4

【2019】最新「屋内アスレチック」全網羅 幼児&小学生が大満足

体を思い切り動かして遊べるアスレチックは、子供が大好きな遊びの一つ。最近は、雨の日でもできる「屋内アスレチック」が増加しています。そこで今回は、2019年に全国各地に誕生した最新「屋内アスレチック」をまとめて紹介します。

もくじ

2019年にオープンした全国の最新「工場見学」はこちら!

こども忍者やしき「にんにんパーク」(東京都)

東京・浅草にある遊園地「浅草花やしき」には、10月に新アトラクション・こども忍者やしき「にんにんパーク」がオープンしました。忍者屋敷をモチーフにした3階層のアスレチックで、忍者になりきって遊べます

同園のフリーパスがあれば、楽しめるのもうれしいポイント! 6カ月から小学生の子供が、カラダを思いっきり動かして楽しめます

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

グリーンアロー トランポリンパーク 袖ヶ浦駅前店(千葉県)

千葉県袖ケ浦市にある「ゆりまち袖ケ浦駅前モール」には、8月に関東最大級の屋内型スポーツアスレチック施設「グリーンアロー トランポリンパーク 袖ヶ浦駅前店」がオープンしました。トランポリンやクライミング、小さな子供向けのキッズエリアなど、親子で遊べるアクティビティが充実しています

ロープアクティビティが体験できる「ロープコースエリア」では、約20mのジップラインにチャレンジできます

高さ6mのタワー型クライミングウォールには、ホールド部分がLEDライトで光る仕掛けを国内で初導入! 難易度に合わせて約10種類のルートをライトで教えてくれるので、初心者や子供でも安全に楽しめるのが魅力です

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

巨大ネットの森 SUMIKA(栃木県)

栃木県にある人気テーマパーク・ツインリンクもてぎには、ネット面積1,000平方メートルを誇る日本最大の屋内ネットアスレチック「巨大ネットの森 SUMIKA」が、3月にオープンしました

施設内にある里山「ハローウッズの森」をモデルに作られた同アトラクションは、至るところに森を感じる仕掛けが用意されているのが最大の特徴。巨大ネットの脇には、小さな子供が楽しめるキッズコーナーも併設されています。

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

南の島の大冒険(福井県)

福井県坂井市にある人気テーマパーク「芝政ワールド」では、屋内遊び場「キッズパラダイス」に、新アトラクション「南の島の大冒険」が12月にオープンしました。南の海に浮かぶ火山島をモチーフにした屋内型の巨大アスレチックで、施設内では最大規模を誇ります

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

おやつタウン(三重県)

7月に三重県津市にオープンしたベビースターの工場一体型テーマパーク「おやつタウン」には、国内最大級の3階建てアスレチック「超ドデカイアスレチック」があります

1階が幼児向けコースで、2階〜3階は大人でも楽しめるスリル満点のコースになっています。3階では、ジップラインにチャレンジしたり、ゆらゆらゆれる足元を渡ったり、スリル満載です!

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

SPACE ATHLETIC “TONDEMI KUWANA”(三重県)

三重県桑名市の大型ショッピングモール「イオンモール桑名」には、4月に次世代型屋内アスレチック施設「SPACE ATHLETIC “TONDEMI KUWANA”(スペースアスレチック “トンデミ クワナ”)」がオープンしました

千葉県と東京都に続く3店舗で、東海エリア初登場となった同店には、トランポリンやクライミングなど親子で楽しめるアクティビティが満載! 東海地区初のクライミングウォール「FUNWALLS」や、未就学児向けのキッズエリアも必見です

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

天空クライミング 忍登 -SHINOBORI-(京都府)

京都府京都市にある人気テーマパーク「東映太秦映画村」には、3月に忍者気分で遊べる新感覚アトラクション「天空クライミング 忍登(しのぼり)-SHINOBORI-」がオープン。ハーネスを着用して、高さ7m級のクライミングタワーにチャレンジする本格屋内アスレチックです

クライミングタワーは6つあり、それぞれのタワーには、スタート位置で難易度が変わったり、頂上から地上に飛び降りたり、楽しい仕掛けが満載! 3歳以上から遊べるアトラクションもあるので、小さな子供でも挑戦できますよ

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

ノボルト(福岡県)

福岡県福岡市にある「マリノアシティ福岡」には、9月に国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設「ノボルト(NOBOLT)」がオープンしました。既存スポーツと最新デジタル技術を融合させたアトラクションや、子供向けのアスレチックエリアなど、全16種類のアクティビティが楽しめます

また、ほとんどのアトラクションは、年齢制限がなく、身長110cm以上・体重20kg以上あれば遊べるのが魅力の一つ。3歳未満は入場無料で、安全に配慮した遊具で遊べる未就園児専用エリア「ベビーアイランド」もあります。

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

リバチカこども王国 ジャイアントスタジアム(福岡県)

福岡県北九州市にある大型商業施設「リバーウォーク北九州店」には、7月に屋内型テーマパーク「リバチカこども王国 ジャイアントスタジアム」がオープンしました。

1歳から15歳までの子供が楽しく遊べる屋内遊び場で、「タイムトラベル」をコンセプトに、「ふわふわパーク」「忍者パーク」「恐竜カフェ」の3つのエリアで構成されています

戦国時代をイメージした「忍者パーク」では、忍者になりきってさまざまな仕掛けのアスレチックに挑戦できます

より詳しい内容&魅力がわかる記事はこちら!

親子で楽しめそうな施設が満載でしたね。天気や寒さを気にすることなくおでかけできるので、ぜひ家族でチャレンジしてみましょう。

この記事をクリップする
4
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。