7

「すみだ水族館」最新クラゲエリア徹底レポ 日本最大級の水槽も

東京・墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチ内にある「すみだ水族館」が、2020年7月16日(木)にリニューアルオープン! 2つの新エリアが登場しました。

そこで今回は、オープン前日に行われた内覧会を徹底取材してわかった、新エリアの魅力を詳しくお届けします!
(取材日:2020年7月15日)

※新型コロナウイルスの影響により、急遽中止もしくは延期となる可能性があります。また内容が予告なく変更になる場合があります

2020年新オープン&リニューアルの「水族館・動物園」まとめはこちら池袋「サンシャイン水族館」に新クラゲエリア登場!

新体感水槽「ビッグシャーレ」

新体感水槽「ビッグシャーレ」は、新しい「クラゲエリア」に設置された日本最大級となる長径7mの水盤型クラゲ水槽です。

「シャーレ」とは、微生物の培養実験などでよく使われるガラス製の平皿のこと。その名のとおり、水槽が浅く、上部が開放されているので、水槽いっぱいに広がって漂う約500匹のミズクラゲたちを上から眺めることができます。

照明がさまざまな色に変化して、クラゲを美しく照らし出します。

透明なクラゲと水面のゆらぎがキラキラと光って、とにかくきれい! ずっと見ていても飽きません。


水槽を囲む通路はスロープになっていて、頂上のデッキ部分は床がガラス張り! 自分が無数のクラゲが漂う海面に立っているような幻想的な体験ができますよ。

別の角度から。まるで宇宙空間を見下ろしているよう。

ガラス床の真上から。ライトアップの色によっても印象が大きく変わります。

案内してくれたスタッフは、真横から見るのもおすすめとのこと。横から見ると水槽の奥まで見通せるので、500匹のクラゲが一気に見られて圧巻です!

ほかにも、3つの水槽が並んだドラム型水槽が新登場。3つの水槽を真横に並べることで、展示する3種類のクラゲの色や模様、泳ぎ方の違いなどを見比べて楽しめます。

クラゲは毒を持っているため、1つの水槽で異なるクラゲを飼育するのは難しいのだとか。このドラム型水槽は写真のように3つ並んだ水槽を横から見られるので、まるで1つの水槽で飼育されているような感覚で楽しめますよ。

水槽が曲面なので、クラゲの位置や見る角度によって見え方が変化するのもドラム型水槽ならでは。子供にも人気が出そうな水槽です。

なお、今回のリニューアルで、館内で展示されるクラゲは約14種700匹に。すべて「すみだ水族館」で繁殖させたものです。


飼育の様子が見られる「アクアベース」

「アクアベース」は、これまでバックヤードで行われ、見ることができなかった生き物の飼育や繁殖作業の様子が見られるエリアです。「ラボ」と「キッチン」の2つのコーナーがあります。

貴重な作業風景が見られたり、飼育スタッフとコミュニケーションがとれたりと、親子で楽しめる学びのエリアになっています。

クラゲの成長する様子が見られる「ラボ」

「ラボ」では、今回のリニューアルで初めて展示されるビゼンクラゲやキャノンボールジェリー、ブラックシーネットルなど、多くの種類のクラゲが飼育されていて、繁殖の様子が見られます。

バーのカウンターのような展示エリアにいるスタッフがクラゲの飼育・繁殖作業をしていて、質問などにも気さくに答えてくれます。気になることがあったらドンドン話しかけてみましょう!

クラゲを生後の日数で分けて展示し、成長によって形状がどう変化していくのか見比べることができます。

クラゲの種類による成長の違いも見比べられます。

展示予定種一覧

  • アカクラゲ
  • パシフィックシーネットル
  • オワンクラゲ
  • ギヤマンクラゲ
  • アマクサクラゲ
  • エボシクラゲ
  • タコクラゲ
  • カラージェリーフィッシュ
  • ビゼンクラゲ
  • キャノンボールジェリー
  • サルシアクラゲ
  • ブラックシーネットル
  • イオリクラゲ
  • ミズクラゲ

※展示種は変更になる可能性があります。


ペンギンや魚たちの台所「キッチン」

「キッチン」では、ペンギンやオットセイ、大水槽の魚たちなどが食べる食事を準備する作業が見られます。

多くの水族館ではバックヤードで行われるため、なかなか見ることができない作業ですが、ここでは気軽に見学できるので、子供の社会勉強にもなりますね。

ここにも近くにスタッフがいて、作業について質問したりコミュニケーションがとれます。

「キッチン」で用意された食事は、スタッフが来場者がいる館内を通ってペンギンのいるところまで運ぶので、準備から実際のエサやりまでのすべてを見られるようになっています。

数量限定の「クラゲメニュー」が新登場!

今回のリニューアルにあわせて、館内の「ペンギンカフェ」にクラゲをモチーフにした新メニューが登場! グッズも、クラゲをモチーフにしたアイテムがリニューアルされているので、おでかけした際は館内のショップをチェックしてくださいね。

■「ペンギンカフェ」新メニュー
・カラージェリーバーガーセット(ドリンク付き)680円
・勝手にクラゲシェイク(ミズクラゲ/アカクラゲの2種あり)650円
・ハピネスクラゲゼリー550円

チケットの事前購入か整理券が必要

入場者数を制限するため、7月16日(木)以降、入場には下記のチケットか整理券が必要です。

・webチケット(事前購入可能)
・web整理券(取得無料。各種割引や紙のチケットを利用する場合など)
・時間指定当日券(ファミリーマートの「famiポート」で販売)
※いずれも入場時間が指定されています

webチケットとweb整理券は「アソビュー」で入手できます。

これまでも、独自の展示手法で生き物の魅力を発信してきた「すみだ水族館」。今回登場した新エリアも必見の展示になっているので、ぜひ親子でおでかけしてくださいね!

■すみだ水族館
料金/大人2,300円、高校生1,700円、小中学生1,100円、幼児(3歳以上)700円
※2020年7月16日に料金が改定されています
※中学・高校生はチケット売り場で生徒手帳の提示が必要

【特集】親子で楽しめるおすすめ水族館がいっぱい!
この記事をクリップする
7
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!