32

九州初上陸「ららぽーと福岡」がOPEN キッザニア&ガンダムも!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

福岡県福岡市博多区の「福岡市青果市場跡地」に、5階建ての大型商業複合施設「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」が、2022年4月25日(月)にグランドオープンします! たくさんの屋外広場をはじめ、九州初となる「福岡おもちゃ美術館」や「キッザニア福岡」なども出店する新スポットです。

福岡に「泊まれる公園」誕生 光るテント&超大型アスレチックも

人気商業施設の「ららぽーと」が九州初上陸!

同施設は、九州初進出の「ららぽーと」です。店舗数は、九州初出店57店を含む全222店におよび、ファミリーで楽しめる体験型エンターテインメント施設、フードコート&レストランゾーン、フードマルシェ、福岡発の物販店舗など、多彩な店舗やコンテンツが集結しています。

さまざまな楽しみ方ができる9つのパーク!

■パーク名称/場所
【1】オーバルパーク/1階、2階 屋外
 遊具やステージを備え、イベント開催なども可能です。
【2】フットボールパーク/5階 屋外
 九州初となる「MIFA Football Park 福岡」のフィールドです。
【3】スポーツパーク/4階 屋外
 200m陸上トラックなどを設置し、パブリックビューイングも開催できます。
【4】アグリパーク/3階 屋外
 手ぶらで楽しめる貸し農園施設と、BBQ施設を設置します。
【5】フラワーパーク/1階 屋外
 階段も含めて花壇を設置し、四季折々の植栽で彩ります。
【6】フォレストパーク/1階 屋外
 筑紫通りに面したエントランス周辺に様々な木々を配します。
【7】ポケットパーク/1階 屋外
 公園のように誰もが自由にくつろげる空間です。
【8】キッズパーク/3階 屋内
 フードコート&レストランゾーンに併設した子どもの遊び場です。
【9】メディアパーク/1階 屋内
 さまざまな情報発信や多彩なイベントの場となる吹抜空間です。

ショッピングだけでなく、屋外エリアを中心に、全フロアに9つのパーク(広場)が配置されているのも特長。メイン広場となる約4,000平方メートルの「オーバルパーク」には、地面から水が噴き出す「ポップジェット噴水」や、子供が体を動かして遊べる遊具を設置。ステージもあり、さまざまなイベントが開催される予定です。

子供向けのサッカースクール「MIFA Football Park 福岡」も開校する「フットボールパーク」、広々とした人工芝に200m陸上トラックやテニスコート、3×3のバスケットボールコートなどが整備された「スポーツパーク」など、スポーツに適したパークも充実しています。

ほかにも、手ぶらで農園体験やBBQが楽しめる「アグリパーク」や、四季折々の花で演出する「フラワーパーク」など、多種多様なパークがそろいます。フードコート&レストランゾーンに併設された屋内遊び場「キッズパーク」では、0歳〜2歳向けのベビーゾーン、3歳〜6歳向けのキッズゾーンが用意され、小さな子供も安心して遊べます。

1日中遊べる施設が盛りだくさん!

特にファミリーにおすすめなのは、九州初出店となる木育ミュージアム「福岡おもちゃ美術館」と、子供向けの職業・社会体験施設「キッザニア福岡」。

「福岡おもちゃ美術館」では、木のぬくもりを感じられるたくさんのおもちゃやオリジナル遊具で遊べます。おもちゃの遊び方を教えてくれるおもちゃ学芸員との交流も楽しめますよ!

「福岡おもちゃ美術館」の詳しい記事はこちら!

2022年7月31日(日)にオープン予定の「キッザニア福岡」では、実在する企業が出展するパビリオンで、約100種類の仕事やサービスを体験できる人気施設です。3歳〜15歳の子供たちが好きな仕事にチャレンジしながら、楽しく社会の仕組みを学べます。

「キッザニア福岡」の詳しい記事はこちら!

「機動戦士ガンダム」の世界観を3つのエリアで楽しめる複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」もオープン。ガンダム世代のパパママ必見です!

「ガンダムパーク福岡」の詳しい記事はこちら!

ほかにも、さまざまなアクティビティを店内で体験できるアウトドア関連グッズのセレクトショップ「Green Summit」や、青空のもと手ぶらでバーベキューが楽しめるバーベキューヴィレッジ「ぶどうの樹 fukuoka」、九州初の最新設備を備えた映画館「TOHOシネマズ」など、家族みんなで楽しめる施設が充実しています。

【2022年】GWに観たい! 上映中の子供映画をチェック!

お腹が空いたら九州最大級のフードコートへ!

青果市場跡地にふさわしく、地元・福岡や九州発をはじめとする多様な食の魅力も発信します。1階の「フードマルシェ」には、スーパーマーケットや産直市場など、日常使いできる店舗が集結。3階には、九州最大級のフードコートとレストランが合体した一大フードゾーン「グランダイニング」があり、お腹も満たせますよ。

1階「フードマルシェ」

「フードマルシェ」には、ミシュラン掲載店「レストランジョルジュマルソー」のパティスリー専門店「パティスリージョルジュマルソー」をはじめ、カレーパン販売数のギネス世界記録を持つベーカリー「パンパティ」、福岡の老舗「焼きとりの八兵衛」のテイクアウト専門店など、話題の店舗が勢ぞろいします。

3階 フードコート&レストランゾーン「グランダイニング」

フードコート&レストランゾーン「グランダイニング」には、九州最大級の約1,450席が用意され、21店舗が提供する多彩なメニューが楽しめます。ラーメンやうどん、オムライス、たこ焼き、アイスクリームなど、子供が好きなメニューも豊富です。

レストランゾーンには、お寿司やとんかつ、焼き肉などバラエティに富んだ10店舗が並びます。館内レストランとしては珍しいテラスエリアが設けられているので、開放的な空間で食事が楽しめますよ。

「グランダイニング」には、貸切パーティーやさまざまなイベントに使える、キッチンを備えたコミュニティスペース「ファームスタジオ」(事前申込制)もあり、同フロア屋外スペースにある「アグリパーク」での収穫物を調理することもできますよ。

ベビー&キッズ向けのファッションやサービスも!

出店店舗には、ベビー&キッズ向けが豊富な「ユニクロ」や「GU」をはじめ、「ZARA」「グラニフ」「petit main」「マーキーズ」などのファッションブランドがそろいます。

ベビー&キッズ用品が一通りそろう「アカチャンホンポ」や、海外で人気のベビー用品ブランドやオリジナル商品を展開する「KATOJI」、知育玩具などを扱うセレクトショップ「DADWAY」も出店するので、ファミリーで楽しくショッピングができそうですね。

福岡発の物販店舗としては、商業施設で初出店となる「うなぎの寝床」や、博多織のグッズを扱う「サヌイ織物 HAKATAORI SANUI」が出店。このほか、ダンスや英語といった子供向け教室、内科や小児科、歯科、眼科といったクリニックなど、普段の生活に役立つサービスも充実しています。

アクセスはJR鹿児島本線「竹下駅」から徒歩9分!

「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」は、JR鹿児島本線「竹下駅」から徒歩約9分と、電車でのアクセスも良好。施設内にはバスターミナルが設置され、西鉄天神大牟田線「大橋駅」をはじめとする各方面からのバス路線も新設されます。もちろん、駐車場完備なので、自家用車でのおでかけもスムーズです。

体験型エンターテインメント施設をはじめ、広場やフードコートなど、ファミリー向けのコンテンツが満載の「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」。施設内には、授乳室やオムツ交換室、キッズトイレなどが完備されているので、小さな子供連れでも安心です。グランドオープンが今から待ち遠しいですね!

※画像はすべてイメージです

■「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」概要
オープン日:2022年4月25日(月)〜
場所:福岡県福岡市博多区那珂6-23-1
営業時間:
【物販・サービス】10:00〜21:00
【レストラン・フードコート】11:00〜22:00
※最終営業時間は店舗によって異なります
※一部店舗は営業時間が異なります

新型コロナウイルス感染拡大防止について
ゴールデンウィーク(GW)特集2022
楽しみ方いっぱい!公園特集
親子でみたい!子供映画特集2022
この記事をクリップする
32
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!