8

プレイパーク併設の「本屋」誕生 アスレチック&乳幼児エリアも

三重県四日市市の「イオンタウン四日市泊」に、親子向けの本屋と体験型プレイパークが融合した「BOOK PARK miyokka!?(ブックパークミヨッカ)」が、2019年11月16日(土)にオープン! たくさんの本を楽しみながら、アスレチックやデジタルコンテンツで遊べる注目スポットです。

「BOOK PARK miyokka!?」とは?

「BOOK PARK miyokka!?」は、家族×学びをテーマにした新スタイルの本屋で、「箱根本箱」「文喫」を手掛けたブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」がプロデュースしています。本を読むだけでなく、遊びを通してさまざまな本に触れ、新しい知識と学びに出会う場を目指しています。

親子で学んで遊べるコンテンツが充実!

店内は、「ほんにふれる—ヨム・カク・ウゴク—」をコンセプトにした「BOOK STORE」と「PLAY PARK」の2エリアで構成されています。「BOOK STORE」には、絵本や児童書はもちろん、子供にプレゼントしたい本や雑貨、大人も楽しめる趣味の本や雑誌、文芸書、毎日使いたくなる文具など、豊富なアイテムがそろいます。

また、「BOOK STORE」に併設している体験型の有料プレイパークエリア「PLAY PARK」は、3つのゾーンにわかれています。遊びを通して新たな本や知識と出会える「Edutainment Zone」、たくさんの絵本がそろう「Library」、赤ちゃんが安心して遊べる「Baby Zone」があり、各ゾーンとも思う存分楽しめます。

Edutainment Zone

レシピ本を見ながらおままごとをしたり、図鑑を見ながらお絵かきをしたり、アスレチックで体を動かしたり、本に囲まれた空間でさまざまな遊びが体験できます。

注目の遊びは、描いた絵をスキャンすると絵が動き出すデジタルコンテンツ「おえかきパラダイス」と、プロジェクションマッピングと深度センサーを駆使した「ペイントすなば」。子供が夢中になって遊べそうです。

Library

普段の生活ではなかなか触れる機会がない大型絵本や仕掛け絵本、年齢別のおすすめ絵本などがそろいます。本にまつわるワークショップイベントも定期的に開催予定です。

Baby Zone

0歳〜2歳までの小さな子供が安心して遊べるプレイエリアです。赤ちゃん向けの絵本や知育玩具などで自由に遊べます。


「かいけつゾロリ」とコラボしたオープニング企画も!

また、オープニング特別企画として、子供に人気の児童書「かいけつゾロリ」のフォトスポットが「PLAY PARK」内に登場! 「おえかきパラダイス」と「ペイントすなば」には、ゾロリなどのキャラクターが登場します。好きな色を塗ってゾロリを動かしてみましょう。

さらに、「PLAY PARK」に入場すると、1家族につき1個、数量限定でロゴ入りオリジナルトートバッグがプレゼントされます! 

新しい発見がたくさんできそうな注目の新スポットに、ぜひ親子で足を運んでみてください。

■BOOK PARK miyokka!? イオンタウン四日市泊店
オープン日:
2019年11月16日(土)
営業時間:10:00〜21:00
※「PLAY PARK」は10:00〜19:00(入場は閉店の30分前まで)
定休日:イオンタウン四日市泊に準ずる
場所:イオンタウン四日市泊 2階
料金:「BOOK STORE」は入場無料
※「PLAY PARK」利用料金:【最初の30分】子供600円、大人500円(延長15分ごとに子供200円、大人無料)/【平日パック1日および休日パック2時間】子供1,200円、大人500円
※料金は税抜き
※子供料金は6カ月〜12歳が対象
利用条件:保護者の同伴必須/保護者1人につき子供3人まで入場可

公式サイト
この記事をクリップする
8
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!