関西の人気鉄道体験イベントで7,000人無料招待!

阪神電鉄に関する体験イベント満載の「鉄道の日 はんしんまつり」が、2017年11月3日(金・祝)に、兵庫県尼崎市にある「尼崎車庫」(メイン会場)と「阪神電車まなび基地」(サテライト会場)で開催されます。過去最多の7,000人が無料招待され、申し込みは10月9日(月・祝)24時までです!

親子で楽しめる体験がたくさん!

家族で楽しめる体験型イベントで、電車にふれあえる絶好のチャンスです。尼崎車庫での開催は今年で5回目を迎え、ミニ阪神電車の運転体験や洗車機通過体験、電車と綱引きなど毎年好評のプログラムに加え、新たに「子ども向けロボットプログラミング教室」「台車枠トラバーサー運転体験」なども登場します。

屋外プログラム(尼崎車庫)

屋外では、子どもに人気のミニ阪神電車や洗車機通過体験、小さな子でも楽しめるスーパーボールすくいなど、さまざまなイベントがあります。ちなみに、ミニ電車は子どもだけが参加でき、今年は路線が延長されます!

<主なイベント>

  • ミニ阪神電車
  • 洗車機通過体験
  • 電車と綱引き・連結作業体験
  • パンタグラフ操作体験
  • 5700系車両と駅長の制服姿で写真撮影           
  • 電車であみだゲーム
  • スーパーボールすくい
  • ぬり絵体験
  • 鉄道信号機、踏切操作体験
  • 鉄道模型運転体験
  • スタンプラリー
  • 架線作業車乗車体験
  • 緊急自動車展示
  • ぼくと私の阪神電車 絵画展
  • 子ども向けロボットプログラミング教室
  • 尼崎城プロジェクトPR

車両工場でのプログラム(尼崎車庫)

普段入れない車両工場でも、たくさんの本格的な体験や見学ができます。運転台シミュレータや車体上げの作業見学、記念撮影など電車好きの子どもにぜひ見せたい内容が満載です。

<主なイベント>

  • 台車枠トラバーサー運転体験
  • トラバーサー乗車体験
  • 台車吊り見学
  • 運転台シミュレータ、コンプレッサ、行先表示器など各種装置の展示
  • 車両展示・電車と記念撮影
  • 車体上げ作業見学
  • 扉開閉試験体験
  • モーター見学
  • 阪神車両ミュージアム(震災写真展)
  • なりきり写真館

このほかにも、鉄道グッズなどの物販コーナーも充実しています。阪神電鉄のグッズや駅名看板、鉄道部品の販売から、阪急・能勢・山陽ほか各社鉄道グッズの販売、お弁当やパンの販売もあります。


7,000人を無料招待! 申し込み受け付け中

イベントに参加するには、事前申し込みが必要です。阪神電車の特設サイトで、10月9日(月・祝)24時まで申し込みを受け付けています。募集人数は7,000人で、代表者含めて6人まで応募できます。詳しい応募方法や応募条件は特設ページで確認できます。

サテライト会場での特別企画に抽選で350人を招待

さらに、当選者のうち希望する人の中から、抽選で350人をサテライト会場・阪神電車まなび基地で行われる特別企画に招待。旧型車両(601形・1141形)の特別公開や踏切施設での保線作業体験を実施します。

今年は過去最大の7,000人が招待される「はんしんまつり」。1回の応募で最大6人まで参加できるので、子どもが多い家族や親子3世代、友だち家族などでも参加しやすそうですね。ぜひ応募してみてください。

■鉄道の日 はんしんまつり2017
開催日時:2017年11月3日 (金・祝)
※雨天決行、荒天中止
時間:10:00〜16:00
※混雑緩和のため、入場時間帯は10:00〜/10:30〜/12:30〜/13:30〜のいずれか
場所:阪神電車 尼崎車庫(メイン会場)、阪神電車まなび基地(サテライト会場)
応募方法:特設WEBサイトから事前申し込み
応募期間:9月15日(金)〜10月9日(月)24時
料金:無料

特設サイトはこちら
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!