6

「茨城県フラワーパーク」が大幅リニューアル 体験充実&宿泊も

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

茨城県石岡市にある「茨城県フラワーパーク」が、2021年4月29日(木・祝)に「いばらきフラワーパーク」としてリニューアルオープン。「見る」から五感を使って「感じる」体験型スポットに生まれ変わります! また、隣接する「石岡市ふれあいの森」も「花やさと山」としてリニューアルし、ロッジやグランピングで宿泊体験ができるようになります。

「見る」から「感じる」フラワーパークへ

開園から35年、多くの方々に親しまれてきた茨城県フラワーパーク。今回のリニューアルでは、「『見る』から『感じる』いばらきフラワーパーク」をコンセプトに、これまでの四季の花々を観賞して楽しむのに加え、「香る・味わう・触れる・聴く」と五感を使って楽しめる施設にリニューアルします。

季節を感じる100のアクティビティ

園内の「アトリエ ローズ ファーム」では、「100の体感」と題して、季節ごとに自然や文化を体感できるさまざまなプログラムが開催されます。

旬の花や植物を使った季節の蒸留体験や、ボタニカルポストカード作り、ガーデナーによるローズガーデンツアーなど、訪れるたびに新たな体験ができますよ。開催中のワークショップは公式サイトでチェックしてくださいね。

「石岡市ふれあいの森」が「花やさと山」にリニューアル!

フラワーパークの高台にある約18ヘクタールの「石岡市ふれあいの森」も「花やさと山」としてリニューアルオープンします。森の頂上に展望デッキを備えた宿泊ロッジ(10部屋)と、グランピングサイト(10カ所)が整備され、里山の森の豊かな自然を堪能したり、フラワーパークを行き来したりと、1日中楽しめるようになります。

オープン日限定! 無料ツリークライミング受付中!

いばらきフラワーパークのリニューアルオープンを記念して、オープン当日の4月29日(木・祝)に、「100の体感」アクティビティの1つ「ツリークライミング」が無料で体験できます! 応募は4月20日(火)12:00から受付開始。定員満員となり次第終了です。

【リニューアルオープン日限定の無料体験】ツリークライミング
開催日程:4月29日(木・祝)
開催時刻:10:00〜11:00/11:15〜12:15/13:15〜14:15/14:30〜15:30
各回定員:8名(要事前予約)
参加資格:小学生以上の健康な方(未就学児は不可)
参加費:無料
※いばらきフラワーパークへの入園料は別途必要

応募はこちら!

※画像はイメージ。今後アクティビティは変更になる場合があります

バラの新品種17種を初お披露目!

いばらきフラワーパークでは、茨城県の県花であるバラを900種以上も栽培。季節の花の川を鑑賞できる「バラテラス」、香りごとにバラを楽しめる「アロマローズエリア」、360度バラに囲まれる「ローズトンネル」などのスポットがあり、バラの魅力を五感で体感できます。

また、リニューアルオープンにあわせて、オリジナルのバラが17品種、世界で初お披露目されます! そのうちのひとつが「ユイット・カンパーニュ」。フランス語で石岡市八郷地区の「八郷」の8を意味する「ユイット」と、郷を意味する「カンパーニュ」を組み合わせて名づけられました。「ユイット」には日本語の「結い」の意味も含まれ、「地域で助け合う結びつきを、いばらきフラワーパークから生み出したい」という思いが込められています。

茨城県の魅力を再発見!

いばらきフラワーパークがある石岡市・八郷地区は、日本の原風景である里山を残す貴重な地域。「インフォメーション」スペースには、園内の情報のほか、八郷地区の自然・文化・歴史が学べるライブラリーコーナーも設置されます。

ほかにも、旬の地元野菜やフルーツをふんだんに使ったスイーツやドリンクが楽しめる「ローズファームカフェ」や、茨城県を代表する庭石「筑波石」を積んで作られたエントランスなど、施設の各所に茨城県の魅力が詰め込まれています。

季節の花々を鑑賞するだけでなく、多数のワークショップや森でのアクティビティ、グランピングや宿泊ロッジでのキャンプも可能になった「いばらきフラワーパーク」。ぜひ、チェックしてくださいね。

■いばらきフラワーパーク
リニューアルオープン:2021年4月29日(木・祝)
所在地:茨城県石岡市下青柳200番地
料金:
【通常】大人900円、子供(小中学生)300円、未就学児無料、ペット200円
【バラシーズン】大人1,200円、子供400円、未就学児無料、ペット200円
※バラシーズンは、5月中旬〜6月下旬と10月〜11月中旬を予定
※ペットはすべての動物が対象

この記事をクリップする
6
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!