4

千葉「ロマンの森共和国」完全ガイド 遊び・宿泊・料金&割引も

いちご狩りやホタル観賞などの体験をはじめ、アスレチックやおもしろ自転車などの遊びも楽しめる「ロマンの森共和国」。キャンプ場やコテージ、キャンピングロッジ、ホテルなどの多彩な宿泊施設を併設していることでも魅力です。

今回は、「ロマンの森共和国」の注目アクティビティと親子のおでかけに役立つ情報を詳しくレポートします。

※記事内の価格は税込みです
(2019年11月取材)

もくじ

「ロマンの森共和国」とは?

「ロマンの森共和国」は、千葉県南房総にあるレジャースポットです。東京ドーム約8個分の広大な敷地の中で、春はいちご狩り、夏はホタル観賞や川遊び、秋は紅葉狩りや秋祭り、冬はクリスマスやどんど焼きなど、多彩なイベントが体験できます。

レトロ感あふれる園内には、アスレチックやおもしろ自転車、グラウンドゴルフなどのアクティビティも充実し、キャンプやBBQも楽しめます。

【アクセス・駐車場・営業時間・混雑情報】

電車やクルマでのアクセスを紹介します。

電車&バス

「ロマンの森共和国」の最寄り駅は、JR内房線の「木更津駅」とJR内房線・外房線の「安房鴨川駅(あわかもがわえき)」の2つです。

都内からは「木更津駅」まで電車で約1時間30分、「安房鴨川駅」までは約2時間30分です。各駅からは木更津鴨川急行バスで向かいます。

高速バス

JR内房線の「木更津駅」までは、東京・川崎・品川・横浜など複数の駅から高速バスも出ています。「横浜駅」から行くなら高速バスの方が電車よりも短時間で、運賃もお得です。

クルマ

クルマでのアクセスは、東京や横浜、埼玉方面からは、「東京湾アクアライン」から「館山自動車道」を経由して、混雑しなければ2時間ほどで到着します。「君津I.C」から約25分、「保田I.C」から約28分、「鴨川駅」から約 20分です。

駐車場・パーキング

駐車場は約320台。GWシーズンは混み合いますが、それ以外で満車なることはほとんどありません。GWも少し待てば駐車可能なことがほとんどです。無料で利用できるのもうれしいポイントです。

営業時間&休園日

営業は、平日が10時〜17時、土日祝が9時〜17時です。6〜8月は18時まで延長されます。休園日はありませんが、冬場は、遊具のメンテナンスを行う場合があるので、おでかけ前に公式サイトを確認しましょう。

混雑情報&おすすめの時間帯

1年で一番混雑するのはGWシーズンです。とくにGW前半の週末がもっとも混み合います。春と秋の行楽シーズンでは、例年秋の方が空いていて、のんびり楽しめます。

施設の滞在時間(目安)

日帰りの場合、滞在時間は3時間前後が目安です。季節のイベントやアクティビティを楽しんで、お昼を食べて過ごすファミリーが多いです。

キャンプ場やロッジなどに宿泊して、近隣にある「鴨川シーワールド」や「マザー牧場」トと合わせて楽しむのもおすすめです。

より詳しいアクセス&駐車場&営業情報はこちら

【料金・セット券・割引・クーポン・年パス】

入園料は大人も子供も600円です。このほかに、アスレチックやおもしろ自転車などのアクティビティは500円前後かかります。

通常料金(入園料)

  • 大人・子供共通:600円(3歳以下無料)

1DAYパスポート(入園料+アトラクション利用料/フィールドアスレチック・パターゴルフ・おもしろ自転車・ペダルボート・釣り堀・ミニSL弁慶号など)

大人・子供(4歳〜):2,000円(※GW期間は大人2,300円、4歳以上の子供1,800円)

割引・クーポン

公式サイトに期間限定のクーポンが掲載されていたり、オンラインで割引チケットが販売されている場合があります。でかける前にチェックするのがおすすめです。(2019年1月時点)

年間パス

年間パスポートを紹介します。

料金(2年間有効)

  • 大人・子供(4歳以上):2,200円

年パスのうれしい7大ポイント

  1. 入園料次回以降無料(本人のみ)
  2. 露天風呂料金半額
  3. 施設内の食事10%OFF
  4. 1DAYパスポートを1,500円で購入可能
  5. ホテルの宿泊料金20%OFF
  6. 誕生日の日に来園プレゼントがもらえる
  7. ペットの入場料(小型犬600円、大型700円)と、宿泊(施設により異なる・要確認)が無料
より詳しいセット券・割引・クーポン・年パス情報はこちら

【園内マップ】大きく3つのエリアで遊べる

園内は、3つのエリアに分かれています。エリア間の移動には歩いて5〜10分ほどです。

とくに、アスレチックやミニSL弁慶号などのアクティビティが楽しめる「あそびランド」から、いちご狩りやオートキャンプ場があるエリアまでは国道410号線を歩いて10分ほどかかるため、赤ちゃんや小さな子供連れの場合はクルマでの移動がおすすめです。

季節のイベントが盛りだくさん! いちご狩り・ホタル鑑賞・カブトムシ採集も

  • 1月上旬〜5月上旬/いちご狩り
  • 3月下旬〜4月上旬/ロマンの森春休み
  • 4月27日/ロマンの森建国記念日
  • 4月29日〜5月5日/ロマンの森建国祭・GWフェスティバル
  • 5月下旬〜7月上旬/ホタル観賞の夕べ
  • 7月中旬〜8月末/プール・川遊び
  • 7月中旬〜8月中旬/カブトムシ採集ツアー・森の水遊びフェスタ
  • 9月/ゆうゆうフェスタ・味覚屋台村
  • 10月/ハロウィン(かぼちゃ祭り)
  • 11月/秋まつり
  • 12月/クリスマスディナーショー
  • 元日〜2月上旬/森神様まつり・どんど焼き

「ロマンの森共和国」の年間イベントの中から注目の体験を紹介します。

いちご狩り/1月上旬〜5月上旬

1月からGWまで楽しめるいちご狩りは、高設栽培なので大人も子供も楽に摘み取りができます。また、地面にシートを敷いて舗装してあるので、ベビーカーや車いすのままハウス内に入れます。

【いちご狩り】
・料金:時期により異なる※GWはプランでの販売がなく料金が異なります
【料金例】
 Aプラン(いちご狩り+1,000円相当の食事券+あそびランド入園券)
  大人3,000円〜/4歳〜小学生2,800円〜
 Bプラン(いちご狩り+1DAYパスポート+あそびランド入園券)
  大人3,400円〜/4歳〜小学生3,200円〜
・予約:完全予約制
・練乳:無料
・持ち帰り:数量限定販売。なくなり次第終了
※「いちご狩り」のみの体験はできません
※プランは2020年シーズンのもの

より詳しいいちご狩り予約・種類など詳しい情報はこちら

ホタル観賞の夕べ/5月下旬〜7月上旬

全国森林100選にも選ばれている「ロマンの森共和国」の周辺は、古くからホタルが生息する水の美しい地域でしたが、周辺の農薬散布によって生息数が急激に減少していました。そんななか、1991年からホタルの保護を開始し、1995年には小糸川の源流に近い「ホタルの谷」でホタルが見られるようになりました。現在は、5月下旬〜7月中旬の週末に「ホタル観賞の夕べ」(予約不要)というイベントが毎年開催されています。

期間中は、はアスレチックやパターゴルフなどをお得に楽しめる「ナイトパスポート」が販売されたり、トワイライトコンサートなどのイベントが開催されたりしています。

5月下旬〜6月中旬ごろにはゲンジボタル、6月中旬〜7月上旬にはヘイケボタルやヒメホタルが見られます。

【ホタル観賞の夕べ】
・料金:土曜日700円(そのほかの日500円)
・予約:不要
 ※ホタル観賞での入園は16:00〜
 ※トワイライトコンサート開催時のホタル観賞料金は700円(4歳以上)
 ※16:00〜19:00の時間帯にアスレチックやミニSL弁慶号などのアトラクションが利用できる「ナイトパスポート」は大人1,100円、子供(4歳以上)800円

川遊び(ロマン渓谷)/7月中旬〜8月末

川遊びができる「ロマン渓谷」は、渓谷入場料(300円)を支払って楽しめます。

川の深さは5cm〜10cmほどで、流れも緩やかなので、幼児連れの家族も多く訪れます。夏場も気温が30度を超えることは少なく、涼しく遊べるのが魅力です。エサ付きの釣竿をレンタルすれば、オイカワやウグイなどの川魚釣りも楽しめます。子供連れで川遊びをするときには、マリンシューズや着替えの持参がおすすめです。

・料金:渓谷入場(3歳以上)300円/釣竿レンタル(エサ付)1本1,000円
・予約:不要
(休止中:2020年1月現在)

カブトムシ採集ツアー/7月中旬〜8月中旬

夏休み期間には、5歳〜12歳の子供向けの「カブトムシ採集ツアー」が行われます。森の中に作られた「カブトムシの家」に子供だけで入り、昆虫採集をします。必ずつかまえられるように、スタッフがサポートしてくれるのが人気のポイントです。

【カブトムシ採集ツアー】
・料金:未定(800円〜1500円を予定)
・予約:必要

秋まつり/11月

11月には、黄色に色づくイチョウや、真っ赤に染まるモミジが見ごろを迎えます。この時期には、屋台や縁日の出店が出る「秋まつり」が行われ、家族連れで賑わいます。

・料金:無料
・予約:不要

森神様祭り・どんど焼き/元日〜2月上旬

元日〜1月3日にかけて、屋台やキッチンカーが出る「森神様祭り」を開催。2月上旬には、門松やしめ縄などの正月飾りを稲わらやアカマツの木を組んで作ったやぐらで燃やす「どんど焼き」が行われます。無病息災を願って火に当たり、餅を焼いて食べるどんど焼きは、全国的に開催される場所が減っているため、貴重な体験とあって人気です。

節分特別企画【どんど焼き】
・料金:宿泊者無料/宿泊者以外は別途夜間駐車場代500円
・予約:不要

おすすめアクティビティが盛りだくさん! 

「ロマンの森共和国」では、フィールドアスレチックやおもしろ自転車など子どもが喜ぶアクティビティが楽しめます。

中でも本格的なフィールドアスレチックは大人気! ここでしか体験できない崖わたりなどのポイントに子供も大興奮間違いなしです。1日たっぷり遊びたいときには1DAYパスポートを購入するのがおすすめです。

より詳しいフィールドアスレチック・プラネタリウムなどのアクティビティ情報はこちら

キャンプ場&宿泊施設も人気!

「ロマンの森共和国」の宿泊施設はコテージ・ロッジ・キャンプ場・ホテルの4種類があります。

いちご狩りやほたる狩りなどの季節のイベントやアスレチックなどのアクティビティとキャンプが1カ所で楽しめる人気のキャンプ場です。近隣の人気施設「鴨川シーワールド」や「マザー牧場」と合わせて楽しむという場合におすすめです。

より詳しいキャンプ場・ロッジの口コミや詳細はこちら

【年齢別の楽しみ方】おすすめのアクティビティ

年齢別に「ロマンの森共和国」の見どころと楽しみ方を紹介します。

(0歳〜2歳)赤ちゃん向けおすすめエリア&イベント

  • プラネタリウム「ロンちゃんのドームハウス」
  • ペダルボート
  • スワンボート
  • いちご狩りなどのイベント

赤ちゃん連れのファミリーにおすすめなのは、季節のイベントやプラネタリウム。とくにいちご狩りはベビーカーを押しながら楽しめるので、赤ちゃん連れのファミリーにも人気が高いイベントです。

また、スワンボートでのんびり「滴翠湖」から景色を楽しむのも、赤ちゃん連れのファミリーにおすすめの過ごし方です。

(3〜5歳)幼児向けおすすめエリア&イベント

  • プラネタリウム「ロンちゃんのドームハウス」
  • ミニSL弁慶号
  • スワンボート
  • プール
  • 金魚釣り(冬季休業あり)

3歳〜5歳の幼児のおすすめは、いちご狩りなどの季節のイベントや、プラネタリウム、金魚釣り、スワンボートなどです。スワンボートの上からエサをあげると何十匹ものコイが近寄ってくるので子供も大喜び間違いなしです。

フィールドアスレチックの手前にある広場には、木馬型の大型アスレチック遊具があります。小学生と幼児連れの家族の場合は、お兄ちゃんやお姉ちゃんがアスレチックを楽しんでいる間、こちらで遊ぶのもおすすめです。

(6歳〜)小学生向けおすすめショー&アトラクション

  • フィールドアスレチック
  • プラネタリウム「ロンちゃんのドームハウス」
  • おもしろ自転車
  • パターゴルフ
  • いちご狩りなどのイベント

小学生連れのファミリーにおすすめなのは、本格的な作りのフィールドアスレチックやパターゴルフ、おもしろ自転車です。

パターゴルフは東コースと西コースがあり、どちらもプレイ時間は1時間30分ほど。木漏れ日の中、家族でのんびり楽しめます。

【ランチ・飲食】レストランやBBQ場など充実

「ロマンの森共和国」では、BBQ場、フードコートなどでランチを楽しめます。飲食物の持ち込みはできないので注意が必要です。

BBQ/1人1,600円でお腹いっぱい!

BBQ場では、1人前1,600円(時期で変動あり)の「バーベキューロンちゃんセット」がおすすめ。牛肉や豚肉と野菜がセットになっています。(要事前予約)

フードコート/麺やフライドポテトなどの軽食ならココ

「しょうゆラーメン」(650円)や「とり塩ラーメン」(650円)など、ラーメンやうどん類のほか、「フライドポテト」(350円)や「たこ焼き」(550円)などの軽食も食べられます。

ステンドグラスギャラリー&レストラン「ヒルトップ」/お得なランチセットあり

カレーにフリードリンクと食べ放題のかき氷がついた「ランチセット」(大人1,200円、子供900円、幼児無料)や、単品カレー(600円)などのメニューがあるレストランです。土産物コーナーやゲーム機などもあるため、子供を遊ばせながら親はのんびり食事ができます。

ホテルレストラン「やまもも」/ランチバイキングが人気

ホテル「「シルクヴィラ」内のレストラン「やまもも」では、和食を中心に洋食や中華もそろえたバイキングを不定期で行っています。利用する場合は、日程を予約センターで確認してでかけましょう。

【設備】赤ちゃん・幼児向け設備をチェック

赤ちゃんや幼児連れのファミリーが事前に知っておきたい、赤ちゃんや幼児向け設備を紹介します。

授乳室1カ所

フィールドアスレチックの前に、おむつ替え用のベビーベッドが置かれた授乳室が用意されています。

ベビーカーは持ち込み可能

ベビーカーの持ち込みはできますが、舗装されていないエリアもあるため、赤ちゃん連れの場合は抱っこ紐の持参がおすすめです。

ロマンの森共和国の関連情報
口コミはこちら

「ロマンの森共和国」周辺のおすすめスポット

「ロマンの森共和国」周辺には、ほかにも大型公園「清和県民の森」や「オートキャンプ・フルーツ村」など自然を満喫できるスポットが盛りだくさんなのでチェックしておきましょう!

周辺のおすすめ施設一覧
この記事をクリップする
4
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。