お得なクーポン情報の掲載をはじめました
(C)Courtesy of The Royal Saskatchewan Museum, Sandra Foreman Photography 北海道むかわ町穂別博物館所蔵

【招待券あり】都内で注目の「恐竜博」開催 世界初の謎の恐竜も

子供が大好きな恐竜について親子で学べる「恐竜博2019」が、2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)の期間に、東京・上野公園の国立科学博物館で開催されます。世界初の展示や日本初公開を含む貴重な実物化石や全身復元骨格が一堂に会する夏休みのおでかけにもぴったりな展覧会です。

記事の末尾には、無料招待券プレゼントの応募フォームもあります。プレゼントの応募は、6月7日(金)AM9時まで。ぜひ応募してくださいね。

恐竜学の新時代に迫る!

同展は、1969年にアメリカで発見された肉食恐竜・デイノニクスから始まった恐竜学の歩みと、恐竜研究の最新成果を展示する大型企画です

日本初上陸となるデイノニクスのホロタイプ標本をはじめ、貴重な重要標本で恐竜研究50年の変遷を振り返ります。

「謎の恐竜」の全貌を世界初公開!

同展では、モンゴルのゴビ砂漠で発見されてから約40年間、謎の恐竜とされてきたデイノケイルスの全身復元骨格や貴重な実物化石を世界で初めて公開! 近年、頭骨や胴体、後ろあしなどを含む2体の化石が発見されたことによって判明した謎の恐竜の全貌が、いよいよ明らかになります。

また、世界有数の化石発掘地として知られるモンゴルから、最新の研究成果が紹介されます。並ぶような形で発見された2体のオヴィラプトル類「ロミオとジュリエット」が日本初公開されるほか、3体のオヴィラプトル類が折り重なるように発見された「きょうだい化石」や、新種の可能性が高いとされる2本指のテリジノサウルス類が世界初公開されます


推定8mの「むかわ竜」が東京に初上陸!

そのほか、2003年に北海道むかわ町で発見された「むかわ竜」が東京に初めて上陸します。ハドロサウルス類の新種の可能性が高い「むかわ竜」は、全長8mを超える全身化石のうち8割以上の骨が見つかっている恐竜。これだけ高い割合で骨が残った全身骨格の化石は、大型恐竜としては国内初です。

今回は、その全身実物化石と、化石をもとにした全身復元骨格が登場! 地元のむかわ町以外で展示されるのは、今回が初めてです。

さらに同ブースでは、「むかわ竜」をはじめとする恐竜や、海の巨大爬虫類を高精細CGで再現した4Kシアターも楽しめます

それ以外にも、絶滅直前の恐竜たちを紹介するコーナーや、隕石衝突でどのように恐竜時代が終わったかを紹介するCG映像コーナー、急激な環境変化で哺乳類が台頭してきた過程を紹介するコーナーなど内容盛りだくさん! 親子で楽しみながら恐竜について学べます。

7月12日までお得な前売りチケット発売中!

同展では、お得な前売りチケットを7月12日(金)まで発売中! 大人2人と子供2人の4枚がセットになった「ファミリー券」や、照明を落とした閉館後の博物館で迫力満点の展示を楽しめる「ナイトミュージアム券」などもあるので、公式サイトでぜひチェックしてください

5組10人にチケットプレゼント!

今回「いこーよ」では、「恐竜博2019」の無料招待券5組10人をプレゼントします! プレゼントの応募は、6月7日(金)AM9時まで。たくさんのご応募、お待ちしてます!

プレゼントの応募はこちらから

■恐竜博2019
開催期間:
2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)
時間:9:00〜17:00(金土は20:00まで)
※8月11日〜15日、18日は18:00まで
※入場は閉館時刻の30分前まで
休館日:7月16日、9月2日、9日、17日、24日、30日
場所:国立科学博物館
料金:【前売券】一般・大学生1,400円、小中高生500円【当日券】一般・大学生1,600円、小中高生600円
※未就学児は無料
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

引き換えなしで並ばず入れる!
「恐竜博2019」のチケット購入はこちら
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!