4

小田急線沿線の小児運賃が「全区間一律50円」に 全国の鉄道で初

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

小田急電鉄で、ダイヤが変更される2022年3月12日(土)より、小児IC運賃を改定した「小児IC運賃の全区間一律50円」がスタートします。どこまで乗っても小田急線内は一律50円になるほか、通学定期券やフリーパスの料金もお得になります!

最新「鉄道ミュージアム」誕生へ 小田急初&歴代ロマンスカーも

全区間一律50円! 通学定期券やフリーパスもお得に

小田急電鉄が、2021年11月に掲げた「子育て応援ポリシー」をもとに、子育てしやすい沿線環境の実現に向けた取り組みの1つとしてスタートする「小児IC運賃の全区間一律50円」。

現行運賃の最安区間は63円、最高区間は445円なので、どこまで乗っても一律50円はとってもお得です!

同取り組みに合わせて、小児用の通学定期券も引き下げられます。1カ月の最安区間820円、最高区間3,820円のところ、全区間一律で800円になります。

「箱根フリーパス」や「江の島・鎌倉フリーパス」、「丹沢・大山フリーパス」といった企画乗車券も、小田急線内分の料金が引き下げられます(一部商品を除く)。

「小児用PASMO」の新規購入でプレゼントも!

2022年2月10日(木)〜3月25日(金)の期間に実施される「小児用PASMOを作ろう!」キャンペーンでは、新規に「小児用PASMO」を購入してアンケートに答えると、特急ロマンスカー・GSE(70000形)がデザインされたオリジナルICカードケースがもらえます。

受付は、小田急線各駅または定期券うりばにて、先着10,000名なので、購入はお早めに! 4月から小学生になる子供がいるママパパは要チェックですよ。

※お子さまの年齢が確認できる公的証明書などが必要です
※すでに「小児用PASMO」や「こども用My Suica」をお持ちの場合は、新たに購入することはできません

小児IC運賃を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化する取り組みは、全国の鉄道でも初めての試みだそう! 電車に乗る機会が多い子供や、家族でのおでかけシーンでお得に利用できるのはとってもうれしい取り組みですね。沿線情報をチェックして開始を楽しみに待ちましょう。

■「小児IC運賃の全区間一律50円」概要
実施日:2022年3月12日(土)〜
場所:小田急線内
対象:小児IC運賃
内容:
【普通旅客運賃】「小児IC運賃」全区間一律50円
【定期旅客運賃】「小児用通学定期乗車券」全区間一律1カ月800円、3カ月2,280円、6カ月4,320円
【企画乗車券】「箱根フリーパス(2日間)」1,100円、「箱根フリーパス(3日間)」1,350円、「江の島・鎌倉フリーパス」430円、「丹沢・大山フリーパス(Aキップ)」920円、「丹沢・大山フリーパス(Bキップ)」400円
※各種フリーパスの発駅ごとの詳細料金は、公式サイト内「お得なきっぷ」で2月上旬頃に発表予定

公式サイト
イルミネーション特集2022
冬のお出かけ特集2022
親子におすすめ♪いちご狩り特集2022
この記事をクリップする
4
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!