1

横浜アソビルでEテレの人気番組の展覧会開催 遊べる展示多数!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

神奈川県横浜市にある「横浜駅」直通の複合型体験エンターテインメントビル「横浜アソビル」で、2021年8月27日(金)〜11月29日(月)の期間、「びじゅチューン!EXPO〜ときめき立体ミュージアム」が開催されています。NHK Eテレの人気番組「びじゅチューン!」の作品世界を、大型立体模型などで体験できるイベントです。

首都圏の「水族館4施設が550円で見られる」注目企画!【東京近郊】9月の親子向けおでかけ先まとめ♪

人気番組「びじゅチューン!」の作品世界が体験できる!

「びじゅチューン!」は、世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHK Eテレの人気番組。シュールかつチャーミングなキャラクターたちと、耳に残って離れない楽曲の数々が、子供から大人まで幅広い世代で人気を博しています。

2013年の放送開始から、これまでに紹介された作品は100以上。すべての作詞・作曲・歌・アニメーション制作を、アーティストの井上涼さんが手がけています。

史上最大規模の展示が登場!

同イベントは、2021年4月に大阪、6月に名古屋で開催。今回の横浜展では史上最大規模の展示が登場し、大型立体模型や豊富な映像・音響設備を駆使して、井上涼さんの作品世界が体験できます。

個性的なキャラで飾られたブースがひしめきあう会場は、万博さながらのお祭り空間! 左右に作品が並ぶメインストリートの突き当りにはディスコもありますよ。

作品の一部を紹介!

「風神雷神図屏風デート」は、まるで金屏風に入りこんだような一面キンキラの空間! 正面の金屏風には「びじゅチューン!」に登場する屏風がモデルになった作品が隠れています。

「ヘルスチェックインザヘル」では、函量(かんりょう)地獄で体重測定、鉄磑(てつがい)地獄で骨密度のチェック、叫喚(きょうかん)地獄で炎のレントゲンと、鬼ばばに見張られながら地獄の健康診断が体験できます!

楽しんで遊べるだけではなく、題材となった美術作品への興味をさらにかきたてる工夫が随所に潜んでいるので、大人も一緒になって楽しめますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

■「びじゅチューン!EXPO〜ときめき立体ミュージアム」概要
会期:2021年8月27日(金)〜11月29日(月)
※休館日:9月14日(火)、28日(火)、10月12日(火)、26日(火)、11月9日(火)
開館時間:10:00〜20:00
※最終日のみ18:00閉館
※入館は原則閉館30分前まで。ただし、会場の混雑状況により変動あり
チケット情報:
【前売(平日)】一般1,100円、学生700円、小中学生400円
【前売(土日祝)】一般1,300円、学生900円、小中学生600円
【当日(平日)】一般1,400円、学生900円、小中学生700円
【当日(土日祝)】一般1,600円、学生1,100円、小中学生900円
※未就学児は無料
※障がい者手帳をお持ちの方は、ご本人と付き添い1名まで当日料金の半額で観覧できます
会場:横浜アソビル(神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル)

公式サイト新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
もっと詳しい情報を見る
横浜駅直結「アソビル」オープン! 遊び&フロア&見どころ網羅
「2021雨の日特集」をチェック!
「2021キャンプ特集」をチェック!
この記事をクリップする
1
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!