お得なクーポン情報の掲載をはじめました

巨大空中ネットアスレチックと空中自転車スポットオープン見どころを完全紹介!

もくじ

2018年8月、長野県白馬山麓の栂池高原スキー場内に、「Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!(エクストリーム アベンチャーズ ハクバ ツガイケ ワオ!)」がオープン!

日本初の空中自転車綱渡りをはじめ、日本最大規模級の3層式ネット型アクティビティ水上アスレチックなどを1カ所で満喫することができる大型施設です。美しい大自然の中で、大興奮の体験を満喫できます。

今回は、実際に同施設のアクティビティを体験し、施設の魅力や見どころを徹底レポートします。

「Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!」とは?

「Xtrem Aventures」は、フランス生まれのアドベンチャー施設で、全世界15カ国156カ所にある大人気のアドベンチャーです。日本初上陸となる「Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!(エクストリーム アベンチャーズ ハクバ ツガイケ ワオ!)」で楽しむことができるのは、全9つのアクティビティ

三層式ネット型アクティビティ「アミダス」のほか、空中自転車綱渡り「コギダス」、エアチューブスライダー「トビダス」、プチバンジージャンプ「フミダス」、クライミング「カベダス」など、9アクティビティ・50種類以上のコンテンツで遊べます。2018年の営業は、10月31日(水)までです。

三層式ネット型アクティビティ「アミダス」の見どころとポイント

三層式ネット型の「アミダス」は、各フロアで異なる3種類のアクティビティが楽しめるネット型アドベンチャー。年齢制限はありませんが、小さな子ども連れの場合は保護者の同伴が条件です。

最上階の3層目は巨大なエアボールやネットトランポリンが楽しめます。2階層目と1階層目では合わせて約50種類の空中アスレチックができます。最大収容人数は150人。チケットは2時間の時間制限があるので、混みすぎてぶつかったり、遊べなかったりということが極力ないように配慮されています。

  • 3層目:空中トランポリン
  • 2層目:吊橋や空中ボルダリングのある空中アスレチック
  • 1層目:多彩なターザンロープのある空中アスレチック

各階層それぞれに入り口と出口があり、3階層目はネットを登って到達するのもなかなかの難所。取材当日は、地元の小学校の子どもたちが訪れていましたが、入り口のネットも一度に大勢登ると危ないため、一人ひとり順番を守って登っていました。

「上の階層に行くほど揺れが大きくて、興奮するよ!」(小6・男の子)、「高いところで吊橋を渡るのはドキドキわくわくした! 落ちないように注意したけど落ちてしまって、『危ない!』って思ったらネットが張ってあるから大丈夫だった!」(小6・女の子)など、全力で思いっきり楽しんでいました。

白馬観光開発 和田寛社長は、「セーフティネットが張られているため、高所のアスレチックでも重たい安全具をつけずに楽しめるのは、このアスレチックの魅力の一つです。季節によって変化をする白馬の大自然の中、親子で思いっきり楽しんでほしいですね」と魅力を明かしてくれました。

自分で思いっきり遊べる小学校高学年なら3階層目からどんどん下の階層へ、小学校低学年ならまずは2階層目で様子を見て3階層目や2階層目へ、未就学の子ども連れなら1階層目から挑戦し、少しずつ上の階層へ進んでいくなどの遊び方がおすすめです。

「アミダス」のアクティビティ詳細

  • 料金:大人2,500円(税込)/小人2,000円(税込)
  • 対象:年齢制限なし(小さな子どもは保護者の同伴が条件)

空中自転車綱渡り「コギダス」の見どころとポイント

日本初の空中自転車綱渡り「コギダス」は、地上10mの高さから、片道約140mの湖の上を往復するアクティビティです。アクティビティ総合タワーの「トビダス・タワー」から出発し、所要時間は10分程度。

安全具やヘルメットを装着しますが、細いロープの上をサイクリングするのは普段とは違う感覚で大興奮! 利用条件は26インチの自転車に一人で乗車できること。

タイヤは特殊な形状で、ワイヤーから外れにくい構造になっています。勇気を振り絞って最初のひとこぎをすると、スルスルとワイヤーの上を自転車が動き始めます。

「立ちこぎ・急ブレーキ・急発進」は危険なので禁止です。取材時はトンボがワイヤーの上に何度も止まり、ブレーキをかけたくなるのをじっとこらえましたが、真ん中あたりまで進むと景色を楽しむ余裕が生まれました。

白馬の大自然で風や日差し、また季節によって表情を変える山々を見ながら全身で自然を感じられるアクティビティです。

「コギダス」のアクティビティ詳細

  • 料金:大人1,000円(税込)/小人1,000円(税込)
  • 対象:26インチの自転車に乗れること

スライダージャンプを味わう「トビダス」の見どころとポイント

「トビダス」は、約12mの高さから、エアチューブに乗って滑り降り、エアバックの上にスライダージャンプをするアクティビティ。ヘルメットを装着してエアチューブに乗ると、「チューブの手すりをギュッとつかんでください」というスタッフの声とともに、猛スピードで滑り降ります。

「滑るまでは大丈夫かなとドキドキしたけど、最高に楽しかった!」(小学生・男の子)。大人だけでなく、子どもでも楽しめるアクティビティです。

「滑るまでは大丈夫かな。とドキドキしたけれど最高に楽しかった!」(小学生・男の子)
疾走感と迫力を楽しめるアクティビティです。

「トビダス」のアクティビティ詳細

  • 料金:大人2,000円(税込)/小人1,500円(税込)フミダスの料金も含む
  • 対象:8歳以上

バンジー体験「フミダス」の見どころとポイント

「フミダス」は、安全具をつけてタワー上部からバンジージャンプで飛び降りるアクティビティです。

そのほかにも、タワーの2階部分からエアバックに飛び降りるアトラクションなども続々とオープン予定。

「コギダス」や「トビダス」ができる「トビダス・タワー」からは、たくさんの空中アクティビティが楽しめます。「1日でこんなにたくさんの『高い場所での初めて体験』ができるスポットはこれまで体験したことがありません!」(小4の女の子のママ)という声も!

「最上階から滑り降りる『トビダス』はエアチューブに乗ったらスタッフの人がスタートをさせてくれたけれど、エアバッグの上へ飛び降りるのは2階からでも自分でタイミングをはかって飛び降りるのは勇気がいりました」(小4・女の子)

「子どもだけでなく、親の方も初めての体験が多く、子どもと同じスタートで本気で一緒に楽しめました!」(小学生男の子のパパ)

※「フミダス」の料金は「トビダス」に含まれています。


水上アスレチック「ポチャダス」の見どころとポイント

夏シーズンには、湖で水上アクティビティ「ポチャダス」も開催されます。

ライフジャケットをつけてアスレチックや滑り台を満喫できる長野県初の水上フロートアクティビティとして注目を集めています。

「ポチャダス」のアクティビティ詳細

  • 料金:大人2,000円(税込)/小人1,500円(税込)
  • 対象:年齢制限なし(小さな子どもは保護者の同伴が条件)

食事満喫「タベダス」の見どころとポイント

ランチは「アミダス」を見られるデッキでの「タベダス」バーベキュープランがおすすめです。

地元の野菜とダッチオーブンで焼き上げたジューシーなお肉を堪能できます(要予約)。バーベキューには「本格バーベキュープラン」4名以上で1人4,000円(税込)、「手ぶらでBBQ肉好き女子会プラン」2名以上1人2,500円(税込)といったメニューもあります。

Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!の場所・アクセス・料金

Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!があるのは、長野県北安曇郡にある栂池高原スキー場内です。

施設に行くには、ゴンドラの栂池高原駅でクルマを停めて、ゴンドラの中間駅の白樺駅で下車します。

ゴンドラからロープウェイに乗り継いで、さらに登っていくと中部山岳国立公園「栂池自然園」があります。

夏休みやGWなどの長期の休みには、1日目はXtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!で、2日目は栂池自然園のハイキングを楽しむなどの過ごし方もおすすめです。

Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW!のチケットは、アクティビティごとに選べるほか、セットでの販売もあります。「アミダス・トビダスセット」券が一番お得なので、思いっきり楽しみたい場合はこちらがおすすめです。

料金詳細

  • アミダス トビダス セット:大人3,500円(税込)/小人3,000円/3時間有効
  • アミダスのみ:大人2,500円(税込)/小人2,000円(税込)/2時間有効
  • トビダスのみ:大人2,000円(税込)/小人1,500円(税込)/2時間有効
  • ポチャダスのみ:大人2,000円(税込)/小人1,500円(税込)/3時間有効
  • コギダス追加:大人1,000円(税込)/小人1,000円(税込)/1回券

また、ロープウェイとゴンドラがセットになった往復チケットは、栂池事前園の入園料がセットになって大人3,600円(税込)、子ども2,050円(税込)。発行日を入れて3日間有効なのもうれしいポイント。

家族で白馬の大自然を感じながら、ここでしか体験できない遊び満喫の最新スポットに出かけてみましょう。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。