楽しく遊んでデジタル体験! 子ども向け「フィジタルフェス」

ファミリー層に人気のスポット「二子玉川ライズ」で、カラダを動かしながら「デジタル」技術に触れる子ども向け体験イベント「〜カラダを動かす、デジタル体験!〜フィジタルフェス2017」が、2017年3月25日(土)・26日(日)に開催されます。

カラダを動かすデジタル体験

会場には大小さまざまな体験型ブースが用意されており、子どもたちが自由に遊んだり学んだりできます。最新の「デジタル」技術を駆使したコンテンツを体験しながら、カラダ全体や手先を動かして遊ぶ「新しい形のフェス」です

「フィジタル<Phygital>」とは

「フィジタル<Phygital>」とは、「フィジカル<Physical>」と「デジタル<Degital>」を組み合わせた造語。「フィジタルフェス」では、カラダを使いながら何かをつくる「フィジカル」な行為と最新「デジタル」技術を融合したコンテンツを体験します。

わくわくの仕掛けがいっぱい! フィジタルコンテンツ

今回用意されている「フィジタルコンテンツ」は全10種類(予定)。なわとびで遊んだり、壁によじ登ったり、親が子どもの頃にカラダを動かして楽しんでいた遊びがデジタルの力によって現代風にアレンジされたものもあり、親子で楽しめそうです

音声が変わる不思議なボール「VOLLY」(ボーリー)

「VOLLY」は自分の声を吹き込んだあとに振ったり転がしたりすると、内蔵された動態認識機能によって音声が変化する新感覚のキッズ向けボール型遊具。速度や衝撃に比例して声のピッチや高さが変化するので、動きと音の変化を楽しめます

楽器に変身できちゃう!?

自分が映し出されるスクリーンの前で「ヘンシンポーズ」をとると、楽器に変身できちゃう「ヘンシン!がっき」。手を振ったり、ジャンプしたりと、カラダを動かすだけで楽器が演奏できる仕掛けです。これなら本物の楽器は演奏できない小さな子どもでも、自ら音を奏でる楽しさを体験できますね。


なわとびで宇宙旅行!?

足に専用のガジェットを付けてなわとびをする「なわとびジャンパー」では、自分の飛んだ高さに応じてモニターのロケットが上昇。制限時間内に「宇宙」まで到達できるか、挑戦です!

オリジナルの昆虫が作れる

虫取り遊び「BUGS TONE」(バグズトーン)は、会場内に隠されたカードを集めて昆虫を作るゲームです。集めたカードを専用スタンドにセットすると、オリジナルの昆虫が誕生します。カードの組み合わせによってデザインや特徴、鳴き声が変わるので、どんな虫が誕生するのかを楽しめます

このほかにも、プロジェクションマッピングと音の演出をプラスしたボルダリング「ボルダピング」や、床に音が映し出される「ミエルトーン」など、カラダを動かして遊べるデジタルコンテンツがたくさん用意されています。ぜひチェックして、参加してみてください。

〜カラダを動かす、デジタル体験!〜フィジタルフェス2017

日時:2017年3月25日(土)10:00〜、11:30〜、13:00〜、14:30〜、16:00〜(終了17:20)
3月26日(日)10:00〜、11:30〜、13:00〜、14:30〜(終了15:50)
※各回80分の完全入れ替え制
場所:iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
料金:前売チケット(2月20日(月)〜3月24日(金)販売)
子ども(3歳以上〜小学生)1,200円/大人(中学生以上)800円
当日チケット(3月25日(土)〜26日(日)販売)
子ども(3歳以上〜小学生)1,400円/大人(中学生以上)1,000円

イベント詳細はこちら

家族で楽しもう! 春休み特集2017

子どもが大好きなキャラクターイベントから親子で楽しめるコンサートまで、春休みイベントをまとめてご紹介します♪

家族で楽しもう!春休み特集2017
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!