【小樽】6~9歳の子連れにおすすめ観光スポット9選! 遊び放題&貴重な体験施設も

もくじ

北海道の人気観光都市・小樽は、石造りの倉庫群やガス灯がともる運河など、ノスタルジックな街並みが魅力。一見すると、大人っぽいイメージが強い小樽ですが、じつは親子で遊べるスポットもたくさんあります。

子どもが1人でチャレンジできる体験施設や動物と触れ合えるスポットなど、6歳から9歳の子どもが楽しめる、とっておきの観光スポットを9施設紹介します。

小樽運河周辺の観光スポットやランチ&グルメ情報も紹介

小樽天狗山ロープウエイ

天狗山は小樽市街と石狩湾が一望できる人気のビュースポット。山頂展望台まで、ロープウエイで約4分の空中散歩が楽しめます。

小樽天狗山ロープウエイは、函館山と藻岩山(札幌)と並び「北海道三大夜景」の一つとされていますが、子どもと訪れるなら昼間がおすすめ。夏期には、山頂で「天狗山スライダー」が楽しめます。

全長430mのステンレス製のコースをボブスレーで一気に滑り降りるスリル満点のアクティビティで、6歳から9歳の子どもに大人気。レバーでスピード調整ができるので、子どもでも楽しめます。7歳以下は保護者同伴、8歳以上は1人で乗車できますよ。

営業は5月中旬〜10月中旬の10〜17時。料金は1回につき大人400円、8歳〜12歳は300円(各税込)です。

体を使って遊べる「天狗広場」もおすすめ。直径5mのトランポリンや丸太の平均台などさまざまなアスレチックがあり、自然豊かな山頂で気持ちよく過ごせます。営業期間は6〜10月。入場料1人500円(税込)で、広場を出ない限り遊び放題です。

山頂展望レストランで絶景と食事を満喫

ロープウエイ山頂駅の「展望レストラン てんぐ」には、窓際に約25mのバーカウンターがあり、小樽のパノラマを眺めながら食事が楽しめます。カレーやオムライスといった子どもが大好きなメニューも豊富です。


北一ヴェネツィア美術館

「水の都」として知られるイタリアの都市ヴェネツィアの文化を紹介する美術館。小樽観光のメインストリート「堺町通り」に面しています。

ヴェネツィアの宮殿をモデルにした建物の1階には、ゴンドラを浮かべたプールとショップがあります。2・3・5階は貴族の優雅な暮らしを再現した展示室で、美しいヴェネツィアガラス作品が3,000点も展示

2階の衣裳文化体験コーナーは、イタリアにちなんだ衣裳を着て記念撮影ができるとあって大人気。貴族の気分になれる「イタリア製ドレス体験」は、衣装代が中学生以上2,000円、小学生以下1,500円、写真代500円〜(各税込)。6歳から9歳の子どもが着られる衣裳もあります。

羽織るだけで変身できる衣裳体験も!

衣裳を着て写真を撮るような時間がなくて…というファミリーには、服の上から簡単に羽織れる「カーニバル体験」がおすすめ。所要時間約10〜15分で思い出の1枚が撮れます。衣装代は中学生以上500円、小学生以下300円。別途写真代500円〜(各税込)。

小樽市総合博物館 本館

北海道の鉄道発祥の地、旧手宮線・手宮駅の敷地に建つ本館は、北海道の鉄道の歴史が学べる貴重な資料がたくさん展示され、乗り物好きの子どもに人気があります。プラネタリウムや科学展示室もあり、土日祝日には誰でも実験や工作に参加できる「チャレンジラボ」も開催しています。

屋内施設で最初に登場するのが蒸気機関車「しづか号」。1884年にアメリカで製造され、次の年から長い間北海道で活躍したSLです。車両の中も見学できますよ。

ほかにもSLや客車、ディーゼルカーなど、たくさんの鉄道車両が保存・展示され、その数は屋内外で約50両! 屋外には、日本で一番古い機関車庫や機関車の向きを変える「転車台」もあり、大人も夢中になるほどの充実ぶりです。

内部が見学できる車両もあるので、探検気分で回ってみてくださいね(11月上旬〜4月下旬は屋外車両が見られません)。

「運河館」にも立ち寄ろう

小樽市総合博物館は、本館から徒歩約20分離れた場所に小樽の歴史と自然が学べる「運河館」もあります。運河観光の中心地に近いので立ち寄りやすく、2日間有効の共通入館券もあるのでおすすめです。

とんぼ玉体験工房 ゆず工房

漁に使うガラスの浮き玉づくりが盛んだった時代を経て、「ガラスの街」として知られる小樽では、ガラス工芸のショップや工房がたくさんあります。「ゆず工房」もそのひとつ。旅の記念になる「とんぼ玉製作体験」ができます

とんぼ玉製作は3歳から体験可能で、自分でガラスの棒をバーナーで溶かして作ります。6歳から9歳の子どもなら、パパやママがサポートしなくても楽しく製作できるはず。もちろんスタッフもついてくれるので安心です。

水玉やマーブルなど好きな柄と色が選べ、作ったとんぼ玉をストラップやネックレスにして持ち帰ることができます。料金は製作体験と金具取り付けがセットで900円〜。店名と同じ「ゆず」のとんぼ玉も人気です。

店内にはガラスや陶器など、ここでしか手に入らない作家の作品も多数販売しているので、お土産探しにもぴったりです。

製作時間が短いので当日持ち帰り可能!

とんぼ玉の製作時間は1人10〜15分。40分ほど冷ませば完成なので、すぐ持ち帰れるのがうれしいですね。冷ましている間は観光や買い物など自由に過ごせます。

小樽キャンドル工房

「小樽運河」のバス停から徒歩1分の距離にある、ツタが絡まる外観が素敵な石造倉庫のお店です。さまざまなキャンドルを販売しているほか、4つのコースから選べる手作り体験工房もあります。

6歳から9歳の子どもにおすすめなのは「スイーツキャンドル」の体験コース。スポンジケーキ部分にあたるキャンドルにホイップをサンドし、イチゴなどのフルーツを載せて作るミニケーキ型のキャンドルです。プレートにメッセージを書き込んだらまるで本物のケーキのよう! 制作時間30分、2160円(税込)。

ショップには工房で制作したオリジナルキャンドルをはじめ、おしゃれでかわいいデザインの作品など国内外のキャンドルを多数販売しています。体験コースで作った作品にぴったりのキャンドルホルダーを探すのもいいですね。

キャンドルが灯るカフェでひと休み

2階にはキャンドルの灯りに癒されるカフェもあります。コーヒーやケーキ、お子様ジュースもあるので、観光の合間の休憩に利用してみては。


おたる水族館

JR小樽駅から車で約15分、北の海に暮らす生き物を中心に250種以上の魚や動物のイキイキとした姿を間近に見られる水族館です。遊園地やレストランもあり、ファミリーで1日中楽しめます。

国定公園の海を仕切ったワイルドな「海獣公園」で行われる動物たちのショーは必見! 自由気ままに行動するユルいペンギンとトレーナーのやり取りに大笑いしたり、トドが鮭1匹を丸飲みする豪快なパフォーマンスに驚くはずです。

かわいいペンギンが目の前を散歩するイベントも根強い人気です。夏は「ペンギンの海まで遠足」、冬は「ペンギンの雪中さんぽ」が開催されています(ショーの開催期間と場所は公式サイトで確認してください)。

本館では、海の生き物に触れるコーナー「さわってEzone(エーゾーン)」がおすすめ。タッチング時間に行くと、ミズダコやウニ、ヒトデといった北海道の海の生き物に直接触ることができます。どんな感触なのかドキドキしますね。

イルカショーはこんな楽しみ方も

イルカやオタリアのショーが見られる「イルカスタジアム」には、プールの地下にも観覧スペースがあります。映画のスクリーンのようなガラス越しに水中の様子が見られるので、粘り強く待てばベストショットが撮れるかも!?

春香ホースランチ

札幌と小樽のほぼ中間にあり、広い海と空を眺めながら初心者でも大自然の中で乗馬が楽しめる本格的なホースランチ。身長140cm以下の子どもが楽しめるメニューもあり、ぜひ家族で訪れてほしいスポットです。

家族みんなで楽しめる「ファミリートレッキング」は、大人を含む3人以上(身長140cm以下の子どもは2人まで)で利用できるメニューです。大人も子どもも1人で馬にまたがり、自分で手綱を持って林道コースに出られます。ガイドがそばでサポートしてくれるので安心です。料金は約30分、1人4,320円(税込)。

スタッフが引く馬で場内を一周する「引き馬子供トレッキング」もあります(約10分1080円・税込)。小さな子ども1人でも安心して楽しめて、親子で一緒に乗ることもできます。

冬は雪景色の中で乗馬が楽しめる

春香ホースランチでは、一年中乗馬を楽しむことができます。一面が銀世界になる冬は、雪原に動物の足跡が見られたり、木の葉が落ちて見晴らしがいいなど、この季節ならではの魅力がいっぱいありますよ。

namco あそびパーク ウイングベイ小樽店

小樽駅から2駅隣のJR小樽築港駅には、駅直結の大型複合商業施設「ウイングベイ小樽」内に、体を使って遊びたい6歳から9歳の子どもにぴったりのスポットが2つあります。そのひとつが10分100円(税込)で遊び放題の「あそびパーク」。親子で遊べる遊具が豊富にそろっています。

おすすめは、筒状のビニール製遊具の中に入って遊ぶ「サイバーホイール」。コロコロ転がりながらバランス感覚を養うもので、中に入って横になったり、でんぐり返しをしたり、全身を使って楽しく運動できます。

この店オリジナルのアトラクション「ころころランド」は、大きなゴムボールで遊べるコーナーです。転がしたり、跳ねたボールを追いかけたりと自由に遊べます。

大人ものんびりくつろげる!

マッサージチェアやマンガコーナーは、子どもの近くでくつろげる大人に人気の癒しスペース。無料Wi-Fiが使えて飲食も持ち込み自由なので、快適に過ごせます。10分100円だけですべて利用できるのもポイントです。

ドリームランド イカロスの城

「ウイングベイ小樽」内にある、もうひとつのおすすめスポットが「ドリームランド イカロスの城」。こちらも年中遊べる全天候型の屋内遊具施設です。

店内には、思い切り体を動かせるダイナミックな大型遊具がズラリ! 子どもは60分800円、18歳以上の保護者は60分300円(各税込)で利用できます

6歳から9歳の子どもに一番人気の遊具は「バンジートランポリン」です。金具で体とゴムひもを固定し、トランポリンの力でジャンプすれば、かなりの高さまで上がってスリル満点! スタッフがついているので安心して利用できますよ。

高さ8mもある巨大滑り台「スクリーマー」も、子どもが大喜びする遊具のひとつ。頂上から見るとドキドキする高さなのに、一度滑ると誰もが夢中になるおもしろさ。歓声を上げながら登っては滑ってを何度も繰り返しても飽きることがありません。

ふわふわ遊具も充実

子どもに人気の定番遊具「ふわふわ」は、ボール遊びもできるものから、滑り台やデコボコを乗り越えて進むタイプなど、大小3種類も用意しています。

街の歴史を楽しく学べる施設から、子どもがキャンドルやアクセサリーを作れる工房、雨や雪でも体を使って遊べる屋内遊具施設など、さまざまなスポットを紹介しました。季節や子どもの興味に合わせて、楽しい旅のプランに役立ててください。

小樽に行きたくなったら役立つ情報をまとめて紹介!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!