22

福岡に「泊まれる公園」誕生 光るテント&超大型アスレチックも

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

福岡県福岡市にある自然豊かな国営公園「海の中道海浜公園」に、宿泊機能を備えた「滞在型レクリエーション拠点」が、2022年3月にグランドオープンします。

光る球体テントやグランピング施設、巨大立体アスレチックなどが新設され、滞在して楽しめる公園に進化します。

博多に日本最大級「おもちゃ美術館」誕生博多に人気職業体験施設「キッザニア」2022年夏開業

公園内に宿泊施設や温浴施設がオープン!

東西に約6km、面積約300ヘクタールという広大な敷地に、動物園やレジャープール、遊具などを有する「海の中道海浜公園」。2022年3月に公園内にオープンする「滞在型レクリエーション拠点」は、宿泊施設やレストラン、屋外BBQスペース、アスレチックなどを整備し、「憩う」「学ぶ」「遊ぶ」を体験できるエリアとなっています。

本公園を最大限に楽しむための拠点となる宿泊施設には、非日常感たっぷりな「球体テント」(1基あたり4名を想定)を設置。最大直径約6mの球体テント13棟は夜になると発光して、光がカモ池のまわりに浮かび上がり、幻想的な風景を作り出します。

ほかにも、屋外テラスがある「ヴィラ棟」、グランピングができる「アウトドアリビング」、海と夜景を堪能できる「シーサイドキャビン」と、さまざまなタイプの宿泊施設が用意されます。

エリア内には、博多湾を見渡せる浴場施設もオープンする予定です。

巨大なアスレチックタワーやアウトドアイベントも!

公園内には、子供から大人まで楽しめる大型のアスレチックタワーを新設。九州最大級の規模となる高さ約17mの3層式のドイツ製アスレチックで、博多湾を一望しながら思いっきり遊ぶことができます。

穏やかな博多湾の海上を生かしたカヤックやSUP、馬に乗りながら美しい景色を堪能できるホーストレッキング、収穫体験、フィッシングといったアウトドアイベントも開催予定で、さまざまなアクティビティが楽しめます。

天候を気にせず遊べる子供向けの屋内遊び場や休憩施設の整備も予定されています。

公園そのものが観光の目的地となる取り組み「パーク・ツーリズム」をテーマに、現在、整備を進めている「海の中道海浜公園」。公園という日常の空間にいながら、長期滞在できるとあって、子供たちのテンションも上がりそうですね! 3月のオープンを楽しみに待ちましょう。

■「海の中道海浜公園」滞在型レクリエーション拠点
オープン日:2022年3月予定
場所:福岡県福岡市東区西戸崎18-25 海の中道海浜公園内
施設計画:
・宿泊施設
(球体テント13棟/アウトドアリビング12棟/シーサイドキャビン3棟/ヴィラ1棟(2室))
・レストラン
・駐車場
・ドッグラン
・アスレチックタワー
・厩舎(ホーストレッキング)
<特定公園施設>
・屋内子供の遊び場
・屋内休憩所
・サニタリー棟

公式サイト
冬のお出かけ特集2022
親子におすすめ♪いちご狩り特集2022
イルミネーション特集2022
この記事をクリップする
22
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!