3

品川区の公園にユニバーサルデザインの遊具登場 子供の意見反映

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京都品川区にある「大井坂下公園」が、2022年3月下旬に、障がいの有無に関わらず、あらゆる子供たちが一緒に遊べる公園としてリニューアルオープンします。区内の小学生を対象に行われた「公園づくりワークショップ」にて、子供たちから集められたアイデアをもとにしたユニバーサルデザインの遊具が新たに設置されます。

品川区の子連れ向けおすすめスポット26選 水族館&屋内遊び場も

小学生を対象に「公園づくりワークショップ」を開催

品川区では、2019年度から2020年度にかけて、区内の小学3年生〜4年生を対象に、「公園づくりワークショップ」を開催。障がいの有無に関わらず誰もが一緒に楽しめるユニバーサルデザインの公園(遊具)を整備するためのアイデアを募集してきました。

ワークショップでは、意見交換や特別支援学校の先生のお話を聞いたり、ほかの公園を視察して車椅子やアイマスクなどを使った疑似体験を行い、子供たちから公園づくりのアイデアが80個以上も集まりました。

そのうち31個のアイデアが「大井坂下公園」に取り入れられ、本ワークショップのアイデアを取り入れた第一号公園として再整備されました。

取り入れたアイデアの一例

  • 並んでいるときも楽しめる複合遊具
  • 足のマークで並び順を表示した皿型や背もたれ付きのブランコ
  • 各出入口に色を付ける
  • 車いすやベビーカーと一緒に楽しめる高さの異なる砂場
  • 一人で落ち着けるスペース

3月13日(日)には、ワークショップの集大成となる「工事体験会と完成お披露目会」を実施。参加者が事前に描いた絵を印刷したモニュメントのお披露目や測量・モルタル塗りなどの工事体験を行い、新しい遊具も体験しました。

子供たちのアイデアで生まれ変わった「大井坂下公園」

生まれ変わった「大井坂下公園」のリニューアルオープンは3月下旬を予定しています。多様性を認め合いながら共に暮らす社会を目指して、子供たちが考えたアイデアに、ぜひ注目してみてくださいね。

品川区では、今後も公園の改修工事や新設工事にあわせ、今回の子供たちのアイデアを積極的に取り入れた整備を行なっていく予定です。

■「大井坂下公園」概要
住所:東京都品川区南大井6-23-11
アクセス:京浜東北線「大森駅」より徒歩5分
リニューアルオープン:2022年3月下旬
取り入れたアイデアの一例:
・並んでいるときも楽しめる複合遊具
・足のマークで並び順を表示した皿型や背もたれ付きのブランコ
・各出入口に色を付ける
・車いすやベビーカーと一緒に楽しめる高さの異なる砂場
・一人で落ち着けるスペース

スポット登録
春休みおでかけ&イベント特集2022
楽しみ方いっぱい!公園特集
GW(ゴールデンウィーク)2022
この記事をクリップする
3
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!