10

横須賀の最新アスレチック「トンデミ」徹底レポ! 全エリア紹介

神奈川県横須賀市に、都市型屋内アスレチック施設「スペースアスレチック トンデミ (TONDEMI)」の4店舗目となる横須賀店が、2020年6月にオープンしました! 趣向を凝らしたトランポリンをはじめ、巨大ロープアスレチック、新感覚のデジタルコンテンツ、キッズエリアなど、親子で思い切り体を使って遊べるアクティビティが満載の注目スポットです。

実際に取材をして、全エリアの体験と魅力をお届けします!
※動画は、施設の許可を得て撮影しています

トンデミ横須賀とは?

神奈川県横須賀市に2020年6月5日(金)にオープンした大型屋内アスレチック施設。「トンデミ」としては、幕張新都心(千葉県)、平和島(東京都)、桑名(三重県)に続き、4店舗目になります! 

店舗ごとにテーマが異なり、横須賀店は「進化」。他店にあった人気アクティビティを独自に進化させ、新たなアクティビティとして楽しめる仕掛けがたくさんあります!

全7エリアで構成されていて、「エラーランエリア」「スポーツアトラクションエリア」「クイックアクションアリーナエリア」「トランポリンエリア」「クライミングウォールエリア」「ロープウォークエリア」「キッズエリア」にわかれます。

横須賀の立地を生かして、海が一望できたり、高所でもハーネス不要で安全に楽しめるコンテンツや、チームワークが試される体験など、ここならではのアクティビティにも注目です。

国内初のデジタルスポーツアトラクションもあり、大人も子供も夢中で遊べるスポットです。

身長110cm以上・体重20〜120kgまでの利用が参加条件ですが、小学生未満(3歳から身長120cmまで)のキッズエリアもあります。0〜2歳までの小さな子供は、保護者の付添のもと、無料で入場可能ですが、遊ぶことはできません。

90分の時間制で1人2,500円、初回に会員登録料が別途550円(トンデミオリジナルソックス付)かかります(キッズエリア以外利用可能)。保護者は入場料90分600円、0〜2歳の子供は無料です。キッズエリアエリアのみの利用は、90分850円です。

1分でわかるトンデミ横須賀店の魅力!

新型コロナウイルス感染防止対策

入場時の検温、各アクティビティの清掃および消毒を実施。また、空調や窓を開けるなど、換気時間が設けられています。加えて、入場は通常の半分ほどの人数制限の実施により、密を避ける対策がされています。

海が一望できる「ロープウォークエリア」

ロープでできたトランポリンエリアがあり、編み込んだロープから下が見えるスリルも味わえます。通常とは異なるジャンプの感覚は、大人も子供もやみつきになりそう!

巨大ロープで作られたアスレチックは、ここならではのアクティビティ! すべてロープで囲われているので、落下の心配がないのはもちろん、安全ハーネスなしで遊べるので、動きが制限されないのもポイント!

高所に設置されているので、海を一望しながら網のトンネルをくぐったり、ボルダリングのようにロープを掴んで渡ったり、やわらかいクッションの上を歩いたり、さまざまなアクティビティに挑戦できます! 

床からロープまで4.6mあり、下にはトランポリンエリアがあるので、上空を歩いている不思議な感覚になりますよ。

夜はライトアップされた幻想的な空間に早変わり! ガラス越しに見える夜景も相まって、昼間とは違った雰囲気が味わえます♪

動画で見る「ロープウォークエリア」


大人も子供も夢中になる「トランポリンエリア」

奥行きがあるトランポリンエリアは、「フリーゾーン」「ダンクゾーン」「ジャンプピット」で構成されています。

ジャンプして勢いあまって前につんのめったり、タイミングがずれてその場で転んだりすることも! 大人も子供も思わず笑顔になりますよ。
※2020年7月現在、ジャンプピットは現在休止中

トランポリンをうまく飛ぶコツは、初めから高くジャンプしようとせず、まずは小さくジャンプをしたあと、ひざを曲げて着地する感覚を体で覚えること。そこから徐々に足の幅を大きくしたり、段階的に高くジャンプしたりするのがいいそうです。

平らな場所のほか、斜面のトランポリンもあり、お尻で弾んだり、すべり台のようにしてすべるなど、工夫次第でさまざまな遊びが楽しめます♪

最大6mの「クライミングウォールエリア」

最大6mの高さがあるクライミングウォールが並ぶエリアでは、腕力と脚力を使って挑む全11コースが用意されています。垂直ウォールや球体、棒状の上を歩いたりと、趣向を凝らしたクライミングはどれもスリル満点!

親子やきょうだいで一緒に登れるクライミングもあるので、対決しながら楽しめるのもポイントです。

吹き抜けになったガラス張りの窓から海が一望できるのも魅力で、各クライミングの頂上から見える光景は感動もの!

棒状のクライミングは、自分の身長もプラスされて、より高さを体感できるので、高所好きな人はぜひ挑戦してほしいアクティビティのひとつ。

クライミングウォールエリアには、一風変わったアクティビティも。高さ6mまでゆっくり上昇し、ほぼ垂直にすべるスライダーで、大人も子供も手に汗握る体験になること間違いなし!


編集部員もクライミングに挑戦!

ボタン早押し対決ができる「クイックアクションアリーナエリア」

各所にある多数のボタンの早押し対決ができるエリアは、さまざまな仕掛けがある全6ステージに挑戦できます。チーム対抗ゲームなので、チームワークが試されるアクティビティです。

ボールプールのステージをはじめ、大玉が埋め尽くされたステージ、上からボールが飛んでくるステージなど、趣向を凝らした内容で、いかにボタンを多く押せるかが勝利のカギです。

高さ6mの高さまで登りながらボタンを押すステージ最上部からは、隣接する海を眼下に見渡せます!

球技&競技ができる「スポーツアトラクションエリア」

スポーツが楽しめるエリアでは、バスケットやサッカー、ボウリング、ドッジボールなど、10のスポーツが楽しめます。

ボールを蹴ったり投げたりして、体を使って思い切り親子でスポーツを満喫しましょう!

運動会をテーマに、軽快な音楽に合わせて自由にダンスをしながら玉入れをする「チェッコリ玉入れ」や、目の前の画面上に映し出された映像を見ながら障害物を避けながらその場で大玉を転がす「SiSyFox」など、日本初の新感覚デジタルコンテンツも! 親子で盛り上がること間違いなし!

画面上で落ちてくるボールを自分が架け橋となってゴールまで導くゲームも。向かい側にも同様のモニターが設置されているので、子供が挑戦している姿を正面から撮影することもできます。

進化した「エアーランエリア」

エアーランエリアは、2人同時にスタートし、登ったり降りたりして障害物を避けながら、折返し地点のボタンを押して、スタート地点まで戻ってゴールするアトラクション! 全長は54mあり、親子やきょうだいで白熱した対決できること間違いなし!

現在は、マスク着用などによる熱中症防止対策により、タイムアタックではなく、50秒でゴールできるように時間配分を考えながらコースクリアを目指す仕様になっています。

小学生以下が楽しめる「キッズエリア」

小学生以下の子供が利用できるキッズエリアもあります。靴を脱いで、人工芝の上で遊べます。

ボールプールや柔らかいクッション、ロープで編まれたクモの巣状の大きなネットアスレチックなど、子供心をくすぐる仕掛けが豊富です。

ほかにも1人用のトランポリンや、ユニークな形状のエア遊具などもあります。

更衣室やパーティールームも完備!

更衣室もあるので、動きやすい服装に着替えてから遊べるのもうれしいですね。

また、貸切の部屋でお誕生日のお祝いができるパーティールームも併設されています。
※2020年7月現在は休止中

営業時間:10:00〜21:00(90分の時間制)
料金(90分)/1人2,500円(トランポリン、クライミングウォール、ロープウォーク、エアーラン、クイックアクションアリーナ、スポーツアトラクション)
保護者入場料:600円
キッズエリア利用料:850円
※初回は会員登録料550円(トンデミオリジナルソックス付)がかかります
※0〜2歳は無料ですが、アクティビティはできません

この記事をクリップする
10
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!