(c)Disney

【TDL】大規模工事の裏側初公開 「美女と野獣」内部も丸わかり

千葉県浦安市の東京ディズニーランド(以下、TDL)で、2020年春に開業予定の新施設や新アトラクションの名称が決定! 建設中の大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」のメイキング映像も初めて公開されました。

3つのテーマランドにまたがる大規模開発!

総投資額約750億円をかけた大規模開発が行われているTDL。パーク内の全7つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つにまたがるエリアに、大型アトラクションや全天候型エンターテイメントシアター、レストランなどの新しい施設が建設されます

ファンタジーランド」には、人気ディズニー映画「美女と野獣」をテーマにしたエリアが誕生するほか、TDL初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」がオープン! ディズニーのキャラクターたちと一緒に素晴らしい音楽の世界をめぐる旅をテーマに、オリジナルのエンターテインメントプログラムが公演されます。

さらに「トゥモローランド」には、ディズニー映画「ベイマックス」をテーマにした「ベイマックスのハッピーライド」が登場。"ケア・ロボット"が引っ張るライドに乗って、予測不能な動きを堪能できます。

「トゥーンタウン」に誕生する「ミニーのスタイルスタジオ」は、TDLで初めてのミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設です。ファッションデザイナーとして活躍するおしゃれなミニーマウスと写真撮影が楽しめます。


新施設のメイキング映像を初公開!

高さ約30mの「美女と野獣の城」

映画「美女と野獣」をテーマとした新エリアには、高さ約30mの「美女と野獣の城」が誕生します

ベルが住む村を再現したゾーンには、商品店舗「ビレッジショップス」や、レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープン予定!! 壁や屋根など、技術者が細部までこだわって作り上げるパーク内には、まるで映画の世界にいるような風景が楽しめそうですね。

映画の名シーンを堪能できるライド・アトラクション

「美女と野獣の城」内に登場する大型アトラクション「美女と野獣"魔法のものがたり”」は、映画の世界観を堪能できるライド型のアトラクション

ゲストは映画の名曲に合わせて踊るように動くカップ型のライドに乗り込み、ストーリーに沿っていくつもの名シーンを体験できます

実際にダンスをしたり、アイススケートをしているかのように動くカップに乗って、魔法のような世界を堪能できます。

同アトラクションには、ストーリーの世界にゲストを没頭させる工夫が満載! なかでも注目は、登場キャラクターのフィギュアです

ベルや野獣をオーディオ・アニマトロニクスのフィギュアで再現するのは、これが初めて。ディズニーが誇るエンジニアとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのアニメーターたちが力を合わせて制作しています。その中には、1991年公開の映画「美女と野獣」の制作に関わっていた人もいるそうです。

キャラクターのフィギュアは、アニメーションスタジオが制作したアニメーションを使用してプログラミングされます。さまざまなチームが協力して命が吹き込まれたフィギュアは必見です!

同アトラクションのオープンは、2020年春の予定です。人気映画の世界観を堪能できるアトラクションや新エリアの誕生が今から待ち遠しいですね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!