関東の大規模プールがOPEN 子ども向け水上アスレチックも新登場

千葉県最大級のプール施設「蓮沼ウォーターガーデン」が、2018年7月7日(土)から今年の営業をスタートしました。今年は、子ども向けのアトラクションが増設&リニューアルされ、内容もパワーアップ。9月17日(月・祝)まで楽しめます。

プールも海も両方楽しめる!

都心から車で約1時間半の千葉県山武市にある「蓮沼ウォーターガーデン」は、東京ドーム約1.5倍の広さの敷地に合計19のプールとアトラクションが集結した関東屈指の人気プール

流れるプールや波のプールをはじめ、スリル満点のスライダー、子ども向けのアトラクションなど、親子で1日中遊べるコンテンツが満載です。また、九十九里浜に面している同施設では、海との出入りも自由! プールと海を両方楽しめる人気スポットとなっています

子ども向けのアトラクション3つが新登場!

今年は新たに、子ども向けの新アトラクションを増設! 全長25m、全12種19個のバルーンを組み合わせたプールに浮かぶ巨大遊具「水上アスレチック」と、小さな子どもが無料で滑れる「チビッコスライダー」が登場します

さらに、水のからくり工場をテーマに7種の仕掛けを盛り込んだ「ジャブリンタウン」がリニューアルして登場します

そのほか、昨年オープンした2歳の子どもから楽しめる水遊びスペース「トドラーキッズスペース」もおすすめ! 巨大なバケツから大量の水が降り注ぐ「スーパースプラッシュ」や浮き輪に乗って滑り降りる「マウンテンストリーム」など、各所に楽しい遊びがいっぱいです。


スリリングなスライダーで大興奮!

子ども向けアトラクションが充実しているほか、スリル満点のスライダーも豊富な同施設。身長120cm以上であれば、4種のアトラクションが連続した全長182mの巨大ウォータースライダー「スプラッシュシェイカー」が楽しめます

ほかにも、九十九里浜を見下ろす高台から渓流を一気に滑り降りる「渓流くだり」や、スタートから一気に垂直落下する「サンダースライダー」、曲がりくねったチューブの中を滑る「トルネードツイスト」など、スリリングなスライダーが盛りだくさん!

子どもから大人まで1日中楽しめそうですね。ぜひ親子でおでかけして、楽しい夏の思い出を作りましょう。

■蓮沼ウォーターガーデン
開催期間:2018年7月7日(土)〜9月17日(月・祝)
時間:9:00〜17:00
※8月11日(土)〜16日(木)は18:00まで営業
定休日:7月9日(月)〜13日(金)、17日(火)〜20日(金)、9月の平日
場所:千葉県山武市蓮沼ホ368-1
料金:大人1,700円、高校生1,000円、小中学生400円、幼児(4歳以上)200円
※アトラクションによって別途有料の場合があります

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。