お得なクーポン情報の掲載をはじめました

京都の小学生(6歳以上)におすすめの観光スポット9選

もくじ

年間に約5,000万人が訪れる人気観光地・京都。6歳以上の小学生と京都を満喫できるおすすめのスポットを厳選紹介します。

忍者体験や川下りにグルメなど、一度は行ってみたいスポットをピックアップしました。

【イチ押し観光スポット】小学生連れでも楽しめる!

小学生の子供と一緒に京都観光する上でオススメなのは、歴史スポットはもちろん、京都の歴史や地理を楽しく学べる「東映太秦映画村」や「天橋立ビューランド」などです。オススメのポイントも一緒に紹介します。

東映太秦映画村

JR「太秦駅」より徒歩約5分のところにある「東映太秦映画村」は、江戸時代を思わせる街並みを再現したテーマパーク。

テレビや映画の撮影にも使用されていて、江戸時代を舞台にした撮影を見学できるほか、忍者をテーマにした体験型アトラクション、忍者ショー、チャンバラ体験、人気のキャラクターショーなども楽しめます。

小学生以上の子供にとくにおすすめなのは、体験型アトラクションの「からくり忍者屋敷」です。隠し通路やどんでん返しなど、たくさんのからくりが仕掛けられた屋敷内を探検します。

頭と体を使って出口までの通路を見つけ出さないと出られません。アトラクションの料金は3歳〜小学生の子供が400円、中学生以上の大人が500円です。

また、毎日開催される「激突!忍者ショー サスケ」は、3Dマッピングとアクションが融合した忍者ショーです。3Dマッピングの映像と照明効果を駆使して目まぐるしく変化するステージにド派手な忍法が炸裂! 大坂夏の陣を舞台に、猿飛佐助と服部半蔵が繰り広げる死闘には、子供も大興奮間違いなしです。

また、2019年3月16日オープンの「天空クライミング 忍登(しのぼり)」も注目。スポーツクライミングを気軽に楽しめるアトラクションで、高さ約7mのタワーからの眺めは壮観です。

扮装して映画スターや武将気分を味わおう!

「映画やテレビを手掛けているスタッフが、メイクやかつら、着付けをしてくれる時代衣装体験も大人気。本格時代劇の扮装で殿様気分を味わったり、撮影用に使われている鎧を着て戦国武将の気分を体験できます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:嵐電「太秦広隆寺駅」から徒歩約5分
  • 駐車場:あり
  • 入村料:大人2,200円、中高生1,300円、3歳以上1,100円

天橋立ビューランド

天橋立ビューランド」は京都丹後鉄道「天橋立駅」から徒歩約7分の場所にある人気の遊園地。

日本三景の1つでもある天橋立を見下ろす事ができる文珠山(もんじゅやま)の山頂にあります。山の上にある展望所では、海に伸びる天橋立の絶景を堪能できるほか、遊園地も併設されているため、天橋立観光と遊園地を一度に楽しむことができます。

アトラクションで小学生におすすめなのがサイクルカー。レールの上を走る2人乗りの自転車で公園内を一周できます。自転車からは、天橋立の松並木以外にも、阿蘇海なども見ることができます。身長110cm以上から1人乗車が可能で、料金は1人乗車が300円、2人乗車が500円です。

また、展望所には、天橋立が望める手すりつきの股のぞき台が設置されています。股のぞきとは文字通り、股の間から景観を眺めることで、この体勢で見ると天橋立が天に舞い上がる龍のように見えることから「飛龍観」と呼ばれています。

帰りはリフトの一番前がおすすめ!

「入園したらまずは股のぞきをしてみてください。股のぞきで見える風景は天橋立神話に登場する天上世界とも言われているので、きっと運気も上がりますよ。また園内に行くには、リフトかモノレールに乗りますが、おすすめは下りのリフト。一番前の席に座れば、特等席で眼の前に広がる天橋立を見られます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」より徒歩約7分
  • 駐車場:あり
  • 入園料:中学生以上850円、小学生450円

【おすすめ雨の日スポット】小学生連れでも遊べる!

京都観光で雨の日にオススメなのが、「京都水族館」や「京都鉄道博物館」などの知育スポット。どちらも、ここでしか見られない展示を数多くそろえています。

京都水族館

2012年3月にオープンした「京都水族館」は、JR「京都駅」から徒歩で約15分とアクセス抜群。10以上の展示エリアがあり、子供に人気のペンギンやオットセイなどがいるエリアや、生きた化石と呼ばれるオオサンショウウオなどが見られる「京の川」京都の海を再現した「京の海」など、ここならではの見どころがあります。

小学生には、海の生き物たちがごはんを食べる様子を観察できる「フィーディングプログラム」がおすすめ。プログラムは無料で、飼育スタッフがごはんを与える様子を見ながら解説を聞くことができます。開催日時は事前に公式サイトでチェックして出かけましょう。

また、毎日開催しているイルカパフォーマンスも見逃せません。2018年7月にリニューアルした劇場型イルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS」(ラ・ラ・フィンサーカス)は、イルカやトレーナーだけでなくサーカス団のパフォーマーが加わってストーリーが進む新しい形のエンタテインメントとして人気を集めています。

人と生き物のつながりを体感!

棚田がある「京の里山」エリアでは、水路の水が増えて田んぼに水が張られると、魚たちが水路をつたって田んぼに侵入し、卵を産む様子などが見られます。

人と生き物のつながりを感じられるほか、季節による変化も体験できます。

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「京都駅」中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線「丹波口駅」より南へ徒歩約15分
  • 駐車場:専用駐車場なし。ただし近隣に駐車場あり
  • 入館料:大人2,050円、大学・高校生 1,550円、中・小学生 1,000円、3歳以上600円
窓口引換無しの入場楽々チケット
「京都水族館」のチケット購入はこちら

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館」は2016年4月にオープンした京都でも人気の観光スポットです。JR「京都駅」中央口より西へ徒歩約20分で着くのでアクセスも良好。

実物の蒸気機関車や車両、鉄道に関する資料展示をはじめとしたジオラマ運転シミュレータなど鉄道好きの親子にはたまらない充実ぶりとなっています。とくに小学生の子供におすすめなのは、体験展示が充実している点。

2階にある「列車を安全に走らせよう」のコーナーでは、鉄道の安全を守る役割を持つ「ATS」や「ATC」といったシステムの仕組みを知ることができます。模型に搭載されたカメラで運転体験を通して安全について学ぶことができるので、運転士気分も味わえます。

また、運転士が実際に訓練で使用するシミュレータを使って、お仕事体験ができるのも同館ならでは。運転時に携帯するかばんや仕事道具、制服の着用など、いろいろな角度から運転士のお仕事を学ぶことができ、子供の好奇心を刺激する要素がたくさんあります。

また、3階の南側には、花や緑がいっぱいの明るく広々とした屋外展望デッキ「スカイテラス」があります。テラスでは1日を通じて京都を一望できるほか、JR京都線や東海道新幹線、嵯峨野線など多くの走行車両を見ることができる絶好の鉄道ビューポイントとしても人気です。

ブルートレインの食堂車がレストランに!

「体験や展示が一通り終わったら、レストランなどもおすすめです。実際に寝台特急ブルートレインの食堂車として使用されていた車両内で、電車をイメージしたメニューや駅弁なども食べられます。鉄道好きなら一度は食べておきたものばかりです」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「梅小路京都西駅」より徒歩約2分
  • 駐車場:なし
  • 入館料: 一般1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、3歳以上200円

【おすすめ体験スポット】小学生連れで行きたい!

せっかくの京都観光で貴重な体験をするのもオススメ! 川下りをしたり、陶芸体験をしたりすれば、子供も京都の文化や産業について楽しく体験ができます。

保津川下り

JR「亀岡駅」から徒歩約8分のところで体験できる「保津川下り」。美しい峡谷に挟まれた亀岡から嵯峨までの約16kmの急峻な川を90分近くかけて下ります日本最古の川下りとして世界的にも有名で、年間を通じて約30万人の観光客が訪れています。

船頭が漕ぐ船は、時に急流をエキサイティングに、時にのんびりと渡月橋まで下っていきます。また、保津川下りの操船技術は、2017年に亀岡市民俗無形文化財に指定されているので、子供連れでも安心です。

美しい自然も見どころで、春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と季節ごとに楽しめます。ミシュラングリーンガイドでも日本の興味深い場所として1つ星を獲得。トロッコ列車と併走したり、鳥やシカやサルなど自然の生き物に出会えたりすることもあるので、見逃さないようにしましょう。

また毎年3月10日は、「保津舟の日 春のオープン船開幕」というイベントを開催。午前10時代の乗船券は半額になるのでおすすめです。

オフィシャルクリアファイルをもらえる

「乗船受付の際、保津川下りのフェイスブックページやインスタグラムのページに『いいね!』をすると、保津川下りオフィシャルのクリアファイルをプレゼントいたします!」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「亀岡駅」より徒歩約8分
  • 駐車場:あり
  • 入館料:大人4,100円、子供(4歳〜小学生)2,700円

【おすすめ穴場スポット】小学生連れでも快適!

小学生と行きたい観光の穴場スポットは「京都国際マンガミュージアム」と「嵐山モンキーパークいわたやま」。どちらもあまり混み合わず、ここでしかできない経験ができるスポットです。

京都国際マンガミュージアム

地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩約2分の場所にある「京都国際マンガミュージアム」。元小学校の建物を活用したノスタルジックな雰囲気のなか、いろいろな視点でマンガを満喫できる図書館兼博物館です。マンガ本は自由に施設内で読めるので、屋外の芝生スペースに持ち出して寝転がりながらでも楽しめます

2階の「マンガ家の手」の部屋には、イベントなどで来館したマンガ家の世界に1つの石膏手型が飾ってあります。スタジオジブリの宮崎駿さんアンパンマンのやなせたかしさんなど、大御所の手形も多数。知っているマンガ家を探してみるのも楽しいですね。

マンガ万博」コーナーでは、マンガの翻訳語版と、さまざまな国と地域で生まれたコミックスを手に取って読めます。好きなマンガがどの国の言語に翻訳されているかなど、親子で一緒に調べてみましょう。

土・日、祝日はマンガ工房でマンガができあがる工程を見ることができるコーナーなど混み合う場所もあります。子供とゆったりと過ごしたいのであれば、観光を平日や午前中に設定するとのんびりと過ごせます。

各時代の名作マンガが一目でわかる

「どのマンガを読むか迷ったら、2階のメインギャラリー壁面に1945年から2005年までの各時代の名作マンガを設置していますので、そちらを参考にしてみるのもいいかもしれません。ママやパパが昔、夢中になったマンガをお子さんに紹介したり親子で読むのもおすすめです」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池駅」2番出口より徒歩約2分
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人800円、中高生300円、小学生100円

嵐山モンキーパークいわたやま

約120頭のニホンザルが野生の状態で暮らしている「嵐山モンキーパークいわたやま」は、阪急「嵐山駅」から徒歩約5分のところにあります。園内はハイキングコースになっていて、標高160mの頂上にある休憩所からは、京都市内が一望でき、天気がよければ京都タワーまで見渡せます

子供におすすめのポイントは、野生のニホンザルを間近で観察できる点。園内の看板を参考にして順路を歩いていくと、個性豊かなサルやかわいい子ザルが暮らす姿を見ることができます。4〜7月はニホンザルの出産シーズン。その時期に行けば産まれてすぐの赤ちゃんにも出会えるかもしれません。

入り口からサルが集まっている休憩所までは約20分程の道のり。最初の120段の階段がきついものの、そのあとはなだらかな上り坂が続きます。

山頂の休憩所では、1袋100円でサルのエサを販売しているので、休憩所の中からエサやりができます。手を出しておねだりしてくるサルにそっと渡してみましょう。エサの持ち込みは禁止されているので注意が必要です。

記念撮影をお撮りします

「園内には滑り台やブランコ、ターザンロープなどお子さま向けの遊具も設置しております。またご希望の方があれば、お客様のカメラで記念撮影いたしますのでお気軽に職員までお申しつけください」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:阪急「嵐山駅」より徒歩約5分、京福「嵐山駅」より徒歩約5分
  • 駐車場:あり
  • 利用料:大人(高校生以上)550円、子供(4歳〜中学生)250円

【おすすめホテル&宿泊】小学生連れで泊まりたい!

小学生連れで京都観光するときのオススメはアクセスのいいホテル

JR「京都駅」すぐ前の「京都タワーホテル」や、天橋立までクルマで約20分の「ホテル丹後王国」などがオススメです。

京都タワーホテル

JR「京都駅」より徒歩約2分と立地抜群の「京都タワー」。全長約131mの白くほっそりとしたフォルムは、海のない京都の街を照らす灯台をイメージしているとか。京都市街ではもっとも高い建物で、地上約100mのところにある展望室からは、東山に囲まれた古都京都の市街地が360度見渡せます。

そんな京都の顔とも言える「京都タワー」に泊まれるのが「京都タワーホテル」です。

公式サイトから宿泊予約をすると、通常1人770円の展望室入場券がプレゼントされます。また、2004年に京都タワー40周年記念に作られたマスコットキャラクター「たわわちゃん」のベッドやクッション、マグカップが設置されたコンセプトルームは子供連れのファミリーに人気です。

地下3階には大文字山や京都タワーが影絵のように浮かびあがる大浴場があり、旅の疲れを癒しながら京都の風景に思いを馳せることができます。

夕暮れ時の京都の街並みがおすすめ

「四季折々の景色が楽しめるのも京都タワーの魅力です。桜や紅葉、雪景色など、来るたびに様変わりする京都の景色が見られます。また、太陽と建物のライトのオレンジが混ざり合う夕方は、『きらめきの時間』と評され、人気があります。夜景も美しいので時間を変えて何度も見にくる方もいます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「京都駅」中央口から徒歩約2分
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人770円、高校生620円、小・中学生520円、3歳以上150円、障がい者(手帳提示)350円

ホテル丹後王国

京都丹後鉄道「峰山駅」からクルマで約10分の「ホテル丹後王国」。西日本でも最大級の道の駅・丹後王国「食のみやこ」の敷地内にある人気ホテルです。

新鮮な野菜や海産物が揃うマルシェスペースはもちろん、甲子園球場約8個分もの敷地内では、動物のエサやり体験やポニー乗馬、おもしろ自転車、ゴーカート、芝ソリなどが楽しめます。

朝食は家族連れにうれしいビュッフェ形式夕食は丹後の海の幸を取り入れた3つの会席料理があり、小学生向けには「お子様洋食」も用意されています。

部屋は、洋室ツインルームや和洋室、和室の3タイプ。洋室ツインルームは全室からイルミネーションを楽しめます。


小学生の子供連れであれば、ホテルでのんびり夕食をとった後に、大きなハートオブジェのイルミネーション前で記念撮影するのもおすすめです。

素泊まりプランもあるので、道の駅で食事をすることもできます。肉の専門店が作るこだわりのハンバーグやカレー、ローストビーフ丼などは人気で、牛肉100%のBBQバーグはプレートセットでおすすめです!

※宿泊人数により食事はビュッフェ形式でない場合がございます。詳しくはお問合せ下さい

食育プログラムも充実

ママパパも子供と一緒に楽しめるのが、手作り体験教室での「食」の体験パンやクッキー、アイスクリームなどの手作り教室が毎日開催されています。子供が一生懸命に取り組む姿を見たり、親子で1つのことに取り組んだりする時間になります。

親子向け施設情報

  • アクセス:京都丹後鉄道「網野駅」より丹海バスにて、弥栄病院前行き約30分
  • 駐車場:あり
  • 宿泊料:プランにより異なります

小学生が楽しめる京都の観光スポットを紹介しました。家族で京都を満喫するのにおすすめの施設ばかりです。ぜひ参考にしてください。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!