関東の人気トランポリン施設19選! 日本最大級のスポットも!

子どもはもちろん大人も楽しめる遊びとして、人気が集まるトランポリン。多彩なトランポリンを備えた専用の施設も増えており、人気テレビ番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)でも取り上げられたことで、興味を持っている人も多いのでは? そこで今回は関東の人気トランポリン施設を一挙に紹介します!

東海の人気トランポリン施設はこちら!指導員が教えるトランポリンの効能とコツとは?

トランポリンパーク・トランポランド東京【東京都板橋区】

トランポリン専用のアミューズメントパーク「トランポリンパーク・トランポランド」の東京店。壁とネットで囲んであるので、落下する心配がなく、子ども(3歳以上)やトランポリン初心者も安心して楽しめます。

ゲームの世界を思わせる障害物を越えていく「マリオゾーン」なども設置。土日祝日は午前10時から午前12時の間、トランポリン4面分が子ども(3歳から小学生未満)専用になるキッズタイムもあります。

SPACE ATHLETIC TONDEMI HEIWAJIMA (スペースアスレチック トンデミ ヘイワジマ)【東京都大田区】

トランポリンをはじめとする最新のスポーツアクティビティが楽しめる施設で、イオンモール幕張新都心店に続く2店舗目です。

約200坪の「トランポリンエリア」には全54面ものトランポリンを設置。自由にジャンプできる「フリーゾーン」、飛び跳ねながらドッジボールやダンクシュート、バレーボールが楽しめるゾーン、アクションゲームの主人公気分になれる「アクションジャンプゾーン」など、全6つのゾーンで多彩なトランポリン体験ができます。

トランポリン以外にも、空気が入った障害物を突破していく「エアーランエリア」、高さ約3.5mの高所に張られたロープを渡っていく「ロープウォークエリア」、高さ最大10m14種類19コースの壁登りが楽しめる「クライミングウォールエリア」、ペダルで漕ぐカートでコースを走ってレーサー気分が味わえる「ペダルカートエリア」、小さな子どもが安心して遊べる「キッズエリア」(3歳以上身長120cm未満が対象)もあります。


TRAMPON3 八王子店【東京都八王子市】

神奈川を中心に展開するトランポリンパーク「TRAMPON(トランポン)」の3号店で、都内初出店となります。

7台のトランポリンと約10mのロングトランポリン1台のほかに、競技用のスポーツトランポリンも4台設置されています。スポーツトランポリンのそばにある壁でウォールトランポリンも楽しめます。

トランポランドTokyo Bayside(東京ベイサイド)【千葉県浦安市】

2019年4月22日オープンの「トランポランド」3号店。「マリナガーデン新浦安」の敷地内にあります。

ロングトランポリン、トランポリンダンク、ドッジボールコート、エアーバッグなど、トランポリンをより楽しむためのアトラクションを多数用意。東京店、埼玉店にはないアトラクションもあります。また、3歳以上身長110cm未満の子供専用のキッズエリアもあり、キッズエリアのみの利用も可能です。

SPACE ATHLETIC TONDEMI MAKUHARI(スペースアスレチック トンデミ マクハリ)【千葉県千葉市】

「SPACE ATHLETIC TONDEMI」の1店舗目で、イオンモール幕張新都心にあります。

こちらの「トランポリンエリア」も約200坪の広さを誇り、自由にジャンプできる「フリーゾーン」、飛び跳ねながらドッジボールができる「ドッジゾーン」、懸垂渡りなど全身を使った運動ができる「ニンジャアスレチック」など、5つのゾーンが用意されています。

また、プロジェクションマッピングとセンシング技術を駆使して宇宙レースに参加したような体験ができるアトラクション「スペースホッパーズ」も人気です。

そのほか、平和島店と同じく「クライミングウォールエリア」「ロープウォークエリア」「キッズエリア」(3歳以上身長120cm未満が対象)もあります。

クロスポ 千葉浜野店【千葉県千葉市】

ウォールクライミングやボーリング、カラオケ、小さな子どもが思いっきりr遊べるキッズスペースなど、さまざまな遊びが楽しめる複合型アミューズメントスポットです。

円形の大型トランポリンが13台設置されていて、大人も子どもも思いっきりトランポリンを楽しむことができます。トランポリンはネットで囲まれているので、子どもや初心者でも落ちる心配はありません。


グリーンアロー トランポリンパーク 袖ケ浦駅前店【千葉県袖ケ浦市】

2019年8月にオープンした関東最大級規模のスポーツアスレチック施設で、ゆりまち袖ヶ浦駅前モール内にあります。

約250坪のトランポリンエリアは4歳から入場OK。11面のトランポリンが並んだ「フリースタイルジャンプ」のほか、10cmずつ高くなる障害物を越えていく「チャレンジジャンプ」、強いバネでより高くジャンプできる「ファンジャンプ」、跳ねながらドッジボールができる「ドッジボールジャンプ」が楽しめます。また、大きなエアバッグを併設した飛び込みやスラックラインが体験できるコーナーや、自分がジャンプすることでテレビ画面のキャラクターを操作するゲーム「ヴァロジャンプ」もあります。

そのほか、高さ約3mの不安定な足場を渡っていく10歳以上対象の「ロープコースエリア」や、高さ約6mの「クライミングウォール」、トランポリンやネット遊具、スポンジプールなどを備えた1〜3歳対象の「キッズエリア」もあります。

ぽこトランポリン横浜【神奈川県横浜市】

横浜市保土ヶ谷区にあるトランポリンスクールですが、会員以外でも貸し切り(1面単位。30分から2時間まで)で楽しめます。貸し切りは何人で利用してもOK(2〜5人を推奨)なので、家族や友達連れで気兼ねなく楽しめますよ。

トランポリンは競技用を3台設置。また、なわとび、ボール、ドッヂビー、クッションを無料で借りられるので、幅広い楽しみ方ができます。

ピーストランポリンジム寒川【神奈川県寒川町】

本格的な競技用トランポリンのほか、初心者向けの「スカイポリン」、体操競技の空中感覚を養うために利用される長さ14mの「タンブリングトランポリン」など、7台のトランポリンを常設しています。なかでも、斜めと平面のトランポリンを連続して跳ぶ「ダブルミニトランポリン」は、日本に数台しかありません。子どもは3歳から利用OK。

TRAMPON 相模原店【神奈川県相模原市】

トランポリン3面と、競技用のユーロトランポリン2面が設置された施設です。ユーロトランポリンではウォールトランポリンも楽しめます。施設内には、体操やアクロバットの練習などにも使える大きなエアマットも設置。手軽に全身をストレッチができるストレッチポールも用意されています。


TRAMPON2 厚木店【神奈川県厚木市】

「trampon」の2号店です(2018年10月31日まではプレオープン)。全12面のトランポリンと長さ12mのロングトランポリンが2列、競技用トランポリンが3面あり、ウォールトランポリンも楽しめます。

トランポリン以外にも、エアマットやバク転の練習ができるエアロール、あん馬、平均台などの体操用具も用意。ミニトランポリンやミニ平均台など小さな子どもや体操初心者向けの練習器具もあるほか、キッズスペースも完備しています。

グラビティゼロ【神奈川県相模原市】

ミドルトランンポリン、ラージトランポリン、タンブリングトラック(スポンジプールが隣接)が広い施設内に敷き詰められた、神奈川県最大級のトランポリン施設です。

3歳〜小学生未満向けのキッズエリアもあり、3歳未満でも施設が空いていればトランポリンが楽しめます。また、専門スタッフがアドバイスをしてくれるので初心者でも安心です。

TRAMPON 海老名店【神奈川県海老名市】

神奈川県海老名市にある「TRAMPON」の4号店です。

施設内には通常のトランポリン11台と10mのロングトランポリンを設置。本格的な競技用スポーツトランポリンも4台あり、ウォールトランポリンも楽しめます。

また、高いところから吊るした布を使って空中パフォーマンスを行う「エアリアルティシュ」を設置しているのが特徴。ヨガや筋肉トレーニング、柔軟運動ができます。

トランポランドsaitama(トランポランド埼玉)【埼玉県新座市】

東京店に続いてオープンした「トランポリンパーク・トランポランド」の2号店。人気バラエティ番組「嵐にしやがれ」で嵐の櫻井翔さんと女優の蒼井優さんが訪れたことでも話題になりました。

東京店より大型の施設で、「マリオゾーン」のほか、「キッズエリア」やトランポリン上でドッジボールができるエリア、高くジャンプしてダンクシュートができるエリアなどもあります。

子どもは3歳以上から利用できますが、身長110cm未満の子どもは「キッズエリア」のみ利用可能です。


get air japan(ゲットエアージャパン)【埼玉県蕨市】

広いトランポリン上で自由に飛び回れる全面トランポリンのエリアを中心に、多彩なトランポリンがそろったスポットです。身長120cm未満の子ども専用のキッズ専用エリア、ダンクシュートを狙う「スラムボール」、技の練習などに適した「フォームピット」、障害物コースを攻略する「忍者コース」もあり、いろんな楽しみ方ができるのが魅力です。

GARDENトランポリン【埼玉県川口市】

競技用トランポリン2面、ベーシックトランポリン2面、トランポリンウォール2面、スポンジプール1カ所を備えたトランポリンパークです。インストラクターによるトランポリン教室を開催しており、無料の体験レッスンもあります。なお、5歳未満の子どもには保護者の付き添いが必要です。

前から気になっていた、トランポリン。4歳の息子と2人で行って来ました。体験した事のない、ふぁふぁ感が良かったようです。いつもより高く飛び上がっては、ヒーローになりきりキックしたり、悪者をやっつける「戦いごっこ」を楽しんでいました。ちょっと使い方が違うのですが…。本人が楽しかったようなのでOKかな?!shimaさんの口コミ

ジャンパワートランポリン【埼玉県越谷市】

越谷レイクタウンの近くにあるトランポリンパークです。メインのトランポリンエリアには15面のトラポリンを設置。スポンジに向かってジャンプで飛び込む「スポンジピット」、バスケットゴールにダンクを決める「トランポジャム」もあり、上級者向けの競技トランポリンではウォールトランポリンも楽しめます。

そのほか、エアートランポリンが設置された110cm未満の子ども専用の「キッズエリア」も用意。ベルト状の綱に乗ってバランスをとる「スラックライン」が楽しめるエリアもあります。

トランポリンAIRJOY【埼玉県川越市】

2018年4月にオープンした埼玉県最大級のトランポリンパークです。

「フリースペース」「ドッジボールエリア」「ダンクシュート」「スラックライン」のほかに、バレーボール選手気分が味わえる「スパイクチャレンジ」、スポンジ製の跳び箱を飛び越える「モンスターボックス」、回転する棒をジャンプで連続して飛び越える「ぐるぐる回転棒」など、この施設ならではのエリアが用意されています。

エクササイズ用のエリアもあるので、運動不足なママパパにもピッタリ。

ファミリートランポリン&カフェ「クート」【栃木県小山市】

本格的なトランポリンを3面備えた、ユニークなカフェです。カフェにはソファー席やハンギングチェアもあって、トランポリンの待ち時間や終了後ものんびり過ごせます。もちろん、トランポリンのみ、カフェのみの利用もOK。親子のちょっとしたお出かけ先としても最適です。

トランポリンは、子どもはもちろん日頃運動不足になりがちなパパママも楽しく体を動かせるレクリエーションです。ぜひ親子で出かけてみてくださいね。子どもの場合、施設によって年齢や身長の制限があることが多いので、お出かけ前にご確認を!

おすすめの屋内遊び場はこちら!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。