25

上野の博物館で化石ハンター展 恐竜&世界初公開の超大型獣も!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京・上野公園にある国立科学博物館で、2022年7月16日(土)〜10月10日(月・祝)の期間、恐竜や超大型獣などの化石・標本・資料約150点が大集合する特別展「化石ハンター展〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」が開催されます。

化石ハンターとして世界的に有名なアメリカの探検家「ロイ・チャップマン・アンドリュース」の中央アジア探検100周年を記念した特別展で、アンドリュースをはじめとした化石ハンターたちの冒険の様子を数々の展示とともに紹介します。

会場には、世界初公開となる超大型獣「チベットケサイ」の迫力満点な「全身骨格復元標本」とリアルな「生体復元モデル」も登場します!

【東京近郊】絶対おすすめ♪ 6月の親子向けおでかけ先まとめ!

化石ハンター「ロイ・チャップマン・アンドリュース」

2022年は、ロイ・チャップマン・アンドリュースが、大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠の探検を開始してからちょうど100年。アンドリュースが発掘した恐竜や哺乳類の貴重な化石の数々は古生物学上の大発見とされ、その功績は後世の化石ハンターたちに多大な影響を及ぼしてきました。

本展では、恐竜・哺乳類化石をたどりながら、アンドリュースや彼の偉業を追いかけた名だたる化石ハンターたちの探検を紹介します。

【見どころ1】ゴビ砂漠での探検をたどり冒険家気分に!

会場には、アンドリュースが世界で初めて発見したといわれる「恐竜の卵の化石」や、史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」、史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの標本(複製)を展示。映像とともに、100年前のゴビ砂漠での探検の様子を紹介します。

【見どころ2】「チベットケサイ」の復元標本・モデルを世界初公開!

名だたる化石ハンターたちは、アンドリュースに大きな影響を受けています。氷河時代における哺乳類の進化に関する「アウト・オブ・チベット」説は、アンドリュースの偉業を追いかけた古生物学者たちの研究により明らかになったもの。

本展では、「アウト・オブ・チベット」説(後述)を紹介するとともに、その説を導き出す証拠となった超大型獣「チベットケサイ」の全身骨格復元標本も世界初公開されます!

チベットケサイの生きた姿をリアルに再現した「生体復元モデル」も迫力満点です!

■「アウト・オブ・チベット」説とは?「チベットケサイ」などの大型獣や、「チベットユキヒョウ」「プロトオービス」などその他の哺乳類が、北極圏よりも先に寒冷環境となったチベット高原で寒冷気候に適応してから、氷河時代に各地に放散したとする説。

【見どころ3】化石ハンターを目指す子供たちに向けて

本展の監修者が、未来の化石ハンターにメッセージを発信するコーナーも必見。日ごろの活動や「研究者になろうと思ったきっかけ」などを子供たちに向けて紹介します。

本展への入場方法等の詳細は、決定次第、公式サイトにて公開予定です。本格的な恐竜研究のきっかけとなった100年前のアンドリュースの探検。どんな冒険が見られるのか、今から楽しみですね!

■ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検 100 周年記念
 特別展「化石ハンター展〜ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣〜」概要

開催期間:2022年7月16日(土)〜10月10日(月・祝)
会期中の休館日:9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)
※会期等は変更になる場合があります
会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
開館時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
入場料:大人2,000円、小中高生600円
※入場方法等の詳細は決定次第、公式サイト等にてお知らせ
※今後の諸事情により、開館時間や休館日等について変更する場合があります。最新情報は公式サイト等でご確認ください

公式サイト
子供と楽しむ♪雨の日特集2022
夏休みにオススメのスポット特集2022
子供と楽しむ!キャンプ特集2022
この記事をクリップする
25
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!