも同施設ならでは

また、海の生き物について学んだり、レゴブロックを手に取って遊べる「School room(スクール・ルーム)」も設置されます

■SEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)
オープン:2018年4月15日(日)


5つのテーマが楽しめるホテル!

水族館と併設してオープンする「LEGOLAND Japan Hotel」は、外観から内観にいたるまでレゴブロックの世界が広がる地上8階建てのホテルです。エントランスのドラゴンや、レゴブロックを使って遊べる柱など、各所に仕掛けが施されています

宿泊フロアは、「パイレーツ」、「アドベンチャー」、「キングダム」、「レゴニンジャゴー」、「レゴフレンズ」の5つのテーマに分かれており、各フロアでレゴの世界観が楽しめます

3〜4階は、「パイレーツ」をテーマとした客室階。宝の地図が書かれた絨毯を辿って、宝物を探そう!

最上階の8階は、「レゴフレンズ」および「キングダム」をテーマとしたフロア。ハートレイクシティの5人がオススメする部屋に泊まれます。

また、ホテル内には、子どもが安心して遊べる深さ約60cmのウォータープールも設置され、天気や季節を気にすることなく水遊びをすることが可能!

ほかにも、レゴブロックの作り方を学べるクリエイティブワークショップやキッズプレイエリア、限定商品を販売するギフトショップ、ビュッフェ形式の夕食が楽しめる「ブリックス・ファミリーレストラン」など、さまざまな施設が用意されています

■LEGOLAND Japan Hotel(レゴランド・ジャパン・ホテル)
オープン日:2018年4月28日(土)
※予約開始は、2017年12月1日(金)〜
料金:1室/31,000円〜(予定)
※部屋タイプ、シーズンなどにより変動します

アトラクションやショーが楽しめる「レゴランド」のほか、水族館やホテルも楽しめる「LEGOLAND Japan Resort」。ぜひ親子でおでかけして、レゴの世界観を思う存分楽しみましょう。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。