お得なクーポン情報の掲載をはじめました

都内で1日プール三昧! キッズ向け&アスレチック&イルミも!

東京都あきる野市にある人気プール「東京サマーランド」が、プールの夏期営業をスタート。2018年は7月1日(日)〜9月30日(日)に、夏季限定の屋外プール「アドベンチャーラグーン」が楽しめます。遠浅プールやミニスライダーなど、子ども向けのプールやアトラクションが盛りだくさんです。

屋外と屋内の2つのエリアで遊べる!

東京サマーランドは、プールや遊園地、スポーツ施設などがあり、親子で1日中遊べるテーマパーク。プールの夏期営業では、夏季限定の屋外プール「アドベンチャーラグーン」と、南国ムードあふれる屋内プール「アドベンチャードーム」の両方を楽しむことができます。夜間には、各プールエリアをイルミネーションで彩る「絶景!ナイトプール」が開催されます。

子ども向けの遠浅プールやミニスライダー!

屋外プール「アドベンチャーラグーン」には、日本最大級の流れるプール「グレートジャーニー」をはじめ、ビーチのような「ファウンテンビーチ」、冷えた体を温める温浴プール「スプリングハウス」など、バラエティ豊かなプールがそろいます

水深の低い遠浅のプール「キッズベイ」や、子どものスライダーデビューに最適な「キディスライド」など、小さな子ども向けのコンテンツが充実しているのもうれしいポイントです

探険スポットは子どもたちに人気!

さらに、アスレチック気分で身体を動かして遊べるコンテンツも充実! 浮島を渡ってプールを横断する「モンキーフロート」や、岩登りやトンネルくぐり、つり橋、滝滑りにチャレンジできる「アドベンチャーフォール」、霧ジェットや水鉄砲、スライダーのほか、頭上から総量1.2tの水が一気に落下するプレイエリア「アクアファン」は、子どもに大人気のスポットです。


屋内エリアにもアトラクションが充実!

屋内プール「アドベンチャードーム」には、幅約20mの巨大プール「コバルトビーチ」をはじめ、地底湖を思わせる地下プール「湯遊大洞窟」、長さ約32mのウォータースライダー「Tiki(ティキ)スライド」、ゆったりくつろげる温水プール「軟水ジャグジー」など、天候を気にせず遊べるプールがいっぱい!

頂上のバケツから大量の水が降り注ぐ探険スポット「ロックビーチ」や、バナナやスイカなどカラフルなフルーツでいっぱいのプール「フルーツアイランド」は、子どもに大人気! ミニトレイン「アドベンチャートレイン」や、不思議な鏡の迷路「みらーめいず」などのアトラクションを楽しむこともできますよ。

■東京サマーランド プール営業(夏季期間)
開催期間:
2018年7月1日(日)〜9月30日(日)
営業時間:日にちによって異なります
※詳細は公式ウェブサイトをご確認ください
定休日:期間中無休
料金:【入園券(入園+プール)】大人(中学生以上)3,500円、小学生2,500円、幼児(2歳以上)1,800円【フリーパス券(入園+プール+のりもの乗り放題)】大人(中学生以上)4,500円、小学生3,000円、幼児(2歳以上)2,000円
※15時から販売される「時間割引」、17時から販売される「ナイト券」もあり

イルミネーションで輝く夜のプール!

また、7月14日(土)〜9月9日(日)の期間には、「空気・水・光」をテーマにした「絶景!ナイトプール」が開催されます

同イベントは、世界の絶景をテーマに演出されたイルミネーションが彩るプールで夜まで遊べるというもの。イタリアの「青の洞窟」、シンガポールの「クラウドフォレスト」、タイの「コムローイ祭り」、日本の「藤棚」、アイスランドの「オーロラ」、韓国の「月光レインボー噴水」、ロシアの「氷の洞窟」、イギリスの「ロンドンアイ」の8つの絶景をイメージしたイルミネーションが登場します。

朝から夜まで親子で1日中楽しめる「東京サマーランド」。夏休みにぜひ親子でおでかけしてみましょう。

■絶景!ナイトプール
開催期間:
2018年7月14日(土)〜9月9日(日)
※7月17日〜20日は除く
営業時間:9:00〜20:30(8月1日〜31日は21:00まで)
※プールの利用は全期間20:00まで
※日没に合わせて点灯が開始されます

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!