都内の1年中遊べる人気屋内プール9選 子供300円以下の格安厳選

プールといえば、子供が大好きな夏のレジャーですが、屋内プールなら季節や天候に関わらずいつでも楽しめます。寒くても、悪天候でも、思い切り体を動かせるのはうれしいですよね。

そこで今回は、東京都内にある1年中遊べるおすすめの屋内プールを9カ所紹介します。ウォータースライダーや流れるプールなど、遊び要素があるほか、すべて子供300円以下で楽しめます。

すみだスポーツ健康センター 全天候型温水プール(墨田区)

自然光が差し込む明るい屋内プール。プールサイドには、緑の木々や砂浜をイメージしたサンドベージュの床が広がり、晴れた日は屋外にいるような感覚で楽しめます。

施設内には、25mプールのほか、水深30cmの幼児プールや同60cmの「子どもプール」、1周約90mの流れるプールなどがそろい、充実しています。子供に大人気のウォータースライダーは、全長50mの回転型。あごの高さが90cm以上であれば利用できます。

2時間利用時の料金は、平日が高校生以上440円、小・中学生220円。土・日曜、祝日は、高校生以上550円、小・中学生280円です。月に1日、無料開放日もあります。3歳未満およびオムツのとれていない子供は入場不可なので注意してください。

■すみだスポーツ健康センター 全天候型温水プール
住所:東京都墨田区東墨田1-6-1
営業時間:10:00〜20:00(夏季期間は変動、利用は閉館の10分前まで)
定休日:水曜(夏季・祝日を除く)、年末年始、点検日および施設清掃日
料金:平日は高校生以上440円、小・中学生220円、3歳以上無料。土・日曜、祝日は高校生以上550円、小・中学生280円、3歳以上無料
※上記料金は2時間利用の場合。1時間延長ごとに追加料金が加算されます。1日料金設定もあります
※月に1日無料開放日あり

有明スポーツセンター 屋内プール(江東区)

体育室やトレーニングルームなどを備えた「有明スポーツセンター」内にも、広々とした屋内プールがあります。25mプールと3種類の「こどもプール」があり、こどもプールの水深はそれぞれ30cm・90cm・1m。子供の身長にあわせて、思い思いに遊べます。

身長110cm以上であれば、ループスライダーでも遊べます。くるっと回る楽しさに子供は夢中になるはず!

同施設を利用できるのは、オムツのとれたおおむね3歳以上の幼児から。2時間利用時の料金は、高校生以上400円、中学生以下150円です。

■有明スポーツセンター 屋内プール
住所:東京都江東区有明2-3-5
営業時間:9:30〜21:45(最終入場は21:30、夏季期間は9:00より営業)
定休日:第2・4月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金:高校生以上400円、中学生以下150円
※上記料金は2時間利用の場合。1時間延長ごとに追加料金が加算されます

東京スポーツ文化館 屋内温水プール(江東区)

25mプールと初心者用プール、幼児用プールの3つを備えた開放感のある屋内プール施設。初心者用プールの水深は80cm〜1m、幼児用プールの水深は40〜50cmで、身長にあわせて選べます。

夏季などの期間限定で利用できるウォータースライダーもあり、子供に人気。プール内の水やシャワーには、体に優しいナノテクノロジー水が使われているのもうれしいポイントです。

利用に際して年齢制限はありませんが、オムツが完全にとれていることが条件です。料金は、高校生以上320円、中学生以下220円で、年長未満の子供は無料で遊べます。

■東京スポーツ文化館 屋内温水プール
住所:東京都江東区夢の島2-1-3
営業時間:9:00〜22:00
定休日:4・6・9・12月の10日(該当日が土・日曜、祝日にあたる場合は翌平日)
※2020年2月1日(土)〜10月31日(土)は、オリンピック・パラリンピック競技大会の準備や開催のため利用できません
料金:高校生以上320円、中学生以下220円、年長未満無料


萩中公園プール(大田区)

児童交通公園などがある「萩中公園」内の広々としたプール。屋外エリアの利用は夏季のみですが、屋内エリアは通年利用でき、9〜6月は温水になります。

屋内エリアには、幼児用プールと流れるプールのほか、小学生以上対象の25mプールとウォータースライダーもあり、子供は大満足です。明るい光が差し込むプールサイドには、ビーチにいる気分になれる休憩場もあり、のんびり過ごすこともできます。

プールには3歳から入場可能。2時間利用時の料金は、高校生以上480円、中学生以下200円で、未就学児が利用できるのは、最大水深40cmの幼児用プールと、全長95mの流れるプールです。

■萩中公園プール
住所:東京都大田区萩中3-26-46
営業時間:9:30〜21:00(チケット購入は終了の30分前まで、祝日を除く月曜は17:30まで)
※流れるプールとウォータースライダーの運転は平日13:30〜17:50、土・日曜、祝日9:30〜17:50
定休日:第1・3水曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始、その他臨時休館あり
※祝日を除く第2・4・5水曜は個人利用不可。25mプールは火曜に限り貸し切り利用のみ
料金:高校生以上480円、中学生以下200円
※上記料金は2時間利用の場合。30分延長ごとに追加料金が加算されます

世田谷区立千歳温水プール(世田谷区)

清掃工場の熱を利用した温水プール。高い天井の下に大きな25mプールが広がり、隣の公園の緑を見ながら泳ぐことができます。その奥には、ウォータースライダー付きで水深90cmの流れるプールも。同60cmの幼児用プールもあるので、小さな子供も楽しめます

利用条件は、オムツが完全にとれていること。1時間利用時の料金は、高校生以上260円、小・中学生80円です。ウォータースライダーを利用できるのは、身長120cm以上なので注意してくださいね。

■世田谷区立千歳温水プール
住所:東京都世田谷区船橋7-9-1
営業時間:9:00〜21:00(年始のみ9:00〜17:00)
※流水プールは平日9:00〜15:50は流れ停止(夏季を除く)
定休日:第1月曜(祝日の場合は翌平日、8月と1・2月を除く)、点検日、年末
料金:高校生以上260円、小・中学生80円、幼児無料
※上記料金は1時間利用の場合。30分延長ごとに追加料金が加算されます。夏季は2時間券、夏季以外は1回券もあります

八王子市北野余熱利用センター あったかホール 温水プール(八王子市)

「北野清掃工場」の余熱を利用した温水プールです。天井は開閉式なので、オープン時はまさに青空の下で泳ぐことができます。

施設内には、25mプールのほか、すべり台付きで水深50cmの幼児用プールと、ジャグジーがあります。7・8月を除く毎週水曜の11:00〜11:50と、金曜の15:00〜15:50には、監視員がマンツーマンでワンポイントレッスンを行ってくれるので、泳ぎの練習もできますよ(受付は各30分前から)。

利用できるのは3歳以上で、オムツが完全にとれていることが条件です。1時間利用時の料金は、高校生以上200円、中学生以下70円。こどもの日と毎週土曜に限り、中学生以下は2時間まで無料になります。

■八王子市北野余熱利用センター あったかホール 温水プール
住所:東京都八王子市北野町596-3
営業時間:10:00〜21:00(夏季期間は9:00〜22:00)
定休日:第1月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始、その他臨時休館あり
料金:高校生以上200円、中学生以下70円
※上記料金は1時間利用の場合。1時間延長ごとに追加料金が加算されます。こどもの日と毎週土曜に限り、中学生以下は2時間まで無料になります(2時間を過ぎると超過料金が必要)


多摩市立温水プール アクアブルー多摩(多摩市)

大きな2基のウォータースライダーが大人気の温水プール。長さ42m・高低差5.5mの「ボディースライダー」は、激しいカーブが特徴で、クセになる楽しさです

長さ102m・高低差10.5mの「アイランドスライダー」は、トンネルの中を2人乗りまたは1人乗りのボートですべり下りるタイプ。どちらのスライダーもスリル満点で、身長120cm以上の小学生以上が利用できます。

ほかにも、全長100mの流れるプールや、未就学児対象のキッズプールなどがあり、さまざまな遊び方が可能。料金は、高校生以上610円、小・中学生300円です。オムツが完全にとれていない子供は入場できませんが、おもちゃがそろうキッズルームが完備されています。

■多摩市立温水プール アクアブルー多摩
住所:東京都多摩市南野3-15-2
営業時間:9:00〜21:45(遊泳は21:30まで。7・8月を除く月の日曜および祝日は19:45で終了、遊泳は19:30まで)
※スライダーは異なるので公式サイトを確認ください
※12〜2月の平日は営業時間が一部変更になります
定休日:施設休館日は第2・4火曜(祝日の場合は翌平日。7月は第2火曜のみ。8月は無休)、点検日、年末年始、その他臨時休館あり。プール休場日は7・8月を除く月の第1・3・5火曜(祝日の場合は翌平日)、点検日
料金:高校生以上610円、小・中学生300円、未就学児無料
※夏季期間は時間制限があります

羽村市スイミングセンター(羽村市)

会議室やトレーニングルームのほか、小学生以上が利用できる25mプールと、未就学児が遊べる水深60〜70cmの幼児プールを備えたスポット。幼児プールには小さなスライダーが付いていて、子供に大人気です。16歳から利用できるスポーツサウナもありますよ。

利用条件は、3歳以上でオムツがとれていること。2時間利用時の料金は、市外の人は高校生以上600円、3歳以上150円。市内在住や在勤の人は、高校生以上400円、3歳以上100円です。

■羽村市スイミングセンター
住所:東京都羽村市五ノ神319-3
営業時間:9:00〜21:50(利用は20:50まで。施設の開館時間は8:40〜22:00)
定休日:月曜(祝日の場合は開館)、年末年始
料金:市内在住・在勤の場合は高校生以上400円、3歳以上100円。市外の場合は高校生以上600円、3歳以上150円
※上記料金は2時間利用の場合。16分以上延長した場合は追加料金が加算されます。1時間の料金設定もあります

元気ぷらざ 温水プール(北区)

※2019年9月1日(日)〜2020年4月30日(木)まで、修繕工事のため休館中です

清掃工場の余熱を利用している「元気ぷらざ」は、ホールや和室のほか、レジャー型の温水プールも完備しているスポット。全長72mのウォータースライダーが人気で、小学生以上または身長120cm以上であれば利用できます

小さな子供には、水深30〜50cmの子供用プールがおすすめ。小さなすべり台も付いています。25mプールや1周90mの流れるプールもあり、ぷかぷか浮かびながら思う存分プール遊びが楽しめますよ。利用条件は3歳以上で、2時間利用時の料金は高校生以上500円、3歳以上100円です。

■元気ぷらざ 温水プール
住所:東京都北区志茂1-2-22
営業時間:9:00〜21:00(最終入場は20:30、遊泳は20:50まで)
※25mプールは教室開催などで利用が制限される場合があります
定休日:2019年9月1日(日)〜2020年4月30日(木)長期休館
料金:高校生以上500円、3歳以上100円
※上記料金は2時間利用の場合。30分延長ごとに追加料金が加算されます

季節や天候に関わらず、子供が思う存分遊べる屋内プールは、ファミリーの強い味方。手ごろな利用料金の施設が多いのも魅力です。水泳キャップなど必要な持ち物は事前にチェックして、家族みんなで足を運んでみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!