お得なクーポン情報の掲載をはじめました

子連れランチにおすすめ! 千葉県の遊べるキッズカフェ(親子カフェ)5選

小さい子どもと飲食店に入ると、さわいだり走ったりして周囲に迷惑をかけないか、いつも心配ですよね。子連れ大歓迎のキッズカフェ(親子カフェ)なら、子どもを遊ばせながらパパやママはゆっくりと食事やお茶を楽しめます。今回は千葉のキッズカフェやコミュニティカフェを集めました。

キッズカフェ・親子カフェ特集2018

西船橋の親子カフェ Hedgehog the Rainbow

JR西船橋駅から徒歩4分のところにある親子カフェ。フリードリンク制で食事の持ち込みOKです。スタッフが赤ちゃんを見守ってくれるので、パパやママはゆっくりと食事やお茶の時間がとれます。また、お誕生日会などで、お店を貸し切って使うプランも対応可能です。

店内のキッズスペースには、0〜3歳までの子ども用のおもちゃが30種類以上。写真にある木のおもちゃや知育玩具のほか、ボールプールなどでも遊べます。

店員さんが最初からフレンドリーで子供をおもちゃコーナーに連れ出して遊んでくれたので、思わぬ自分の時間ができた。久々にお茶飲みながら本を読むなんて時間を持てたりしてよかった。retaroさんの口コミ
retaroさんの口コミ

石井食品 コミュニティハウス Viridian

ミートボールやハンバーグなどで知られる、石井食品の本社にあるカフェ。キッズスペースがある店内で、石井食品の直売店で買った商品を、その場で温めて食べられます。食器の貸し出しもあるので、持ち込みも可能。

また、レストランでは石井食品の商品を使用したランチや100円コーヒーなどを販売しています。キッズスペース付近の席は限りがあるので、電話予約をしていくのがおすすめです

さらに大型キッチンスペースの壁がホワイトボードになっており、自由にお絵かきができるのも特徴。セミナーなどで大型キッチンスペースが使われていることもあるので、こちらがお目当ての場合は事前に電話で使用予定を確認しておくと安心です。


キッズスペースにはキッチンセットやおもちゃ、絵本もたくさんあって、2歳児はひとり遊びに夢中になってくれました。遊んでる子どもの隣で、親はゆっくりランチやお茶できます。darunekoさんの口コミ
darunekoさんの口コミ

スキップキッズ伊勢丹松戸店

キッズスペースとカフェスペースが併設された親子カフェ。店内は靴を脱いで入店するようになっており、ハイハイをする赤ちゃんでも過ごしやすく工夫されています。乳児用のスペースやオムツ交換室、授乳室も用意。

店内のキッズスペースには、ジャングルジムやボールプールがある立体遊具があります。キッズスペースに隣接した席では、子どもの様子を見ながらお茶や食事を楽しむことが可能です。

■スキップキッズ伊勢丹松戸店
千葉県松戸市松戸1307-1 伊勢丹松戸店 新館2階


キッズカフェ すまいるぱーく

緑色のじゅうたんと空をイメージした天井と壁、ウッドチェアとテーブルなど、「公園」をコンセプトにしたキッズカフェです。10時から夕方までの時間帯はもちろん、金・土・日・祝日は21時まで営業しているというのもうれしいところ。

店内のキッズスペースには、滑り台やボールプールなどがあります。また、キッズメニューの「お子様ランチ」は、豊富なメニューから好きなものをチョイスする形式。低アレルゲンの「お子様カレー」やミートソースパスタ、オムライスなどもあります。

OOSAWA GARDEN

120坪の広い敷地を活かし、学童保育のサービスと親子カフェを併設した複合施設で、親子カフェは平日の10時〜14時まで営業しています。飲み物は1杯200円、キッズスペース利用料は一家族300円とリーズナブル。離乳食や子ども用の水筒、食べ物の持ち込みもできます。

広いキッズスペースには、ままごとセットや滑り台、ぬいぐるみなどがあり、カフェからは窓越しに遊んでいる子どもの様子を見られます。

■OOSAWA GARDEN
千葉県八千代市勝田台北2-23-1

コミュニティカフェ Rindow(リンドウ)

民間非営利学童保育園「凛童舎」の空き時間を利用し、2018年1月より予約制で運営しているコミュニティカフェで、平日の10:00〜15:00で予約を取れます。

会員以外のビジター利用の場合の料金は午前パック(10:00〜12:30)、午後パック(12:30〜15:00)または90分以内の利用で、大人300円、子ども200円(0歳児は常に無料)。閉店まで時間無制限で大人500円、子ども300円。(0歳児は常に無料)です。どちらの場合も合計の利用料金が2000円以上になるグループであれば予約できます。

玄関で靴を脱いであがるため、ハイハイの赤ちゃんも安心。子ども用のおもちゃのほか、絵本は200冊以上も用意されています。

隣室の個室ではリフレクソロジーやハンドマッサージ、スイーツデコ講座、ストーンアクセサリー作り講座などを実施。子どもの古着やママの手作り作品などの販売もあります。

キッズメニューに力を入れていたり、週末は遅い時間まで営業していたりと、さまざまな特長を持ったキッズカフェ(親子カフェ)が続々と登場しています。そのほかのキッズカフェが気になる方は、ぜひ「いこーよ」で検索してみてください。

キッズカフェ・親子カフェ特集2018
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。