2

浪江町の道の駅に全国初「ポケモン公園」誕生 ポケモン遊具多数

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

福島県浪江町にある「道の駅なみえ」に、全国初となるポケモンの公園「ラッキー公園 in なみえまち」が、2021年12月12日(日)にオープンしました! ポケモンの遊具で遊べるほか、位置情報アプリゲーム「Pokemon GO」との連携イベントも開催中です。

猪苗代町の4つのスキー場が滑り放題 お得な共通シーズン券発売

ピンク色のポケモンたちと遊べる公園!

地域とポケモンの両方の魅力を発信していくことを目的として、2019年に福島県と連携協定を結んでいるポケモン。その活動の一環として、福島県の郡山市、浪江町、柳津町、昭和村の4市町村に、「ふくしま応援ポケモン」の「ラッキー」がデザインされた遊具が寄贈されました。

ふくしま応援ポケモン「ラッキー」

ラッキーは幸せ(福)を運ぶといわれているポケモンで、福島県の福を連想させます。また、お腹のタマゴは、美味しくて栄養がたっぷり。同じく、美味しくて栄養がたっぷりな農産物を通じて県内外へ幸せを運ぶ福島県にぴったりということで、応援ポケモンに選ばれました。

寄贈先の4市町村のうち、最初にオープンした「ラッキー公園 in なみえまち」には、高さが6m以上ある「ラッキー」の複合遊具をはじめ、「ピィ」と「ププリン」のスイング遊具、「ピンプク」の砂場、「ベロリンガ」のすべり台など、ピンク色のポケモンたちをモチーフにした遊具がいっぱい! 休憩ができるベンチには「ピカチュウ」があしらわれ、まさにポケモンづくしの公園となっています。

今後も、2022年の春以降に、寄贈先の市町村で順次「ラッキー公園」がオープンする予定です。

公園で「ラッキー」をゲットしよう!

公園のオープンを記念して、「Pokemon GO」と連携した取り組みもスタート! 2022年1月12日(水)までの期間に同園を訪れると、野生の「ラッキー」に少し出会いやすくなります。生息数が少ないため見つけた人はラッキー! 幸せが訪れるかもしれませんよ。

また、同園にある一部の遊具がポケストップとしてゲーム内に登場。ポケストップでは、同園の様子がわかるギフトを入手できるので、フレンドにお土産としてプレゼントすることもできます。

※「Pokemon GO」でのイベント開催状況によっては、ラッキーと出会いづらい場合もあります
※「Pokemon GO」を公園内で起動しプレイする際は、周囲の安全に十分注意してください
※今後の状況次第では、予定期間よりも前に終了する可能性があります

「道の駅なみえ」にポケモングッズコーナーがオープン!

公園がある「道の駅なみえ」には、ポケモンセンターオリジナルグッズなどの販売コーナーがオープン。「ラッキー」を中心に、さまざまなポケモンがかわいらしい手の平サイズのぬいぐるみになった「Pokemon fit」など、ポケモングッズがズラリと並びます。

ポケモン好きにはたまらないスポットに進化した「道の駅なみえ」。「ラッキー公園」だけでなく、施設内にはボールプールやすべり台などで遊べる屋内キッズスペースもあるので、1日中満喫できますよ。もちろん、美味しいお食事も♪ ぜひ家族で足を運んでみてくださいね。

(C)2021 Niantic, Inc. (C)2021 Pokemon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

■「ラッキー公園 in なみえまち」概要
オープン日:2021年12月12日(日)
場所:福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字知命寺60「道の駅なみえ」
料金:無料

公式ページ
イルミネーション特集2021-2022
年末年始・お正月特集2022
冬のお出かけ特集2021
この記事をクリップする
2
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!