9

都内の駅近でキャンプ気分を満喫! 体験型アウトドアカフェ誕生

東京・茅場町に、キャンプ体験ができるカフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO」(リワイルド アウトドア トーキョー)が、2020年6月1日にオープン。都内にいながら、川のせせらぎが聞こえる癒しの空間は、親子におすすめです!

豊かな森をイメージした空間でリラックス!

郊外の森やキャンプ場におでかけしづらい今、自宅で「ベラピング」や「おうちキャンプ」を楽しむ親子が増えています。そんなアウト好き親子におすすめなのが、東京メトロ東西線「茅場町」から徒歩約4分の場所にオープンした体験型カフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO」(リワイルド アウトドア トーキョー)です。

店内の内装は「都会の森」をイメージ。グリーンと照明が木漏れ日を作り出し、壁には炊き火の映像が流れ、鳥のさえずりや川のせせらぎが聞こえてきます。アウトドア気分を盛り上げるガーデンチェアのほか、ハンモックもあり、本物の森のような居心地の良さが魅力です。

解放感たっぷり&新型コロナ対策も万全!

エントランスは間口が広く、フルオープン設計になっています。風通し抜群で、屋外にいるような解放感が味わえますよ。

また、新型コロナ感染リスク対策として、セルフオーダーシステムを導入。卓上のQRコードを読み込み、自分のスマホでメニューを見ながらオーダーすることができます。スタッフとのコミュニケーションやタッチパネルからの感染リスクがなく、オールキャッシュレスなので、金銭受け渡しによる感染の心配もありません。

キャンプ体験タイムにマシュマロ焼きや燻製体験も!

8〜17時は、木漏れ日のなかでフルーツやコーヒー、ホットサンドが味わえます。また、17時からは、ルミエールランタンに火を灯してキャンプ体験タイムがスタート。店内中央の焼き場で、串に刺したフォカッチャやマシュマロを焼いて食べれば、子供たちが喜ぶこと間違いなし! 

さらに、バーナーの火を使ったホットサンド作りや、燻製作りも楽しめます。コーヒー好きなママパパには、厳選されたスペシャリティな豆を自分で挽いて淹れる体験もおすすめですよ。

キャンプならではアウトドアメニューが、都会で楽しめるのはうれしいですね! ぜひ親子でおでかけしてみてください。

■「REWILD OUTDOOR TOKYO」(リワイルド アウトドア トーキョー)
住所:〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2-1-13 信光ビル1階
営業時間:8:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:土・日曜、祝日

この記事をクリップする
9
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!