8

関東の氷じゃないスケート場5選 転んでも濡れない&冷たくない

冬のレジャーとして人気のアイススケート。親子で楽しみたいですが、子供が濡れて冷えるのが気になるママパパも多いはず。

そこで今回は、転んでも濡れない関東の氷じゃないスケート場をまとめて紹介します。気軽にスケートが楽しめるので、初挑戦の子供にもおすすめです!

※各施設の利用には手袋の着用が必須です。現地での購入も可能です

イオンレイクタウン 空の広場スケートリンク【埼玉県】

埼玉県越谷市にある「イオンレイクタウン」は、「kaze」「mori」「OUTLET」の3つのゾーンに700を超える店舗が集まる大型商業施設。冬季にはOUTLET 1Fの「空の広場」にスケートリンクがオープンし、子連れでにぎわいます。

リンクは4歳から利用でき、平日は時間制限なくフリー滑走が楽しめます。濡れないので、買い物や食事の合間に気軽にスケートを楽しめますよ

イオンレイクタウン内には、授乳室やオムツ交換のできる部屋も完備されているので、小さな子供がいる家族も安心です。

■イオンレイクタウン 空の広場スケートリンク
住所:埼玉県越谷市レイクタウン4-1-1(アウトレット)
実施期間:2019年12月7日(土)〜2020年3月15日(日)
実施時間:平日14:00〜19:00、土日祝11:00〜19:00(12月28日〜1月5日は土日祝時間を適用、1月6日〜3月15日は土日祝のみ開催)
休業日:1月6日(月)〜3月15日(日)の平日、その他イオンレイクタウンの休業日に準ずる
料金:子供(4歳以上)700円、大人(中学生以上)900円、ペア(子供+大人)1,400円
※料金は貸靴込み。靴持参の場合は400円引き
※土日祝は滑走時間30分、以降10分延長ごとに100円

西武園ゆうえんち 冬のわんぱく広場 パネルスケートリンク【埼玉県】

埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」には、メリーゴーランドや観覧車などの定番アトラクションから、サンリオキャラクターに囲まれて0歳から楽しめる「メルヘンタウン」まで、家族みんなで遊べるエリアがいっぱい。

2019年の冬季には「冬のわんぱく広場」がオープンし、4歳から利用できる「パネルスケートリンク」が登場します。

樹脂パネルリンクなので濡れる心配がなく、子供にはヘルメットとプロテクターの無料貸し出しもあるので、安心してスケートが楽しめます。広場内には、雪遊びエリアやふわふわ遊具なども充実していて、たっぷり遊べますよ。

■西武園ゆうえんち 冬のわんぱく広場 パネルスケートリンク
住所:埼玉県所沢市山口2964
実施期間:2019年12月21日(土)〜2020年3月1日(日)の月・金と土日祝(2019年12月21日〜2020年1月6日は毎日営業)
実施時間:10:00〜16:00
休業日:火・水・木曜(祝日を除く。季節により異なる。2019年12月21日〜2020年1月6日は毎日営業)
料金:3歳以上1,200円(わんぱくパス)、中学生以上のエリア入場と遊具利用は無料(スケートリンクは500円)
※貸靴は別途300円

TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK 2020【東京都】

東京都墨田区にある東京スカイツリータウンでは、「東京スカイツリー」を見ながら本物の氷を使用したスケートリンクを楽しめる「TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK 2020」がオープン。初心者にうれしいワンポイントレッスン(10分500円)も開催されます。

小さな子供におすすめなのが、未就学児専用の「キッズリンク」。プラスチック製のリンクなので、転んでも濡れません。また、コンパクトなスペースなので、見守るママパパも安心です。横には無料で遊べる雪遊びコーナーもあり、都会で冬の遊びが満喫できます。

■TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK 2020
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン4F スカイアリーナ
実施期間:2020年1月4日(土)〜3月8日(日)
実施時間:月〜木曜11:00〜20:00、金曜・土日祝11:00〜21:00(1月4日は15:00オープン)
休業日:期間中無休
料金:キッズリンク500円。通常リンク中学生以下900円、大人1,600円
※料金は貸靴込み


横浜ワールドポーターズ 天空のスケートリンク【神奈川県】

神奈川県横浜市にある「横浜ワールドポーターズ」は、ショップや飲食店のほか映画館もあるファミリーに人気の大型ショッピングセンターです。冬季にオープンする「天空のスケートリンク」では、横浜ベイエリアの眺望をバックにスケートが楽しめます。

リンクは特殊な樹脂でできていて、濡れることなく、つるつると滑る不思議な感覚が味わえます。ライトアップも美しく、昼と夜では違った景色が楽しめますよ。4歳から利用でき、保護者の同意があれば、小学生から子供だけで入場することも可能です。

■横浜ワールドポーターズ 天空のスケートリンク
住所:神奈川県横浜市中区新港2-2-1
実施期間:2019年12月20日(金)〜2020年3月22日(日)
実施時間:平日16:00〜20:30、土日祝・12月20日(金)〜1月5日(日)・3月20日(金)11:00〜20:30(12月31日は19:00まで)
休業日:2020年1月1日(水)・2日(木)、2月4日(火)
料金:4歳以上800円、中学生以上1,000円、親子ペア1,600円(税抜き)
※料金は貸靴込み

YORU MACHI in 千葉市中心市街地 スケートリンク【千葉県】

千葉県千葉市の中心街にある「千葉中央公園」内には、同エリアの夜を盛り上げるプロジェクトの一環として「YORU MACHI in 千葉市中心市街地 スケートリンク」がオープン。約400平方メートルの広々としたリンクは、プロアスリートも使用する世界最高品質の合成アイスでできていて、転んでも冷たくありません

年齢制限はなく、15.5cmから用意のある貸靴(またはマイシューズ)が履ければ楽しめます。30分500円でそりの貸し出しも可能です。周囲はイルミネーションで彩られ、キッチンカーなども登場し、特別な冬の雰囲気が満喫できますよ。

■YORU MACHI in 千葉市中心市街地 スケートリンク
住所:千葉県千葉市中央区中央1-12(千葉中央公園内)
実施期間:2019年11月30日(土)〜2020年3月22日(日)
実施時間:平日13:00〜22:00、土日祝11:00〜22:00(2019年12月20日〜2020年1月5日は土日祝の時間を適用)
休業日:期間中無休
料金:中学生以下900円、高校生以上1,500円、キッズ割(保護者1人+未就学児1人、子供1人につき500円追加、2時間制)2,000円
※料金は貸靴込み

関東で楽しめる氷ではない素材のスケートリンクを紹介しました。天候などによっては中止や実施時間を変更することもあるので、事前に確認の上、親子で満喫してくださいね。利用する際は各施設のルールを守り、安全に遊びましょう。

この記事をクリップする
8
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!