【都内】子供が絶対喜ぶ「大型屋内施設」11選 幼児&小学生も!

冬や真夏、雨の日はおでかけ先に悩みがちですが、いつでも元気な子供に季節や天候は関係ありません! そこで今回は、東京都内で子供が絶対喜ぶ「大型屋内スポット」をまとめて紹介します。

アスレチックやテーマパーク、博物館など、気候や雨を気にせずに1日遊べる施設ばかりです。

キッザニア東京【江東区】

アーバンドックららぽーと豊洲内にある「キッザニア東京」では、さまざまな職業・社会体験を通して、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができます。

体験できる職業は、パイロットや消防士、医師、新聞記者、ファッションモデル、お菓子工場のスタッフなど幅広く、対象年齢の3歳〜15歳の子供が夢中になること間違いなしです。約100種類の仕事やサービスを受ける体験ができるので、何度行っても楽しめますよ

体験後は給料として専用通貨「キッゾ」がもらえ、施設内で買い物をしたり預金をしたりと楽しくお金の仕組みが学べます。また、作ったものを持ち帰れるパビリオンも多いので、記念にもなり、家に帰ってからも長く楽しめます

■キッザニア東京
住所:東京都江東区豊洲2-4-9アーバンドックららぽーと豊洲 ノースポート 3F
料金:利用条件により異なるため公式サイトを確認
営業時間:第1部9:00〜15:00、第2部16:00〜21:00
定休日:不定休
利用条件:3歳〜15歳 ※小学生以下は、16歳以上の大人の同伴が必要

SPACE ATHLETIC TONDEMI HEIWAJIMA(スペースアスレチック トンデミ ヘイワジマ)【大田区】

ダイナミックなアクティビティを気軽に体験できる施設として人気の「トンデミ」。ボートレース平和島の横にある「SPACE ATHLETIC TONDEMI HEIWAJIMA」は、3階建てで全8エリアに分かれています。

全54面の「トランポリンエリア」をはじめ、難易度別に14種類・19コースがある「クライミングウォール」、ハーネスを付けて高所のロープを移動する「ロープウォークエリア」など、思い切り体を動かしたい小学生も大満足。

さらに、身長110cm未満の小さな子供が楽しめるキッズ版トンデミ「キッズエリア」も充実。幼児用に配慮されたトランポリンやアスレチック、ペダルカーなどがあり、きょうだい一緒に楽しめるのもうれしいポイントです。

■SPACE ATHLETIC TONDEMI HEIWAJIMA(スペースアスレチック トンデミ ヘイワジマ)
住所:東京都大田区平和島1-1-1
料金:キッズエリア(120分)/2歳以上850円、フリーパス(120分)/3,000円(初回登録に別途550円要)。ほか年齢と利用条件で各種設定あり
営業時間:10:00〜21:00
定休日:不定休
利用条件:キッズエリア/2歳以上、フリーパスエリア/身長110cm以上、体重20kg〜120kg、小学生以下は保護者の同伴が必要


東京あそびマーレ【八王子市】

八王子市にあるショッピングセンター「ビア長池」内にある「東京あそびマーレ」は、バラエティに富んだ遊具で1日中楽しめる屋内施設です。

すべり台やクライミング、トンネルなどの仕掛けにチャレンジできるエア遊具や、ボールプール、アスレチックなど体を動かして遊べる遊具がたくさん

さらに約120mのレールを走る「室内電車ミニレールウェイ」や「バンパーカー」、ボールを移動する「はたらくくるま」など、子供に人気の乗り物類も充実しています

もう1つの目玉は、日本唯一の「スノータウン」。快適な室温の中で、雪に触れたり、ソリ遊びを楽しんだり、1年を通して雪遊びが満喫できます。長靴やソリの無料貸し出しもあるので、気軽に遊べます。着替えがあると安心ですよ。

施設内には、授乳室や無料のロッカーも完備されているほか、フードコートもあるので休憩にも困りません。

■東京あそびマーレ
住所:東京都八王子市別所2-1 ビア長池新館
料金:平日券/1歳以下無料、2歳以上1,200円、休日券/1歳以下無料、2歳以上1,500円
営業時間:10:00〜19:00
定休日:無休
利用条件:0歳〜小学生まで(保護者の同伴が必要)

レゴランド・ディスカバリー・センター東京【港区】

お台場のデックス東京ビーチ内にある「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」。300万個以上のレゴ・ブロックで飾られた室内には、幅広い年齢の子供が楽しめるアトラクションがいっぱい

お馴染みのレゴ遊びを満喫できる「デュプロ ビレッジ」や「シティ・ビルダー」、好きな車を組み立て改造しながらベストタイムを目指す「レゴレーサー:ビルド&テストゾーン」など、子供の創造力を存分に発揮できるアトラクションが充実。

さらに、知恵と体を使ってカラクリに挑む「レゴニンジャゴー シティ アドベンチャー」や、ペダルを漕いで魔法の世界を飛び回る「マーリン・アプレンティス」、乗り物に乗ってガイコツ戦士と戦う「キングダム・クエスト」、臨場感あふれる「4Dシネマ」などがあり、幼児から小学生まで1日楽しくレゴの世界に浸れますよ

■レゴランド・ディスカバリー・センター東京
住所:東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール3F
料金:3歳以上2500円(オンライン前売りチケットは3歳以上平日1,950円、土日祝2,200円、16:00以降1,800円。平日限定・数量限定の親子ペアチケットは大人と小学生以下1人ずつで3,300円)
※Webで購入できる前売りチケットや親子ペアチケットは優先的に入場可能
営業時間:平日10:00〜20:00(最終入場18:00まで)、土日・祝10:00〜21:00(最終入場19:00まで)
定休日:不定休(デックス東京ビーチの休業日に準ずる)
利用条件:アトラクションにより異なる

東京ドームシティ ASOBono!(アソボーノ)【文京区】

東京ドームシティにある「ASOBono!」は、小さな子供から小学生まで楽しめる遊具やおもちゃがいっぱい詰まった「遊びの共和国」です

クライミングやトランポリン、回転遊具など体を動かして遊べる「海のエリア」や、ブロックからボードゲームまで豊富なおもちゃがそろう「森のエリア」、ごっこ遊びを満喫できる「街のエリア」、トミカやプラレールで遊べる「駅のエリア」があり、1日中たっぷり楽しめます。

ベビー専用エリア「ハイハイガーデン」は、0〜24カ月の赤ちゃんが対象で、小さなボールプールやソフトブロックのほか、五感を刺激するおもちゃも満載。ベビールームもあり安心です。

■東京ドームシティ ASOBono!(アソボーノ)
住所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ内アトラクションズエリア
料金: 6カ月〜小学生60分950円、延長30分毎450円、1日1,750円、中学生以上950円(入館料)
営業時間:平日10:00〜18:00、土・日曜、祝日9:30〜19:00(最終受付は各70分前まで)
定休日:無休
利用条件:なし


東京都水の科学館【江東区】

お台場エリアにある「東京都水の科学館」は、さまざまな体験を通して水の不思議と大切さを学べる体験型ミュージアム。入場無料でお得に楽しめます

入口に入ると自由に水で遊べる「アクア・パーク みんなでハイ、チーズ!」があり、高さ10mの滝が迎えてくれます。水遊びおもちゃやなどもあり、子供に人気です。

そのほか、臨場感満点の映像で、水の粒になって蛇口に届くまでを疑似体験できる「アクア・トリップ 水のたびシアター」や、クイズや探検を楽しみながら自然の大切さを学ぶ「アクア・フォレスト 森を探検!水のふるさと」、体験や実験を通じて水の性質に親しむ「アクア・ラボラトリー ふしぎ体験!水の実験室」など、子供の知的好奇心を刺激します。

■東京都水の科学館
住所:東京都江東区有明3-1-8
料金:無料
営業時間:9:30〜17:00(最終入館は16:30まで)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)、その他臨時休館あり
利用条件:なし

日本科学未来館【江東区】

同じくお台場エリアにある「日本科学未来館」は、先端の科学技術を通して、未来を感じるサイエンスミュージアム。未就学児は無料で入館でき、地球や宇宙、生命、ロボットなどのテーマを、さまざまな体験型の展示を通じて楽しく親しめます。

親子に人気なのは無料のキッズゾーン「“おや?”っこひろば」。体を使って遊びながら科学的な「モノの見方」を体験することができます。

常設展は「世界をさぐる」「未来をつくる」「地球とつながる」の3エリアで構成されています。ゲームや実演、デジタル映像など体験型展示が豊富で、子供も楽しみながら科学に興味が持つことができますよ。

迫力ある3D映像を楽しめるドームシアターや、さまざまな企画展もあり、何度行っても新しい発見があります。

■日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-3-6
料金:常設展/未就学児無料、18歳以下210円、大人630円、ドームシアター/18歳以下100円、大人310円
開館時間:10:00〜17:00(入館券の販売は16:30まで)
休館日:火曜日(祝日の場合を除く、学校の長期休暇中は開館の場合あり)、年末年始(12月28日〜1月1日)、その他臨時休館あり
利用条件:なし

京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)【日野市】

京王線・多摩動物公園駅からすぐの場所にある「京王あそびの森 HUGHUG」は、木の温もりに包まれながら、体をいっぱいに動かして遊べる国内最大級の屋内遊び場です

乳児専用エリア「はいはいパーク」は、ボールプールやすべり台、おもちゃがすべて木で作られています。幼児には「きりかぶハウス」がおすすめ。ごっこ遊びや積み木、すべり台などスギやヒノキで作られた遊び場でたっぷり楽しめます。

アクティブに遊ぶなら「ハグハグのき」が人気。高さ約12m・直径約15mの日本最大級のネット遊具は4階層に分かれていて、雪のチューブやバランスボールなどを使って空中遊びが楽しめます

「もりのあそびば」にも、大型の複合遊具やボルダリングウォールがあるほか、ターザンロープや平均台で遊べる屋外スペース「ぼうけんのもり」もあり、体を思い切り動かせますよ。

■京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
住所:東京都日野市程久保3-36-60
料金:6カ月〜小学生 最初の30分600円(その後15分毎200円)、中学生以上700円(延長料なし) ※フリーパスあり。利用条件で料金が異なるので公式サイトを確認
営業時間:9:30〜17:30(最終入館は17:00まで)
定休日:水曜(祝日の場合は翌日、学校の長期休暇中は開館の場合あり)、年末年始、その他臨時休館日あり
利用条件:なし


ギャラクシティ【足立区】

足立区にある「ギャラクシティ」は、遊びや体験を通して子供の夢や好奇心を育む体験型複合施設。誰でも入場無料で利用できます

人気は屋内施設とは思えないほど充実した運動施設。クライミングウォールは、高さ3mの「クライミングぱーく」と高さ7.5mの「がんばるウォール」(土・日曜、祝日限定)があり、子供から大人まで楽しめます。運動靴の準備と整理券が必要なのでお忘れなく。

また、3階建ての超大型ネット遊具「スペースあすれちっく」もあり、体をたっぷり動かして遊べますよ。

運動施設のほかにも、デジタル映像を使って遊べる「デジタルきゃんぱす」や、星空や映像が楽しめる「まるちたいけんドーム」(有料)、床一面のキャンパスにお絵描きできる「ホワイトあとりえ」など、バラエティに富んだ遊びがそろいます。

赤ちゃんも遊べる未就学児専用の「ちびっこガーデン」もあるので、年齢の離れたきょうだいがいても楽しめます。

■ギャラクシティ
住所:東京都足立区栗原1-3-1
料金:入場料/無料、まるちたいけんドーム/小中高生100円、大人500円
開館時間:9:00〜21:30(こども体験エリアは18:00まで)
休館日:第2月曜(祝日の場合は翌日、8月は休館日なし)、元日、1・3・9月に連続休館日あり
利用条件:クライミングぱーく/4歳〜小学生、がんばるウォール/小学生以上
※アトラクションにより特定の年齢に向けた専用タイムあり

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless【江東区】

お台場パレットタウン内にある「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)。1万平方メートルの大空間に、デジタルアートの光に満ちた5つの世界が作り出され、非日常体験を満喫できます

体を動かしてデジタル映像とインタラクティブに遊べる「運動の森」エリアには、ブロックを並び替えて街を作る「裏返った世界の、巨大!つながるブロックのまち」や、アスレチック感覚が楽しめる「色取る鳥の群れの空中吊り棒渡り」など、人気アトラクションが豊富です。

さらに、「学ぶ!未来の遊園地」エリアでは、自分で描いた魚が泳ぐ水族館やデジタル映像を楽しむすべり台など、小さな子供でも不思議な世界を満喫できますよ

■MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン2F
料金:3歳以下無料、4歳〜中学生1,000円、高校生以上3,200円
営業時間:平日10:00〜19:00、土・日曜、祝10:00〜21:00、12月21日〜1月5日10:00〜21:00(最終入館は各1時間前まで)
定休日:第2・4火曜日
利用条件:なし

東京おもちゃ美術館【新宿区】

戦前に建てられた小学校の校舎に作られた「東京おもちゃ美術館」。国産の木製玩具からデザイン性の高い海外の玩具まで約5,000点のおもちゃがあり、0歳から100歳まで楽しめす

世界中のゲームがそろう「ゲームのへや」や、グッド・トイに選出されたおもちゃを集めた「グッド・トイてんじしつ」、伝統おもちゃなどが並ぶ「おもちゃのまち」など特徴別で展示され、実際に触って遊ぶこともできます

「おもちゃのもり」では、木のおもちゃでたっぷり遊べます。中央には鳥かごの形をしたセンターハウスがあり、登って遊べるほか、「どーるはうす」や「もりのどうぶつみき」、木のボールプール「木の砂場」など魅力的な遊びもいっぱい。

さらに、0〜2歳専用の「赤ちゃん木育ひろば」には、木の形や肌触り、色、模様などを体感できるおもちゃや仕掛けがそろっていて、赤ちゃんが安心して体を動かせる空間になっています

■東京おもちゃ美術館
住所:東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
料金:6カ月以上小学生まで700円、中学生以上1,000円、おとなこどもペア券1,600円
営業時間:10:00〜16:00(最終入館は15:30まで)
定休日:木曜(祝日の場合は開館、後日振替休館あり)、年末年始、その他特別休館・メンテナンス休館あり
利用条件:なし

1日たっぷり遊べる施設や、きょうだいで楽しめるスポットがたくさんありましたね。休館日や営業時間をご確認の上、たくさんおでかけくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!