京都水族館が大リニューアル エリア新設&巨大水槽&クラゲ拡張

京都府京都市にある「京都水族館」が、2020年4月下旬にリニューアルオープン予定です! 開業以来初の大規模工事で誕生する新展示エリアには、海中にいるような感覚が楽しめる巨大ドーム型の水槽が登場し、たくさんのクラゲが鑑賞できます。

神戸の人気水族館が大幅リニューアル 公園エリア&ホテル開業も

西日本最多! 約20種5000匹のクラゲを展示

今回のリニューアルは、「近づくと、もっと好きになる。」をコンセプトに、現在の「くらげ」「さんご礁のいきもの」「えび・かに」エリアが全面改修されます。

約4倍に拡張されるクラゲ展示エリアには、360度ぐるりと水の空間に包まれる直径6.5mのドーム型水槽が誕生! 現在の8種約400匹から、西日本最多の約20種5,000匹が展示される予定です。アカクラゲやサカサクラゲなどのほか、同水族館初の種類も登場します。

クラゲの成長過程や繁殖について学べる!

さらに、これまでバックヤードで行っていたクラゲの繁殖や研究などの作業がオープンスペースで見学可能に! クラゲの成長過程をじっくりと観察したり、飼育スタッフの業務を間近で見たりできます。定期的なクラゲの採集調査や、クラゲの生態を伝える「移動水族館」を実施してきた同館ならではの充実した空間で、海の豊かさや自然に対する子供の興味をより一層育んでくれそうです。

来年春のリニューアルオープンが、今から待ち遠しいですね!

■京都水族館 大規模リニューアル
オープン:
2020年4月下旬(予定)
場所:京都水族館内
※現在の「くらげ」「さんご礁のいきもの」「えび・かに」エリア

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!