15

【2022】大阪近郊の「電車で行ける」いちご狩りスポット7選 駅近厳選!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

そのまま食べられるいちご狩りは小さな子供でも楽しめるため、ファミリーに人気のレジャー。冬から春にかけて様々ないちご農園でいちご狩りが楽しめます。電車で行きやすいスポットであれば、子供連れには便利ですよね。

そこで今回は、大阪近郊の駅近いちご狩りスポットを一挙に紹介! 大阪市内から日帰り可能な施設を厳選しました。

※2022年の最新情報に更新しています
※施設によって料金や品種、定休日などが予告なく変更になる場合があります

いちご狩りのおすすめスポットはこちら!果物狩り&味覚狩り特集はこちら!

GrandBerry(グランドベリー)【大阪府八尾市】

近鉄大阪線「恩智駅」と「高安駅」から徒歩約10分の住宅地にあるいちご農園。街のスーパーではあまりお目にかかれない「章姫(あきひめ)」が、30分食べ放題で味わえます。甘みが強く酸味が少ない品種なので、練乳なしでもおいしく味わえると評判です。

ハウスは、コンピューターで温度管理された高設栽培。通路も広く、幅75cm以下のベビーカーであれば、押しながらいちご狩りが楽しめます。入口でスリッパに履き替えるので、靴が汚れる心配もありません。

2022年シーズンは12月中旬から5月下旬まで営業。お土産用に朝採りいちごの直売も行っています。

GrandBerry(グランドベリー) 2022年いちご狩り情報

住所:大阪府八尾市恩智北町1-254
開催期間:2021年12月中旬〜2022年5月下旬
営業時間:10:00〜14:00
定休日:月火曜(祝日の場合翌火水曜)
制限時間:30分
栽培品種:章姫
料金:小学生以上2,200円、未就学児(4歳以上)1,700円、1歳〜3歳600円
※乳児無料

みどり農園【京都府綴喜郡井手町】

ハイキングやBBQ、果物・野菜の収穫体験といった里山遊びが楽しめる「みどり農園」。JR奈良線「山城多賀駅」から徒歩約15分の場所にあります。

いちご狩りは例年3月中旬〜5月中旬で、野外BBQ&竹の子ごはんがセットになったコースで楽しめます。

また、川での金魚の掴み取りや、餅つきなどのイベントを土日祝日に開催。都会から日帰りで「田舎の一日」が堪能できるので、親子におすすめです。

みどり農園 2022年いちご狩り情報

住所:京都府綴喜郡井手町多賀小払1
開催期間:2022年3月上旬〜5月下旬
営業時間:【平日】10:00〜16:00 【休日】10:00〜17:00
定休日:不定休
制限時間:なし(いちご1パック分摘み取り)
料金:大人3,950円、子供3,400円
※いちご狩り&野外バーベキュー&竹の子ごはんのセット価格

華やぎ観光農園【京都府相楽郡精華町】

京都府の「華やぎ観光農園」は、JR片町線(学研都市線)「祝園駅」と近鉄京都線「新祝園駅」から徒歩約15分。冬〜春はいちご狩り、夏はスイカの直売、秋は枝豆狩りと、1年通して農業にふれられる体験施設です。

いちご狩りは「あきひめ」と「紅ほっぺ」が40分食べ放題。時間が長めなので子供連れでもゆっくり楽しめます。

2022年は1月15日〜5月下旬まで営業。1日5部制で、月金はお休みです。

華やぎ観光農園 2022年いちご狩り情報

住所:京都府相楽郡精華町下狛鐘付田31
開催期間:2022年1月15日(土)〜5月下旬
営業時間:10:00〜15:30(5部制)
定休日:月金曜
制限時間:40分
栽培品種:章姫、紅ほっぺ
料金:中学生以上1,800円、小学生1,600円、未就学児(3歳以上)1,300円


鹿深いちご園【滋賀県甲賀市】

35,000株のいちごを育てる大規模農園「鹿深いちご園」は、近江鉄道「水口城南駅」から徒歩約10分。子供も大人も楽に摘み取れる高設栽培と、ベビーカーや車椅子でも楽しめるバリアフリーの施設を備え、幅広い年代に愛されています。

また、45分と長めの食べ放題で、練乳とチョコレートソースが無料なのもうれしいポイント。

2022年は1月4日(火)から5月下旬まで営業しています。

いちご狩りの品種は「あきひめ」のみですが、併設の直売所では「紅ほっぺ」と「よつぼし」を加えた3品種を販売。収穫した農産物や加工品、果物や野菜の自家製ジェラートも人気です。

鹿深いちご園 2022年いちご狩り情報

住所:滋賀県甲賀市水口町水口5940-4
開催期間:2022年1月4日(火)〜5月下旬まで
営業時間:9:00〜17:00
定休日:期間中無休
制限時間:45分
栽培品種:章姫
料金:
【1月4日〜2月28日】中学生以上2,200円、65歳以上・小学生1,900円、幼児(3歳以上)1,100円
【3月1日〜4月10日】中学生以上2,100円、65歳以上・小学生1,800円、幼児(3歳以上)1,000円
【4月11日〜5月10日】中学生以上1,900円、65歳以上・小学生1,600円、幼児(3歳以上)900円
【5月11日〜5月下旬】中学生以上1,600円、65歳以上・小学生1,300円、幼児(3歳以上)700円
※3歳未満無料

近江舞子いちご園【滋賀県大津市】

琵琶湖畔にあるJR湖西線「近江舞子駅」から徒歩約8分の「近江舞子いちご園」では、希少な露地栽培のいちご狩りが楽しめます。青空の下に広がる開放的な畑の中で食べるいちごは格別! 60分食べ放題なので、ゆっくり堪能できますよ。

農薬をほとんど使わずに栽培された完熟いちごは、甘く濃厚な味わいです。営業は5月の約1カ月間限定。当日先着順なので、予約なしで行けるのもポイントです。

売店では、摘みたてのいちごを使ったジャムやクッキー、いちご大福(週末限定)が販売されています。

近江舞子いちご園 2022年いちご狩り情報

住所:滋賀県大津市南小松
開催期間:5月初旬〜5月末
営業時間:9:00〜15:00
定休日:雨天時は休園
制限時間:60分
栽培品種:宝交早生
料金:中学生以上1,500円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)800円

まさみ農園【滋賀県米原市】

東海道新幹線や北陸本線、近江鉄道が乗り入れる「米原駅」から徒歩約15分のいちご園です。大きめのハウスは通路の幅が広く、ベビーカーでも気兼ねなく楽しめます。

いちごは「あきひめ」と「紅ほっぺ」の2種類で、減農薬・減化学肥料で栽培。45分の食べ放題制です。ハウス内にベンチが完備されているので、のんびり座って堪能できるのも魅力です。

2022年は1月下旬〜5月の営業。毎年混雑するので、予約をしてからでかけるのがおすすめです。

特に、火金曜は食べごろのいちごに出会える穴場の日になっています。

まさみ農園 2022年いちご狩り情報

住所:滋賀県米原市中多良800
開催期間:2022年1月下旬〜5月予定
営業時間:10:00〜17:00
定休日:月曜(コロナ対策で平日は他にも可能性あり)
制限時間:45分
栽培品種:章姫、紅ほっぺ
料金:
【シーズン開始〜4月9日】14歳以上2,200円、7歳〜13歳1,800円、2歳〜6歳1,400円
【4月10日〜シーズン終了】14歳以上1,800円、7歳〜13歳1,400円、2歳〜6歳1,000円
※2歳未満無料

新さんだ農園 いな岡【兵庫県三田市】

自然豊かな兵庫県三田市にある「新さんだ農園 いな岡」は、JR宝塚線「新三田駅」から徒歩約5分の駅近スポット。「大阪駅」から電車で60分ほどです。

清潔な環境作りを徹底した最新のハウスで高設栽培しています。品種は「紅ほっぺ」「あきひめ」と、心地よい香りと穏やかな酸味が特徴の「かおり野」の3種類。30分食べ放題で楽しめます。

2021-2022年シーズンは12月2日から営業。公式サイトでのオンライン予約がおすすめです。

新さんだ農園いな岡 2022年いちご狩り情報

住所:兵庫県三田市福島365
開催期間:2021年12月12日(日)〜2022年5月30日(月)
営業時間:【午前の部】10:00〜 10:30〜 11:00〜 11:30〜
【午後の部】13:00〜 13:30〜 14:00〜
定休日:月火曜(祝祭日の場合は営業)
制限時間:30分
栽培品種:かおり野、章姫、紅ほっぺ
料金:小学生以上2,400円、未就学児(3歳〜)2,100円、1歳・2歳500円
※乳児無料

電車で行ける大阪近郊の駅近いちご狩り施設を紹介しました。郊外にあることが多いいちご狩りスポットですが、ここならクルマがなくても気軽に行けますね。ぜひ、親子でおでかけしてみてください。

全国のいちご狩りスポット特集はこちら!
この記事をクリップする
15
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!