お得なクーポン情報の掲載をはじめました

関西のトリックアート&3Dアート施設5選 個性的&変わり種も!

誰でも簡単におもしろくて不思議な写真が撮れちゃう「トリックアート」。普段とは少し違う家族写真の撮影にもおすすめです。今、関西ではこのトリックアートが密かなブームになっています! そこで今回は、関西エリアの注目トリックアート&3Dアート施設を厳選して紹介します。

おもしろ写真に夢中! 関東のトリックアート&3Dアート施設9選

神戸トリックアート 不思議な領事館(兵庫県)

神戸・北野異人館のひとつ「神戸トリックアート 不思議な領事館」は、明治後期に建てられ、戦後はパナマ領事館として使用されていた建物を利用したアート館です。見て、触って、写真を撮って遊べる、異人館の中では珍しいアミューズメントスポットです

内部は、全員参加型の遊べる空間になっていて、神戸牛のステーキなどをモチーフにした「神戸オリジナルシリーズ」や「アドベンチャーワールド」、「錯視の世界」、「迷宮の部屋」など6つのテーマにわかれています。

トリックアートを楽しんだ後は、シャーロック・ホームズの部屋を再現した「英国館」や「うろこの家・うろこ美術館」など、異人館巡りもおすすめです。異人館のシンボル的存在「風見鶏の館(旧トーマス住宅)」近くの市民トイレにオムツ替え台があります。

■神戸トリックアート 不思議な領事館
住所:神戸市中央区北野町2-10-7
開館時間:4月1日〜9月30日は9:30〜18:00、10月1日〜3月31日は9:30〜17:00
※最終入館はそれぞれ30分前まで
休館日:なし
料金:大人(中学生以上)800円、小学生以下200円、未就学児無料

太陽公園 リアクションアート(兵庫県)

兵庫県姫路市にある「太陽公園」は、世界の歴史的建造物を再現した「石のエリア」と、ドイツのノイシュバンシュタイン城を再現した「白鳥城」を見学できる「城のエリア」の2エリアにわかれた広大なテーマパークです。

「リアクションアート」は「白鳥城」の4階にあります。お城まではモノレールに乗っていくので、ベビーカーでも安心ですね。

UFOに連れていかれそうな作品やキューブの上でバランスをとる作品などが展示されています。

また、「リアクションアートアカデミーショー」も開催。トリックアートで撮影して、写真を応募すると、豪華賞品が当たります。携帯やスマホのカメラでもOKなので、親子で気軽に参加してみてください。

■太陽公園 リアクションアート
住所:兵庫県姫路市打越1342-6
開園時間:9:00〜17:00(入園受付は16:30まで)
閉園日:不定休
料金:大人(高校生以上)1,300円、小・中学生600円、小学生未満無料

白浜エネルギーランド トリックアートハウス(和歌山県)

南紀白浜にある体験型テーマパーク「白浜エネルギーランド」。施設内は、「驚きの映像エリア」「不思議な森エリア」「体感迷宮エリア」の3エリアにわかれています。トリックアートハウスは「不思議な森エリア」内にあります。

普通の美術館とは違い、作品に触れて、作品と一緒に撮影ができる参加型アート空間。鬼の口に入ってヒヤヒヤしたり、ゾウとのシーソーではしゃいだり、大人から子どもまで楽しめる愉快なトリックがいっぱい! 作品はすべてペンキで描かれているんですよ。

施設内は授乳室やベビーベッドも完備してあり、小さな子ども連れでも安心です。階段が多いので、抱っこひもがあると楽に移動ができますよ。敷地内から湧き出た温泉を利用した「足つぼ足湯」で、遊び疲れたらリフレッシュしてくださいね。

■白浜エネルギーランド トリックアートハウス
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3083
営業時間:9:30〜17:00(最終入館は15:30)
※季節によって変動ある、公式サイトでご確認ください
休館日:火曜(春・夏・冬休み期間、GW、祝日の場合は営業)
※5月、11月〜1月にメンテナンス休館あり
料金:大人(高校生以上)1,800円、小・中学生1,200円、3歳以上500円
※上記は「SUPER 3D 360エネゴンシアター」「迷路」「イベント」を除く9つのアトラクション代含むパスポート料金


東映太秦映画村 太秦トリックアートの館(京都府)

時代劇の世界にタイムスリップしたかような体験ができる「東映太秦映画村」。施設内には、和をテーマにした不思議なトリック写真が楽しめるアートギャラリー「太秦トリックアートの館」があります。「忍者衣装貸出処」で忍者に変身して、一風変わったおもしろ写真が撮影できるスポットです!

村内は、子ども用設備も整っていて安心して遊べます。昔の町並みが再現された村内の散策や、刀とアスレチックが融合したアトラクション「忍者修行道場 刀でGO!!」に挑戦もおすすめです。キャラクターショーもお見逃しなく!

■東映太秦映画村 太秦トリックアートの館
住所:京都市右京区太秦東蜂岡町10
開館時間:3月〜7月・9月は9:00〜17:00、土・日曜、祝日は9:00〜18:00/8月は9:00〜18:00/10月・11月は9:00〜17:00/12月〜2月は9:30〜16:30、土・日曜、祝日は9:30〜17:00
※最終入館はそれぞれ1時間前
※GW、夏・冬休みは時間延長あり
休館日:2019年1月21日(月)〜25日(金)
料金:大人(中学生以上)500円、小学生〜3歳400円
※入館料として大人2,200円、中高生1,300円、3歳以上1,100円が別途必要です

おみぞ筋トリックアートストリート(兵庫県)

兵庫県のJR姫路駅から姫路城に向けて通る「おみぞ筋商店街」には、道路をはじめアーケードの天井や柱、壁面、シャッターなど20カ所以上にトリックアートがずらり!

姫路城のアートはもちろん、ゾウやイルカが飛び出してきたような迫力あるアートなど、商店街のあちらこちらにあります。さらに、シャッターが閉まっている時にしか見られないレアなトリックアート作品もあります。見かけたらぜひ撮影を!

商店街通りには「子育てほっとステーション」があり、オムツ替え台やミルク授乳の給湯も完備されています。小さな子ども連れでも安心ですね。

■おみぞ筋トリックアートストリート
住所:兵庫県姫路市呉服町59
料金:無料

その土地ならではのトリックアートが描かれていたりと、地域性を感じられる個性的な作品がたくさんです。テーマパークの常設展示から商店街の壁やシャッターに描かれたものまで、規模もさまざまあるので、ぜひ家族でお出かけしてみてくださいね!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。