2

「皇居 千鳥ヶ淵」で灯ろう流し 2,000個の光が揺らめく幻想空間

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

東京都千代田区の皇居内にあるお濠「千鳥ヶ淵」に2,000個の灯ろうを浮かべる「皇居千鳥ヶ淵 灯ろう流し ー千代田区納涼の夕べー」が、2022年7月29日(金)と、30日(土)の2夜連続で開催されます。

東京都心の夏の夜に、人々の願いと希望を込めた「希望の灯ろう」が幻想的な風景を創り出します。

港区「東京タワー」で天の川イルミネーション 親子で七夕を満喫

お濠に揺らめく2,000個の灯ろう

戦後の荒廃した人々の心を癒やそうと、1958年に始まった「千代田区納涼の夕べ」は、桜の名所として愛され、多くの人々が想いを馳せる地「皇居 千鳥ヶ淵」を舞台に、家族や友人など、大切な人への想いを込めた灯ろうを浮かべる千代田区の夏の風物詩です。

3年ぶりの開催となる2022年は、2,000個の灯ろうが用意され、参加者の感謝や願いが込められた「希望の灯ろう」の光が、お濠の水面に揺らめく幻想的な風景を楽しめます。

現地に行かれない人も「灯ろう流し」への参加が可能

参加方法は、「船上贈り灯」(抽選)、「メッセージ贈り灯」(WEB申込)、「オリジナル贈り灯」の3つ。当日、現地に行かれない人も参加が可能で、6月20日(月)より申込受付がスタートします。なお、観覧は予約不要・無料でできます。

船上贈り灯(抽選)

当日、会場にてボートに乗船し、幻想的な光に包まれる水上から、直接灯ろうを流す「船上贈り灯」は、1日80組(1組3名まで)の抽選です。

■「希望の灯ろう」 船上 贈り灯
対象:1日80組(抽選/1組3名まで)
参加費:乗船1人につき2,000円(灯ろう代込/小学生以下は1,000円)
※ボート使用料1艘500円が別途必要
申込方法:公式サイト内申込フォームより申込み
申込期間:6月20日(月)〜6月30日(木)まで

メッセージ贈り灯(WEB申込)

会場へ行かれない人に向けたWEBによる受付では、3つのメッセージから灯ろうを選べます。受付された灯ろうは、催事中に観光協会により千鳥ヶ淵へ流されます。

■「希望の灯ろう」 メッセージ 贈り灯
参加費:1灯につき1,000円
申込:公式サイトにて申込み
申込期間:6月20日(月)〜7月28日(木)まで

オリジナル贈り灯

灯ろうに直接願いごとやメッセージを記入できる「オリジナル 贈り灯」は、事前申込または当日現地でも申込み可能です。

■「希望の灯ろう」 オリジナル 贈り灯
参加費:1灯につき1,000円
【事前受付】
申込場所:千代田区観光案内所(九段南1-6-17)
申込期間:6月20日(月)〜7月28日(木) 10:00〜18:00
※第4日曜日を除く
【当日受付】
場所:千鳥ヶ淵ボート場
期間:7月29日(金)・7月30日(土) 17:00〜19:00

日本の伝統「灯ろう流し」を体験できる本イベント。参加者の想いが込められたひとつひとつの灯ろうを眺めながら、親子で平和について考える良い機会となりそうですね。開催時間は、19:00〜20:00(乗船開始は18:00頃)ですが、夏休み期間中なので、子供と一緒におでかけしてみてはいかがでしょうか。

■「皇居千鳥ヶ淵 灯ろう流し ー千代田区納涼の夕べー」 概要
開催日:2022年7月29日(金)・30日(土)
開催時間:19:00〜20:00(18:00 頃 乗船開始)
※小雨決行、雨天・強風中止
料金:観覧無料
場所:千鳥ヶ淵ボート場 (三番町2先)〜九段坂公園
所在地:東京都千代田区九段南2-2-18
アクセス:
・地下鉄「九段下駅」2番出口・徒歩10分
・地下鉄「半蔵門駅」5番出口・徒歩10分

公式サイト
子供と楽しむ♪雨の日特集2022
夏休みにオススメのスポット特集2022
親子でみたい!子供映画特集2022
この記事をクリップする
2
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!