「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」向けのスキル、いこレポ 〜おでかけニュース〜 の配信をはじめました。

【函館】GWにおすすめの花見スポット9選 親子で楽しめる人気&名所&穴場情報が満載

もくじ

人気の観光地・函館は、北海道の中で最も早く桜が開花するエリア。例年ではゴールデンウィーク(GW)頃に見頃を迎え、この時期なら花見と観光が両方楽しめます。今回は、函館市内の名所から北海道唯一の城下町・松前町までのおすすめの花見スポットを紹介します。

函館公園

美しく整備された園内に、ソメイヨシノを中心とした約400本の桜が咲き誇る「函館公園」。動物施設やミニ遊園地、噴水広場などがあり、子ども連れに人気の公園です。

園内には起伏があり、さまざまな角度から桜を眺められます。起伏の高低差は緩やかなので、ベビーカーでの移動も安心です。レジャーシートを広げてゆっくり楽しみたいなら、芝生の広がる噴水広場へ。ただし噴水広場は混み合いますので、早めに場所を確保するのがおすすめです。

シーズン中は屋台が立ち並び、花見電飾も行われます。日没後は提灯に照らされた夜桜を見ながら、屋台のグルメを楽しむのもいいですね。とはいえ、函館山の麓とあって気温が低いため、夜に訪れる場合は少し厚着をして出かけましょう。

併設されているミニ遊園地「こどものくに」で遊ぼう!

函館公園には、低年齢の子どもでも楽しめる比較的小さな遊具が並ぶレトロな遊園地が併設されています。日本最古の観覧車もあり、チケット制で1枚300円。入園料は無料です。


五稜郭公園

国の特別史跡で、一般開放されている「五稜郭公園」は、函館随一の桜の名所として知られています。約1600本のソメイヨシノが植えられ、函館の桜の標本木もあります。

五稜郭公園を訪れたら、ぜひ隣接する五稜郭タワーに登りましょう。ガラス張りの展望階から、桜で縁取られた見事なピンク色の星型を見られます。展望料金は大人900円、中高生680円、小学生450円、未就学児は無料です。

桜の開花時期の園内は、散策する人や貸しボートで堀から桜を眺める人など、思い思いに花見を楽しむ人で賑わいます。桜の下でジンギスカンを楽しむ姿は、函館の春の風物詩。例年19時〜21時(土日祝は22時まで)まで花見電飾が行われ、園内で火を使用できるのは花見電飾期間のみとなります。

手ぶらでジンギスカンを楽しめる「五稜郭の花見プラン」

花見電飾の期間に合わせ、五稜郭タワー2階のサンフレッシュサービスでは、カセットコンロなどの機材一式がセットになった「お花見ジンギスカンセット」やオードブルなどを予約制で販売しています。昼の部は11時〜15時、夜の部は17時〜21時の利用。詳しくは、公式サイトをご確認ください。

見晴公園(香雪園)

明治期に造成された風景式庭園「香雪園(こうせつえん)」を含む、約4万坪の広大な公園。紅葉の名所として有名ですが、GW頃には梅や桜が咲いて春の行楽にピッタリです。

茶室風の園亭やレンガ造りの温室、渓流などが配された公園に、約500本の桜が点在する純和風の景観が特徴です。自然が豊かで桜以外にもさまざまな植物を見られるほか、珍しい野鳥やリスなどに出会えることもあります。

芝生の広場やグラウンド、アスレチック遊具があるのも、子ども連れにはうれしいポイント。管理事務所「緑のセンター」には、多目的トイレや休憩スペースがあるので、小さな子どもと一緒でも安心です。

園内で見つけた動植物を調べられる!

「緑のセンター」には、園内で見つけた野鳥や野草、樹木などについて調べられるパソコンや本が設置されているので、好奇心おう盛な子どもにおすすめ。一緒に調べて動植物について理解を深めましょう。

元町配水場

今なお一部の地区に配水を行う「元町配水場」は、国内で2番目に創設された近代水道。敷地が一般開放されており、比較的観光客が少ない穴場スポットです。函館山の麓にあるため、例年市街地よりも2〜3日遅く開花します。

桜の本数は多くありませんが、桜とともに街並や津軽海峡を一望できます。散策路が整備されているほか噴水広場やベンチもあり、ゆっくりと静かに桜を楽しみたい方におすすめです。

噴水広場からさらに奥へ進み、石段を上っていくと樹齢百年以上の古木「百年桜」があります。幹の周囲は約4m、枝の幅約20m、高さ約13mと大きく、枝の端々まで花を咲かせた満開時の姿は見事です。看板などがないのでわかりにくいですが、訪れた際にはぜひ百年の歴史を感じてみてください。

函館山ロープウェイからも桜を楽しめる!

元町配水場は函館山ロープウェイ山麓駅のすぐそばにあり、ゴンドラに乗車すると進行方向に函館山、振り返ると教会群や津軽海峡、足下に桜が広がるこのシーズンならではの景観を楽しめます。乗車料金は往復で大人(中学生以上)1280円、子ども640円、2歳までは無料。3歳以上の未就学児は大人1人につき1人無料で、2人から子ども料金となります。

桜ヶ丘通り

五稜郭エリアの近く、松陰町から柏木町にかけての住宅街にある約800mに及ぶ桜並木です。両脇に植えられた約100本の桜が、見事な桜のトンネルを作り出します

近隣の住民が大切に守り続けており、今では桜の名所として有名に。多くの見物客や車が訪れるため、通行には十分気をつけましょう。市電電停「柏木町」から徒歩で約5分と近いので、公共の交通機関を使うのがおすすめです。

街灯に照らされた夜の桜並木もおすすめ!

桜ヶ丘通りは夜間のライトアップはされていませんが、街灯や月明かりにほのかに照らされた姿は閑静な住宅街とマッチします。周辺は一般住宅街なので、マナーを守って楽しみましょう。


住三吉神社

普段は観光客の往来が少なく、静かな雰囲気に包まれている「住三吉神社」。開花時期になると、社殿に向かう約100mの参道にソメイヨシノが咲き誇ります

境内に向かう道は坂になっており、振り返ると桜の向こうに函館の街並と津軽海峡が垣間見えます。市街地から少し離れた知る人ぞ知る桜鑑賞スポットです。

住三吉神社で長寿&健康祈願を!

鎌倉時代に創建されたといわれる「住三吉神社」には、「函館七福神」のひとつで延命長寿や諸病平癒などの福徳を授けるという「寿老神」が祀られています。ご神体は非公開のため見ることはできませんが、家族の健康や長寿を祈願してみてはいかがでしょう。

■住三吉神社
住所:函館市住吉町1-7
電話番号:0138-22-2608
駐車場:なし
アクセス:市電「谷地頭」電停から徒歩約7分

法亀寺(ほうきじ)

函館市の隣町・北斗市の「法亀寺(ほうきじ)」では、樹齢300年以上といわれる道内最大級のしだれ桜が見られます。北海道でこれほど大きなしだれ桜は珍しく、遠方からも多くの見物客が訪れます。

約12mの高さから枝をいっぱいに広げ、こぼれ落ちそうなほどに花を咲かせる姿は圧巻。公共交通機関では行きづらい場所にありますが、北斗桜回廊の時期は臨時の無料駐車場が用意されるので、お花見ドライブにもいいですね。

2011年から夜間のライトアップが行われるようになり、夜桜スポットとしても人気に。明かりに照らされた大きな1本桜は迫力があり、日中とはまた違った幻想的な姿を楽しめます。

「北斗桜回廊」で北斗市のお花見ドライブを楽しもう!

「北斗桜回廊」とは、法亀寺、松前藩戸切地陣屋跡、大野川沿いの桜並木、清川千本桜をつなぐ周遊コース。各所の移動は車で数分程度なので、ぜひ訪れてみてください。例年、清川千本桜以外の3カ所は夜間のライトアップも行われます。

■法亀寺
住所:北斗市向野1丁目14-13
電話番号:0138-77-5011(北斗市観光協会)
営業時間:
交通:JR新函館北斗駅から車で約10分
駐車場:無し(北斗桜回廊期間中のみ臨時駐車場有り)

オニウシ公園

函館から車で約1時間の場所にある、森町(もりまち)の「オニウシ公園」。ソメイヨシノをはじめ、森町固有種の桜など20種類約500本の桜が植えられています

「オニウシ公園」を訪れたら、隣接する道の駅「YOU・遊・もり」の展望台に上ってみてください。園内の桜を一望できるだけでなく、天気が良ければ噴火湾や駒ヶ岳、羊蹄山までの大パノラマを眺められます。

ソメイヨシノだけでなく、さまざまな種類の桜が見られるのも魅力。噴水モニュメントや芝生広場、ユニークな遊具などもあり、ファミリーにピッタリの公園です。

道の駅「YOU・遊・もり」で地元のグルメを楽しもう!

道の駅「YOU・遊・もり」の1階では、名物のいかめしをはじめ、森町の特産品を使ったお土産品を販売。2階のレストランでは、地元の食材を使った食事を楽しめます。

松前公園

松前町は、函館から車で約2時間の距離にある北海道唯一の城下町。松前城(福山城)がランドマークの「松前公園」には約1万本の桜があり、「桜の名所100選」のも選出されています。

松前城、寺町、観光施設「松前藩屋敷」を含む広いエリアに早咲き・中咲き・遅咲きと250種が生息し、約1カ月に渡り桜を鑑賞できるのが特徴。見どころが多いので、時間を取ってゆっくり楽しみましょう。

光善寺にある推定樹齢300年の古木「血脈桜(ケチミャクザクラ)」、1本の木が二股になりソメイヨシノと南殿(なでん)を咲かす天神坂門外「夫婦桜」は必見。寺や神社が建ち並ぶ景色に桜が溶け込み、和の風情を感じられます。

ロングランで開催する「松前さくらまつり」

4月28日(土)〜5月13日(日)の15日間、「松前さくらまつり」が開催されます。期間中は、甲冑を身にまとった武者軍団パレード、ウニやアワビなどの地元グルメを販売する物産フェアなど、さまざまなイベントを実施。詳しくは松前観光協会のホームページで確認できます。

函館の市街地はコンパクトなので、市内の名所なら花見のハシゴもいいですね。郊外にお出かけの際は、子どもが疲れないよう充分時間を取って見て回るのがおすすめです。桜が満開の函館をGWに楽しみましょう。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!