京都の幼児(3~5歳)におすすめの観光スポット12選

もくじ

3歳〜5歳の幼児と京都へ観光旅行にでかけるときにおすすめなのは、京都の雰囲気を味わいながら子供も親もストレスなく過ごせるスポット。注目のスポットを紹介します。

【京都】イチ押し「観光スポット」 幼児連れでも楽しめる!

京都に3歳〜5歳の幼児と観光にでかけるならぜひ訪れてほしいのが、京都の歴史や自然を満喫できるスポット。なかでも「東映太秦映画村」や「天橋立」は家族で1日楽しく過ごせるのでおすすめです。

東映太秦映画村

東映太秦映画村」はJR「太秦駅」より徒歩約5分のところにある人気の映画テーマパーク。江戸時代を思わせる街並みが再現された空間では、映画やドラマの撮影を見学できるほか、忍者をテーマにした体験型アトラクションなども豊富です。

また、3歳〜5歳の子供におすすめのアトラクションの1つが「レーザーミッション脱出の城」。

アスレチックやプロジェクションマッピング、縦横無尽に走るレーザー光線で演出されたハラハラドキドキの8つの罠を突破して忍者砦から脱出しながら時間を競います。アトラクションの料金は3歳〜小学生の子供が400円、中学生以上の大人が500円です。

事前に「忍者衣装貸出処」で忍者衣装を借りて挑戦すればさらに本物の忍者気分を味わえます。子供忍者衣装のレンタル料金は1,000円(保証金2,000円)です。

レストランやお食事処でも子供が楽しめるメニューがたくさんあります。
大人気のチャンバラジュニアのほか、映画村ならではの「いんろうあいす」(300円/税込)や「千両箱ポップコーン」(500円/税込)といった見た目も楽しめる名物メニューが人気です。また貯金箱としても使える御用ジョッキに入った「御用ジュース」(400円/税込)もおすすめです。

エアーの刀で忍者修行!

アトラクションの「忍者修行道場 刀でGO!!」では空気が入った刀を持って忍者修行ができます。シャボン玉や木人(もくじん)を斬りたおしてポイントを競います。

ショップでは布でできた布刀(540円/税込)なども販売されており人気です。

親子向け施設情報

  • アクセス:嵐電「太秦広隆寺駅」から徒歩約5分
  • 駐車場:あり
  • 入村料:大人2,200円、中高生1,300円、3歳以上1,100円

天橋立ビューランド

天橋立ビューランド」は「天橋立駅」から徒歩約7分の場所にある人気の遊園地。日本三景の1つ天橋立を見下ろす文珠山(もんじゅやま)の山頂にある絶景スポットです

幼児連れのファミリーにとくにおすすめなのは、山頂付近のキッズコーナー。ブランコ、クレーンボイジャー、ポップロック、ロディなど小さな子供が大喜びする遊具が設置されています。

また、保護者同伴であればメルヘン気分を味わえるメリーゴーランドや、昔なつかしいSL列車をイメージさせるSL弁慶号なども楽しめます。

「小さなお子さまには土日祝日に園内に登場する当園キャラクターの『ビューくん』や『ランちゃん』との写真撮影もおすすめしています。グッズ売り場ではぬいぐるみなどのオリジナルグッズも販売しているので、気に入ったら手に取ってみてください」(施設スタッフ)

レストランの名物は「宮津風カツハヤシライス」。小さな子供にはジュースつきの「宮津風お子様甘口カツカレーライス」もおすすめです。

2018年11月にはカフェで「天橋立プリン」の販売を開始。カラメルのほろ苦さと甘さがマッチした名物スイーツとして注目です。

飛龍観回廊からの眺望も格別

園内には全長約250m、高さは最大約8.5m、龍のからだをイメージした飛龍観回廊があり、そこから360度のパノラマ風景を楽しめます。

親子向け施設情報

  • アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」より徒歩約7分
  • 駐車場:あり
  • 入園料:中学生以上850円、小学生450円

天橋立

京都丹後鉄道「天橋立駅」から徒歩約5分、「天橋立公園内」に細長い砂嘴(さし)に松が美しく生い茂る「天橋立」があります。陸奥の「松島」、安芸の「宮島」とともに、日本三景とされている特別名勝の1つです。

「天橋立」の名前は、幅約20〜170m、全長約3.6kmの砂浜に大小約8,000本もの松が茂る様子がまるで天に架かる橋のように見えることからつきました。

幼児連れなら、「天橋立公園内」を歩いたり、自転車や船に乗ったり、海水浴場で泳いだり、魚釣り体験をしたりするのがおすすめです。

また、「天橋立公園」は7月中旬〜8月中旬の期間は海水浴場として開放されます。湾内にあるので波が穏やかで、小さな子供も遊びやすいのが特徴です。シーズン中には美しくライトアップされる砂浜も注目です。

天橋立の魅力を最大限に感じられるツアーも

「天橋立」付近には「天橋立ビューランド」をはじめ「智恩寺」、「傘松公園」、「成相寺」などの人気観光スポットが盛りだくさん。ガイドに説明してもらいながら巡るツアーもあるので、天橋立を含む周辺地域を深く知りたい方におすすめです。

親子向け施設情報

  • アクセス:京都丹後鉄道「天橋立駅」よりすぐ
  • 駐車場:なし(近隣に駐車場あり)
  • 入場料:無料

【京都】おすすめ「雨の日スポット」 幼児連れでも遊べる!

京都観光で雨が降ったときに幼児と行きたいのは、駅から近く京都でしか見たり体験したりできない展示がある水族館や博物館です。注目スポットを紹介します。

京都水族館

JR「京都駅」から徒歩約15分、JR「梅小路京都西駅」から徒歩約7分と、小さな子供連れファミリーもアクセスがしやすい「京都水族館」。体験イベントが多い水族館のため、幼児も楽しくいきものたちとふれあえます。

3〜5歳の子供にとくにおすすめなのは、いきものについて学べる体験プログラム。プログラムの内容は季節により変わりますが、2019年2月時点では「わくわく発見!京都水族館いきものブック」を行っています。

これは、オリジナルのいきものブックを持って、たくさんのクイズにチャレンジしたり、見つけたいきもののシールを貼って自分だけのいきものブックを作れるプログラム。国の特別天然記念物であり世界最大級の両生類であり京都水族館オープン当初からの人気展示オオサンショウウオも出題されています。

また、イルカスタジアムでは、水族館の見どころの1つでもあるイルカパフォーマンスがおすすめ。のびのびと泳ぐハンドウイルカたちの息づかいやダイナミックな姿を間近に感じつつ、雨の日でも1日楽しむことができます。

小さい子供がゆっくりできる工夫が満載!

オットセイエリアのコの字型の水槽や、スロープになっているペンギンエリアなど、幼児でもすぐ近くで生き物を観察できる工夫がある水族館です。

ほとんどのエリアが屋内なので雨の日や暑い夏の日でも快適に過ごせるため、小さな子供連れのファミリーも快適に過ごせます。

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「京都駅」中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線「丹波口駅」より南へ徒歩約15分
  • 駐車場:専用駐車場なし。ただし近隣に駐車場あり
  • 入館料:大人2,050円、大学・高校生 1,550円、中・小学生 1,000円、3歳以上600円

京都鉄道博物館

JR「京都駅」の中央口より西へ徒歩約20分。アクセス良好な観光スポットである「京都鉄道博物館」。2016年4月にオープンしましたが、いまや京都でも有名な観光地の1つ。国内最大級の53両もの鉄道車両を保存展示しており、見ごたえ十分です。

体験展示も多く、なかでも3歳〜5歳の子供が喜ぶのは車両の中に乗り込む体験。また、本物の蒸気機関車がけん引する客車に乗車できる「SLスチーム号」は、往復1kmを走る間、蒸気機関車での旅気分を味わうことができると人気です。

幼児が見て楽しめるのは、実物車両の約1/80スケールの鉄道模型を係員が運転する巨大なジオラマです。幅約30m、奥行約10mものジオラマは圧巻です。車両基地などの鉄道に欠かすことのできない施設を再現し、模型の走行を通じて鉄道システム全体を楽しむことができます。

ミュージアムショップには京都鉄道博物館限定のグッズをはじめ、本格的な鉄道ファン向けの商品や小さな子供向けの商品が数多く並んでいます。とくに幼児には「プラレール義経号」が人気です。

500系新幹線展示も注目!

「3歳〜5歳ぐらいの子供には500系新幹線電車が人気です。実際に乗り込んで座ったり写真をとったり、楽しんでいます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「梅小路京都西駅」より徒歩約2分
  • 駐車場:なし
  • 入館料: 一般1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、3歳以上200円

【京都】おすすめ「体験スポット」 幼児連れで行きたい!

3歳〜5歳の幼児と京都観光を楽しむなら、保津川下りなどの自然体験や、着付け体験などが注目。
幼児でも楽しめる体験プログラムのあるスポットを紹介します。

保津川下り

亀岡から嵯峨嵐山まで流れる約16kmの保津川を船で下る「保津川下り」。JR「亀岡駅」から徒歩約8分、または余裕があれば嵯峨野トロッコ列車に乗ってトロッコ「亀岡駅」で下車後、バスや京馬車でもアクセスができます。

年齢制限はなく、小さな子供連れのファミリーも毎年数多く訪れています。
うれしいことに3歳以下は親の膝に座れば乗船無料。ただし急流の時に座席から立つ、船から手を出すなどの行為はNGなので注意が必要です。

川下りの楽しみは、周囲の自然を満喫できるところ。保津川を挟む保津渓谷は四季折々の自然に恵まれ、季節ごとに違った姿を見せてくれます。特に春の桜や秋の紅葉シーズンはたくさんの人が訪れます。

「自然に囲まれているので、鳥や鹿や猿など自然の生き物に出会えるときもあります。舟下りを楽しみながらも、見逃さないように親子で見張っていてくださいね」(施設スタッフ)

12月10日〜3月9日までの冬の寒い時期はお座敷暖房船も出ています。雪が降るなど寒さが心配なときは、暖房で温まりながら絶景を堪能できるのは子連れの親にとってうれしいポイントです。

時期によっては家族でラフティングもできる!

保津川では春から秋のシーズンにラフティングも行っています。小さな子供もいるし激流はちょっと…という家族でも安心! 穏やかな流れを楽しむファミリーコースがあります。亀岡から嵐山までの自然を、保津川下りよりもさらに直接体験できます。

親子向け施設情報

アクセス:JR「亀岡駅」より徒歩約8分
駐車場:あり
入館料:大人4,100円、子供(4歳〜小学生)2,700円

舞妓体験処 ぎをん 彩

舞妓体験処 ぎをん 彩」は美しい舞妓姿に変身体験ができるスポット。元お茶屋だった建物や調度品、京町屋らしい坪庭は、しっとりとした風情があります。店内のスタジオでの撮影はもちろん、舞妓姿が映える場所での野外撮影プランも豊富。朝早めに舞妓体験をしてから、近隣を観光するのもおすすめです。

子ども舞妓プラン」は、年長(115cm以上)から9歳までの子供のいるファミリー向けの大人気プラン。大人の舞妓さんとはちょっと違う「新米舞妓さん」らしく、あどけなさを残しつつ舞妓さんらしいメイクをほどこしてくれます。着付けしたまま京都散歩ができるプランもあるので、ぜひ古都の町並みを舞妓姿で散策しましょう。

七五三の撮影も舞妓さんに変身

子ども舞妓プラン」は、子供のお化粧体験や舞妓さんの衣装、髪飾りなど、いつもと違う雰囲気の写真が撮影できると人気を集めるプランです。家族ご一緒の撮影もおすすめで、お子さまの成長記録や七五三の撮影として、子供の姿を舞妓姿で残していく家族もあります。男の子用の着物撮影もできます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:京阪「祇園四条駅」、阪急「河原町駅」から徒歩約20分
  • 駐車場:なし
  • 撮影料:プランにより異なる

【京都】おすすめ「穴場スポット」 幼児連れでも快適!

幼児連れででかけるなら3歳〜5歳の元気な幼児と一緒にでかけても親にストレスがかからない混み合わないスポットがおすすめ。

「京都モンキーパークいわたやま」や「琴引浜」は人気の観光地でありながら敷地が広く子供を歩かせながらのんびり観光ができるスポットです。

嵐山モンキーパークいわたやま

阪急・京福「嵐山駅」を下車して徒歩約5分のところにあるのが、約120頭のニホンザルが野生の状態で暮らしている「嵐山モンキーパークいわたやま」。園内のハイキングコースを進んでいくと、個性豊かな野生のニホンザルが自然のまま暮らす様子を見られます。

標高は約160m。ニホンザル以外にも野鳥や昆虫、植物なども身近に感じられる自然にふれあうのには格好の場です。春なら桜、秋なら紅葉も見られます。山頂にある休憩所は京都市内が一望できるスカイパノラマ。天気が良ければ京都タワーも見られます。

園内では1袋100円でサルのエサを販売しているのでエサやり体験もできます。サルとのふれあいを楽しんで、山頂周辺の運動場にある遊具で遊ぶのがおすすめの過ごし方。すべり台やターザンロープ、ブランコなどがあります。

「エサやりでは、手を出しておねだりしてくるかわいいサルの姿を見られますので、小さい子供でも怖がらずに挑戦してほしいです。ただし、必ずこちらで販売しているエサだけを与えてくださいね」(嵐山モンキーパークいわたやま/施設スタッフ)

出産シーズンには子ザルに会える可能性も

4〜7月がニホンザルの出産シーズン。この時期に訪れると、産まれてすぐの赤ちゃんザルに出会えるかもしれません。

親子向け施設情報

  • アクセス:阪急「嵐山駅」より徒歩約5分、京福「嵐山駅」より徒歩約5分
  • 駐車場:あり
  • 利用料:大人(高校生以上)550円、子供(4歳〜中学生)250円

琴引浜

京都丹後鉄道「網野駅」から車やタクシーで約12分の京都北部に、鳴き砂で知られる琴引浜」があります。全長約1.8kmの砂浜で、人工物のない自然海岸に心も体も癒されます。

鳴き砂とは汚れのない砂で、砂が乾いているときにその上で足をするように歩くとクックッという音がする砂

もしも訪れたタイミングに砂が濡れているときは、国道178号線にある「琴引浜鳴き砂文化館」がおすすめ。いつでも鳴き砂を体験できるだけでなく、鳴き砂がどんな音で鳴くのか、なぜ鳴るのか、どのようにできたのかなどをスタッフが説明してくれます。

また、微小貝探しコーナーで遊ぶのも楽しみの1つ。砂浜の砂から小さな巻貝を探して見つけたら持ち帰ることができます。単純な作業ですが数時間も没頭してしまう人もいるほどで、始めたら止まりません。貝殻クラフト体験も行っているので、余裕があれば家族で世界に1つのコースターやフォトフレームなど作ってみるのもおすすめです。

一番混みあうのは夏のお盆ですが、文化館があるので春夏秋冬楽しめるようになっています。春は琴引浜で鳴き砂体験、夏は琴引浜で海水浴、秋は文化館で貝殻クラフト体験、冬は琴引浜で貝殻拾い。白砂青松の海岸で、ゆったりとした時の流れを感じてください」(施設スタッフ)

時期によっては露天風呂に入れる!

琴引浜の奥、キャンプ場の下には無料の掛け流し露天風呂があります。脱衣場も屋根もない青空の下にあるお風呂はまさに秘湯そのもの。水着着用が必須で、5月〜10月まで楽しめます。

親子向け施設情報

  • アクセス:京都丹後鉄道「綾野駅」からバスで約10分
  • 駐車場:あり
  • 利用料:大人300円、小中学生100円、幼児無料、障がい者(手帳提示)無料

【京都】おすすめ「グルメ・ランチスポット」 幼児連れに快適

幼児連れで出かけるなら授乳室やキッズスペースが整ったスポットがおすすめ! 注目のお店を紹介します。

和みダイニング D-Light

京都の子連れランチといえば「和みダイニング D-Light」。子供向けのメニューが豊富で、キッズコーナーもあり、小さな子供連れの食事も安心して楽しむことができます。バス停からすぐの場所にあり、アクセスがいいのもポイントです。

キッズメニューには大人気の「おむらいす きっず」(480円/税込)のほか、焼きそば、ハンバーグ、うどんなど、子供向けのメニューが多数そろっています。

キッズスペースは、おままごとキッチン、ブロック、ぬいぐるみなどのおもちゃがあり、3歳〜5歳ぐらいの子供連れでもゆっくりと楽しめるスペースとなっています。誕生日会などのパーティーは貸切りがおすすめです。

ノンカフェインのコーヒーが楽しめる

「キッズコーナーにはプレイマットが引いてあるので、赤ちゃんがハイハイしても安心です。コーヒーはすべてノンカフェインコーヒーに変更もできます。授乳中や妊娠中のお母さんでも安心してコーヒーがお楽しめます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「京都駅」からクルマで約5分  
  • 駐車場:あり
  • 料金:「おむらいす きっず」(480円/税込)など

【京都】おすすめ「ホテル&宿泊」 幼児連れにお得なサービス多数!

幼児と一緒に京都観光をするなら、観光スポットに近い設備の整ったホテルがおすすめ。思いっきり遊んですぐにホテルにチェックインができれば、子供をそれほど疲れさせなくてすみます。

京都タワーホテル

JR「京都駅」より徒歩約2分と立地がよく、小さな子供連れの観光スポットとしてもおすすめの「京都タワー」。地上100mにある展望室は京都市街では一番高く、東山に囲まれた古都京都の市街地が360度見渡せます。

3歳〜5歳の子供と京都観光をするなら、そんな京都タワー内にある「京都タワーホテル」がおすすめ。

小学生以下の幼児連れでの宿泊は、子供の添い寝利用で宿泊費が無料になったり、京都タワーの人気キャラクター「たわわちゃんグッズ」のプレゼントがもらえたりします。また、たわわちゃんのベッドやアメニティが備えられた「たわわちゃんルーム」も子供に人気があります。

また、京都タワービルの商業施設「KYOTO TOWER SANDO(京都タワーサンド)」には、京都土産の定番店から隠れた名店まで55店舗が出店しており、フードコートもあります。

展望室での京都観光、ホテルでの宿泊、ショッピングエリアでのお土産購入と、1つの建物のいろいろなことができるので、小さな子供連れの観光にぴったりのホテルです。

展望室には黄金のたわわちゃんが!

「展望室の『たわわちゃん神社』は京都市街で一番高いパワースポットとも言われています。ご神体はなんと黄金のたわわちゃん。一度お参りしておくと、ご利益がありそうです。また、展望室では無料の望遠鏡も用意していますので、京都市街をよく見ることができます」(施設スタッフ)

親子向け施設情報

  • アクセス:JR「京都駅」中央口から徒歩約2分
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人770円、高校生620円、小・中学生520円、3歳以上150円、障がい者(手帳提示)350円

ホテル丹後王国

西日本でも最大級の道の駅、丹後王国「食のみやこ」の施設内にある「ホテル丹後王国」は、京都丹後鉄道「峰山駅」からクルマで約10分。甲子園球場約8個分もの広大な敷地内は澄んだ空気でいっぱい!

人気の観光地である琴引浜・八丁浜海水浴場までクルマで約15分、天橋立までは約45分とアクセスがいいため観光の拠点としておすすめです。

和洋室も多く、朝食は幼児連れにうれしいバイキングスタイル。夕食は大人には丹後の海や山の幸を楽しめる食事が、子供には洋食のキッズプレートがついたプランが用意されています。

また、道の駅に併設されているため、格安の素泊まりプランを選んで新鮮な野菜や海産物が揃うマルシェスペースで食事をするのもおすすめ。

芝生広場や木製アスレチック、動物エリアなどでは子供が遊べる施設も充実しているので観光地まででかけなくても丹後の自然を満喫できます。

お子様と来られたら、ぜひ手作り体験教室での『食』の体験をしてみてください。パンやクッキー、アイスクリームなどの手作り教室が毎日開催されていて、そこでは子供たちが一生懸命に取り組む姿を見たり、親子で1つのことに取り組んだりする貴重な時間が過ごせます」(施設スタッフ)

ポニーの乗馬、羊のえさやりで動物とふれあい

動物ふれあい牧場では、ポニーや羊、犬、うさぎなどが見られます。ポニー乗馬は一周300円。羊へのエサは、「モナカ」なら100円、「やさい」なら300円です。ほかに小さな動物園もあり、そこではミニブタ、リクガメ、モルモットなども見られます。

親子向け施設情報

  • アクセス:京都丹後鉄道「網野駅」より丹海バスにて、弥栄病院前行き約30分
  • 駐車場:あり
  • 宿泊料:プランにより異なります

3〜5歳の幼児連れでも1日遊んで楽しめる京都の観光スポットを紹介しました。家族で楽しく過ごせるスポットばかり。ぜひ参考にしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!