夏休み・GWに国内で海外旅行気分を味わえるテーマパーク5選

夏休みやGW(ゴールデンウィーク)など、長いお休みを利用して海外旅行にいきたい!と思っても、小さな子どもを連れての海外はなかなかハードルが高いですよね。そこで、国内にいながらにしてプチ海外旅行気分が味わえるおすすめスポットをご紹介します。東京都内から日帰りで「海外旅行気分」が味わえるスポットもありますよ!

夏休みのおすすめスポット&イベント情報はこちら!

【ドイツ】東京ドイツ村(千葉県)

東京湾を一望できる観覧車や、ボート、パターゴルフにこども動物園など、家族で楽しめるアトラクションがいっぱいの「東京ドイツ村」。ドイツの雰囲気を堪能できる園内には、四季を通じて様々な花が咲き乱れます。これからの時期は、ポピーやバラ、キンギョソウ、ビオラなどの花が楽しめますよ。

園内には車に乗ったまま入園可能。広い園内を車で移動できるので、小さな子ども連れや、おじいちゃんおばあちゃんが一緒でも便利です。

また、ドイツといえばソーセージ! レストランではソーセージの盛り合わせをはじめとしたボリュームたっぷりのメニューが人気です。お好みの食材を選んで、バーベキューもできます。美しい花々に囲まれて、ソーセージを頬張りながら記念写真を撮れば、「ドイツに行ってきたの?」なんて言われちゃうかも

東京ドイツ村

【住所】千葉県袖ケ浦市永吉419
【料金】大人1,200円/中・高校生800円/4歳〜小学生600円/シニア(65歳以上)1,000円
【営業時間】9:30〜17:00(4/11〜11/4)※季節により異なる
【休園日】年中無休(荒天時は臨時休園の場合あり)

「東京ドイツ村」の施設情報はこちら

【デンマーク】ふなばしアンデルセン公園(千葉県)

「ふなばしアンデルセン公園」は、世界的に有名な童話作家・アンデルセンをテーマにした施設。アンデルセンについて学べる童話館のほか、デンマークの職人が手がけた風車、デンマーク産の石が敷き詰められた広場など、アンデルセンの故郷・デンマーク王国オーデンセ市をイメージした異国情緒あふれる景色が楽しめます

「ワンパク王国」、「メルヘンの丘」、「自然体験」、「子ども美術館」、「花の城」の5つのゾーンから成る花と緑がいっぱいの園内では、アスレチックや動物ふれあい広場、ミニパターゴルフなどが、自然の中でのびのびと楽しめます。

また、小さな子ども向けの遊具や休憩室、授乳室も完備されており、赤ちゃんのママも安心です。子ども美術館ではアトリエ体験も。毎月プログラムが変わるので、何度も訪れたいスポットです。

ふなばしアンデルセン公園

【住所】千葉県船橋市金堀町525
【料金】一般900円/高校生600円/小・中学生200円/幼児(4歳以上)100円
【開園時間】9:30〜16:00 ※季節により異なる
【休園日】月曜日(祝日・春夏冬休み期間は開園)

「ふなばしアンデルセン公園」の施設情報はこちら

【オランダ】ハウステンボス(長崎県) 

1年中咲き誇る季節の花々が魅力の施設「ハウステンボス」。広い園内には運河が流れていて、クルーザーが行き交う様子は、まさしくヨーロッパの街中に迷い込んだかのよう!石畳やレンガのひとつひとつまで本物にこだわって作られていて、どこで写真を撮っても絵になる素敵な風景がいっぱいです。

広大な園内には、美しい花々はもちろん、全身をめいっぱい動かして遊べる「アドベンチャーパーク」や、まるでゲームの世界に入り込んだかのような体験ができる「ゲームの王国」など、アトラクションも充実。音楽やショーも随所で楽しめます。

そして日が暮れると、ハウステンボスは昼間とはまた別の顔に! 園内まるごと光の街へと変身し、一年中イルミネーションを楽しむことができます。その美しさは「夜景日本一」の称号を受けたほど! ぜひ泊まりがけで訪れて、ヨーロッパの香り溢れる街並みを、昼間と夜、両方堪能してくださいね

ハウステンボス

【住所】長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
【料金】1DAYパスポート 大人(18歳以上)6,500円/中人(中学・高校生)5,500円/小人(4歳〜小学生)4,100円/シニア(65歳以上)6,000円
【営業時間】9:00〜22:00 ※季節により異なる
【休園日】年中無休

「ハウステンボス」の施設情報はこちら

【スペイン】志摩スペイン村 パルケエスパーニャ(三重県)

三重県にある「志摩スペイン村」は、その名の通りスペインをイメージして造られたテーマパーク。アトラクションに乗ったり、キュートなキャラクターたちと写真を撮ったり、パレードでダンスをしたり! 温泉や宿泊施設も併設されているので、家族旅行の行き先にピッタリの施設です。

園内のあらゆる場所で出会えるモニュメントの数々は、いずれもスペインの街並みをヒントにつくられているので、本当にスペインに来ているかと錯覚してしまうほど! スペインの伝統的なダンス「フラメンコ」のショー(別途料金が必要)も毎日公演しており、観客も一体となって迫力あるショーを楽しめます。

たっぷり遊んだ後は、レストランで本格的なスペイン料理に舌鼓。キャラクターグッズはもちろん、スペインや世界各国の輸入菓子や雑貨が買えるショップの数々も要チェックです。

志摩スペイン村 パルケエスパーニャ

【住所】三重県志摩市磯部町坂崎
【料金】パスポート:大人(18〜59歳)5,300円/中人(12〜17歳)4,300円/小人(3〜11歳)3,500円/シニア(60歳以上)3,500円
【営業時間】9:30 〜21:00(4/29〜5/2)、9:00〜21:00(5/3〜5/5)※季節により異なる
【休園日】不定休(公式サイトでご確認ください)

「志摩スペイン村 パルケエスパーニャ」の施設情報はこちら

【世界中の世界遺産】東武ワールドスクウェア(栃木県) 

46の世界遺産を含む、世界の有名な建築物が102点集まったテーマパークが「東武ワールドスクウェア」。園内はアメリカ・ヨーロッパ・アジア・エジプト・日本・現代日本の6つのゾーンで構成され、それぞれのスポットで記念撮影をすれば、一日で世界一周旅行を楽しめちゃいます

園内の建築物は、本物を25分の1に縮尺して精巧に再現されていて、まるで自分が巨人になったような気分に。遺跡を手の平に乗せたようなトリック写真を撮影したり、自由の女神の足元には実寸大の足跡が描かれていて、本物との大きさの比較を楽しむこともできます。

楽しく園内を案内してくれるガイドツアー(参加無料)もあるので、こちらも利用してみてはいかがですか?

東武ワールドスクウェア

【住所】栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
【料金】大人(中学生以上)2,500円/小人(4歳以上)1,200円
【営業時間】9:00〜17:00(3/20〜11/30)※季節により異なる
【休園日】年中無休

「東武ワールドスクウェア」の施設情報はこちら

今回ご紹介した他にも、日本にいながらにして海外気分が味わえるスポットは全国にたくさんあります! 今年の夏休みは、どのお出かけ施設にプチ海外旅行へいきますか? 

夏休みにおすすめのスポットやイベントはこちら

※記事内でご紹介した情報は、2016年4月19日現在のものです