【札幌】親子におすすめ1泊2日観光モデルコース! 移動手段別「厳選ルート」紹介

北海道観光で人気の札幌には、北海道庁旧本庁舎などの歴史的建造物や、お菓子作り体験ができる白い恋人パーク、ご当地のグルメなど、子どもが喜ぶスポットがたくさんあります。

そこで今回は、1日目は朝一番の飛行機とJRの快速エアポートで9時頃にJR札幌駅に到着して、2日目は新千歳空港から18時頃の飛行機で帰る、1泊2日のスケジュールのモデルコースを紹介します。

札幌のシーズンカレンダーや年齢別おすすめも!

札幌のスポットを1泊2日で満喫するには?

郊外にも観光スポットがたくさんあるのが札幌の特徴です。それらをバランス良く巡るためにも、「札幌中心部にある施設をたくさん巡る日」と、「離れたスポットをゆっくり巡る日」に分けて、メリハリを付けたプランを立てるのもおすすめです。

地下鉄やバスも充実しているので、うまく組み合わせれば遠方の観光施設にもお出かけしやすいですよ。


公共交通機関で巡る場合

1日目はJR札幌駅周辺のスポットを中心に巡ります。2日目も引き続き中心部で2件訪れた後に、新千歳空港方面の施設でゆっくり遊んでから新千歳空港に向かうプランです。

移動に便利な北海道中央バスやジェイ・アール北海道バスなら、1日乗り放題になるお得なパスもあるのでチェックしてくださいね。

おすすめプラン

【1日目】
10:00 北海道大学でポプラ並木を散策!
11:30 サッポロビール博物館で見学&ランチ!
14:00 大通公園でのんびり!
15:00 さっぽろテレビ塔で限定グッズを!
16:15 北海道庁旧本庁舎で札幌の象徴をチェック!
17:30 札幌ら〜めん共和国でご当地ディナー!

【2日目】
9:15 北海道開拓の村で歴史探訪とブランチ!
12:00 札幌市青少年科学館で体験遊び!
14:15 ホクレン くるるの杜で収穫体験!

【1日目】10:00 「北海道大学」でポプラ並木を散策! (約1時間滞在)

1日目は、JR札幌駅からから歩いてすぐの場所にある「北海道大学」のお散歩からスタートです。

東京ドーム38個分以上の広い敷地に豊かな緑が広がり、名物のポプラ並木やイチョウ並木などを散策できます。大学構内の「北海道大学総合博物館」は入館無料なので、立ち寄るのもいいですね。

【1日目】11:30 「サッポロビール博物館」で見学&ランチ! (約2時間滞在)

「札幌大学」からJR札幌駅まで戻り、札幌駅前停留所(東急百貨店)から北海道中央バスのサッポロビール園・ファクトリー線[循環88]に乗車、約13分で「サッポロビール園」の停留所に到着します。

日本で唯一のビールに関する博物館。平日なら前日までの予約で、サッポロビールの歴史が学べる見学コースの「プレミアムツアー」(約50分、小学生以下無料)と、サッポロビール園のジンギスカン食べ飲み放題の「満喫パック」を利用できます。

【1日目】14:00 「大通公園」でのんびり! (約1時間滞在)

「サッポロビール園」から北海道中央バス サッポロビール園・ファクトリー線[循環88]に乗り、約13分で「大通公園」の停留所に到着します。

札幌市中心部のオフィス街に囲まれた大通公園は、緑豊かな市民の憩いの場。芝生やベンチで休憩したり、花壇や噴水の前で子どもと記念撮影をしたりと、のんびり過ごせます。

【1日目】15:00 「さっぽろテレビ塔」で限定グッズを! (約1時間滞在)

「大通公園」には東端に「さっぽろテレビ塔」があります。大通公園をお散歩しているうちに、その姿がだんだん大きく見えてきます。

地上約90mの展望台から、真下の大通公園や札幌の街並みと山々を見渡せます。非公式キャラクター「テレビ父さん」のグッズや展望台限定のプリクラ、記念メダルなどがおみやげに好評です。

【1日目】16:15 「北海道庁旧本庁舎」で札幌の象徴をチェック! (約1時間滞在)

「さっぽろテレビ塔」で景色を楽しんだ後は、徒歩で約15分の「北海道庁旧本庁舎」へ。

春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪に囲まれる、赤れんが庁舎とも呼ばれている重要文化財です。館内には北海道に関わる展示品が並んでいいて、北海道新幹線H5系車両や、砂糖菓子で作られた赤れんが庁舎の模型なども子どもに人気です。

【1日目】17:30 「札幌ら〜めん共和国」でご当地ディナー!(約1時間滞在)

「北海道庁旧本庁舎」から10分ほど歩いてJR札幌駅周辺まで戻ります。すぐ近くの商業施設のエスタ内に「札幌ら〜めん共和国」があります。

北海道各地のラーメン店8軒が並ぶラーメンのフードパークです。すべてのお店でハーフサイズのラーメンを注文できるので、食べ比べや小さな子どもとの夕食にもおすすめ。「SLなると号」などのフォトスポットもあるので、子どもも興味津々になりますよ。

夕食にご当地ら〜めんを食べたら、JR札幌駅周辺で宿泊します。2日目は1件目に訪れる施設のオープン時間に合わせて出発したいですね。

【2日目】9:15 「北海道開拓の村」で歴史探訪とブランチ! (約2時間15分滞在)

2日目は、JR札幌駅から少し離れたところにある「北海道開拓の村」からスタートです。新札幌バスターミナルからバスに乗れば楽に到着できます。

北海道各地から明治・大正時代と昭和初期の歴史的建造物を集め、移築復元・再現した野外博物館です。村内には食堂もあるので、ジンギスカン定食やいももちなどの北海道ならではの料理を楽しむのもおすすめですよ。

【2日目】 12:00 「札幌市青少年科学館」で体験遊び! (約1時間滞在)

「北海道開拓の村」からは、ジェイ・アール北海道バス 開拓の村線[新22]で約19分の新札幌バスターミナルで下車して、5分ほど歩けば「札幌市青少年科学館」に到着します。

「人工降雪装置」や二足歩行ロボットによる「ロボットショー」など、子どもが楽しく学べる展示がいっぱい。体を動かして体験できる展示や、特殊撮影を実演するテレビスタジオなども評判です。

【2日目】14:15 「ホクレン くるるの杜」で収穫体験! (約2時間滞在)

「札幌市青少年科学館」からJR新札幌駅まで戻り、北海道中央バス(ジェイ・アール北海道バスが代行運転することも)新さっぽろ・大曲線[新110]柏葉台団地行きに乗車します。約20分で大曲末広3丁目停留所に到着するので、そこから10分ほど歩いて「ホクレン くるるの杜」に向かいます。

北海道の食と農をテーマにした複合施設です。日程によって「イチゴ」「アスパラガス」「ブルーベリー」などの収穫体験(定員になり次第終了)ができ、農畜産物直売所では道内各地のおいしい食材の買い物もできます。

飛行機で帰るために新千歳空港に向かいます。「くるるの杜」からタクシーで10分ほどのJR北広島駅からJR快速エアポートに乗って、約20分で新千歳空港に到着します。


車(レンタカー)で巡る場合

1日目はJR札幌駅周辺でレンタカーを借りて、札幌市内の観光スポットで工場見学や札幌の景色、動物とのふれあいなどを満喫します。2日目は新千歳空港から飛行機で帰るために、郊外にある空港方面の施設を巡るのがスムーズです。

1日目は夕食の時間、2日目は最後に立ち寄る施設の最終営業時刻から逆算して、無理のないスケジュールを立てるのがおすすめですよ。

おすすめプラン

【1日目】
10:00 白い恋人パークで工場見学!
12:30 札幌オリンピックミュージアムでバーチャル体験! 
13:50 札幌もいわ山ロープウェイで景色を堪能! 
15:30 ノースサファリサッポロでライオン釣り! 
18:00 スープカリー 奥芝商店 実家で話題のスープカレーを! 

【2日目】
10:00 さっぽろ羊ヶ丘展望台でクラーク博士像と記念撮影! 
11:30 えこりん村で外遊びとランチを! 
15:00 サケのふるさと千歳水族館で魚とふれあい! 

【1日目】10:00 「白い恋人パーク」で工場見学! (約2時間滞在)

JR札幌駅の近くでレンタカーを借りたら、30分ほど車を走らせて「白い恋人パーク」へ。

「白い恋人」の製造ラインの見学ができて、「お菓子作り体験工房」やミニチュアの家が並ぶ「ガリバータウン」などの楽しい施設も充実したお菓子のテーマパークです。「レストラン梟巣(おうるず)」では、スープカレーやお子様ランチなども食べられます。

【1日目】12:30 「札幌オリンピックミュージアム」でバーチャル体験! (約1時間滞在)

「白い恋人パーク」で遊んだ後は、車で約20分の「札幌オリンピックミュージアム」へ。

オリンピックとパラリンピックの歴史やウィンタースポーツの世界に触れられる施設です。ボブスレーやクロスカントリースキーなど、冬のスポーツを疑似体験できるコーナーで子どもは大はしゃぎ!

【1日目】13:50 「札幌もいわ山ロープウェイ」で景色を堪能! (約1時間滞在)

「札幌もいわ山ロープウェイ」までは、「札幌オリンピックミュージアム」から車で約15分です。

藻岩山観光自動車道を通ってロープウェイ中腹駅まで向かい、そこから山頂まではミニケーブルカー「もーりすカー」で登ります。標高531mの山頂展望台からは札幌市内の眺望が楽しめますよ。

【1日目】15:30 「ノースサファリサッポロ」でライオン釣り! (約1時間30分滞在)

「札幌もいわ山ロープウェイ」の次は、車で約40分の「ノースサファリサッポロ」に向かいます。

70種類以上の動物とふれあったり、エサをあげたりできる体験型動物園。ニシキヘビの首巻きやフクロウやタカの腕乗せ、釣り竿でライオンにエサやりなどの「プレミアム体験」(体験料別途)は、ほかではなかなかできない貴重な体験ですよ。

【1日目】18:00 「スープカリー 奥芝商店 実家」で話題のスープカレーを! (約1時間滞在)

「ノースサファリサッポロ」から50分ほど車で走ってJR札幌駅周辺まで戻り、「スープカリー 奥芝商店 実家」に向かいます。

JR札幌駅に直結のパセオ内にある、エビの風味豊かなスープカレーが味わえる人気店。約20席の小上がり席や子ども用のイスもあり、小学校低学年まではお子様向けのルーカレーセットも注文できるので、親子で札幌の名物が楽しめますね。

夕食に人気のスープカレーを食べたら、JR札幌駅周辺で宿泊します。2日目は2件目に訪れる施設でのランチの時間に合わせて、スケジュールを調整して出発したいですね。

【2日目】10:00 「さっぽろ羊ヶ丘展望台」でクラーク博士像と記念撮影! (約1時間滞在)

2日目は、JR札幌駅から車で30分ほどのところにある「さっぽろ羊ヶ丘展望台」からスタートです。

札幌の街並みを見下ろせる高台に、ヒツジの放牧場やラベンダー畑などが広がり、親子でのびのび遊べます。クラーク博士像と一緒に記念撮影をしたり、足湯でひと休みするのもいいですね。

【2日目】11:30 「えこりん村」で外遊びとランチを! (約3時間滞在)

「さっぽろ羊ヶ丘展望台」から新千歳空港方面に車で約30分走れば「えこりん村」に到着します。

夏期開園中は、「みどりの牧場」で牧羊犬と人がヒツジの群れを移動させるショーやヒツジのレースが毎日開催されます。おとぎ話の庭のようなガーデン「銀河庭園」や、季節の野菜のビュッフェやハンバーグが味わえるレストランも人気です。

【2日目】15:00 「サケのふるさと千歳水族館」で魚とふれあい! (約1時間滞在)

「えこりん村」から、さらに新千歳空港方面に車で約30分走った場所に「サケのふるさと千歳水族館」があります。

日本最大級の淡水魚水族館は、千歳川の中を直接のぞける名物の水中観察ゾーンが必見! チョウザメの赤ちゃんやウグイの仲間とふれあえるタッチプールや、エサやり水槽(エサは数量限定)もあります。

18時頃の飛行機で帰るために、車で10分ほど走って「サケのふるさと千歳水族館」から新千歳空港に向かいます。レンタカーを返却したら空港で飛行機の搭乗手続きをしましょう。

人気観光都市の札幌は、子どもが喜ぶスポットがたくさん。1泊2日の素敵な思い出作りのためにも、時間を有効に使って思いきり遊びたいですよね。詰め込みすぎに注意しつつ、行きたい施設や子どもの体力なども考慮したスケジュールを考えるのがおすすめですよ。

札幌のお得な無料情報もたくさん!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!