お得なクーポン情報の掲載をはじめました

【箱根】3~5歳の親子におすすめ観光スポット10選 乗り物・温泉・アートも1日満喫!

もくじ

日本有数の観光&温泉地である箱根では、3歳から5歳の好奇心いっぱいの子どもたちを満足させられるスポットがたくさんあります。今回は、温泉をはじめ、美術館やミュージアムなど3歳から5歳の子どもと一緒に楽しめる箱根のスポットを厳選紹介します。

箱根小涌園ユネッサン

箱根小涌園ユネッサンはプールとスパが両方楽しめるスポットです。水着で入れるユニークなお風呂や箱根ならではの本格的な露天風呂などの温泉もあります。

エネルギッシュな子どもが喜ぶキッズパークや「ボザッピィのジャングルジム(※)」があるほか、スパは屋内・屋外合わせて20種類を用意。※2018年5月28日(月)〜6月30日(土)は改修工事のため利用不可

コーヒー風呂やワイン風呂など、とにかくユニークなお風呂がたくさんあるので3歳から5歳の子どもは大はしゃぎ! ワイン風呂には子どもも入れます。ドクターフィッシュのお風呂や、屋外にはスライダー、滝があるなど時間を忘れて楽しめます。

「神々のエーゲ海」では浮き具を使って楽しむことができます。遊び疲れたら「リラクゼーションルーム」での休憩がおすすめです。

いろいろなお風呂を巡るだけでも楽しい!

子ども向けの遊具プール「ボザッピイのジャングルジム」以外にも、水深30cmの浅いお風呂があり、小さな子どもがいても安心して遊べます。ほかにも洞窟風呂で探検気分が味わえるなど、親子でいろんなお風呂を体験してみましょう。


箱根園

「箱根園」は水族館や動物園、ロープウェイ、遊覧船、クラフト体験などを持つ複合施設で、ここだけでも親子で1日遊べます。

とくに3歳から5歳には「箱根水族館」がおすすめ。海抜723mと日本で一番標高の高いところに位置するアットホームな水族館です。

人気エリアの「バイカルアザラシ広場」で、愛嬌たっぷりのアザラシたちがお出迎えや、ゆうゆうと泳ぎ回るアザラシが見られます。ほかにも「海水館」で大きなエイやサメを見たり、「淡水館」でアマゾン川に住む魚や水鳥たちを見たりと、室内のエリアが多いので天候に左右されずに楽しめます。

園内にある「箱根プリンスパン工房」では、プリンスホテル特製の焼きたてパンが味わえます。メロンパンや、かわいい形の温泉アザラシパンなどが人気で、ドリンクメニューも充実。ほかにも箱根ならではの寄木細工体験ができるお店もあります。レストランやお土産屋も充実。子どもとママが絵付け体験中に、パパはお土産を買うなど、別行動になっても全員が楽しめる施設です。

クラフト体験も人気!

クラフト体験ができる箱根園では「らくやき」というお皿やマグカップ、置物や小物入れなどに絵付けをして焼き物を作る体験も楽しめます。絵が好きな子どもと焼き物を作れば、親子のいい思い出になりますね。

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森美術館は、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を夢中にさせたヴェネチアン・グラス専門の美術館です。豪華で精巧にできたガラス作品の繊細さと美しさは、大人だけでなく、感性豊かな小さな子どもにもおすすめしたいスポットです。

3歳から5歳へのおすすめは、美術館から入ってすぐにある「光の回廊」です。約16万粒のクリスタルガラスがキラキラと輝く光の回廊は、風が吹くたびに繊細でまばゆい光を感じることができます。回廊から見える庭の風景は特に感動的です。丁寧に整えられた園内を楽しんで散策してみてくださいね。

そのほか、レストランはパスタやラザニアなどの本格的なイタリア料理をイタリア人歌手によるカンツォーネを聞きながら絶品の食事を堪能できます。店内で人気の焼きたてのクロワッサンはテイクアウトもできます。また、園内の水車小屋で販売されているジャムは、パッケージもかわいく、お土産としても人気です。

季節ごとのコンサートイベントにも注目

このミュージアムでの楽しみの一つが季節ごとのイベント開催。冬には定期的にバイオリンや馬頭琴のコンサートが開かれたり、夏にはガラスの昆虫の制作実演や子ども向けのクイズなどの企画が組まれたりしています。詳細は公式サイトでわかるので、出かける前にチェックするとベターです。

星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリ生誕100年を祝した世界的記念事業の一環として作られた『星の王子さま』をテーマにした世界で唯一のミュージアム。パパやママが読んでくれる「物語」が大好きなこの時期の子どもにとって、物語の世界観そのままの星の王子さまミュージアムはおすすめの場所です。

映像ホールでは、400インチの大きなスクリーンで、サン=テグジュペリの生涯と物語の概要に触れる映像を楽しむことができます。

映像を見たあとには20世紀初頭のフランスの街並みが再現された園内を散策しましょう。「きつね」や「バラ」など『星の王子さま』のキャラクターを園内のさまざまな場所で見つけることができるので、絵本の中にいるような1日を過ごせます。

ミュージアムショップではさまざまなグッズも。お子さんだけでなく、お母さんものんびりできそうです。

のんびりおいしいレストランでゆっくりと

施設に併設のレストラン「ル・プチ・プランス」では『星の王子さま』の世界をイメージしたランチやスイーツが楽しめます。11:30〜17:00(LO)と時間が長いので、子連れには助かります。

箱根神社

箱根神社は箱根のパワースポットのひとつです。神社へ行くには、正参道と呼ばれる石段90段ほどの道、脇道道という森の小道をのんびりと進む階段なしの道、宝物殿にあるエレベーター経由で行くことができます。小さな子どもでも階段の上り下りができるようになったら、手をつないで清々しい景色を見ながら石段を登ってみるのもおすすめです。

本殿へいくまでには長い石段も。道のりは大変ですが、子どもと一緒に褒めたり励ましたりしながら登りきると達成感を親子で味わうことができますね。

箱根神社すぐ隣にある九頭龍神社新宮前から湧き出す「龍神水」は持ち帰りOK。持ち帰り用のペットボトルも販売されているため、ペットボトルを忘れてしまっても大丈夫です。箱根神社と九頭龍神社を参拝するとご利益も2倍になるそうです。子どもと一緒にパワースポットを体験してくださいね。

冬のみどころは「箱根神社節分祭」(2月3日開催)

逃げ回る鬼に豆を投げつけ、鬼がなんと水上スキーで逃げて行きます! 同日には境内で揚げたてのわかさぎフライを無料で味わえます。その前夜の2月2日には、芦ノ湖上で冬景色花火大会も開催され、イベント盛りだくさんです。


箱根海賊船(箱根町港)

芦ノ湖の3つの港間を航行する箱根の有名な3隻「ビクトリー」「バーサ」「ロワイヤルII」の船が箱根海賊船です。晴れた日のデッキからの眺めは格別。空気が澄んでいる日は壮大な富士山を見ることができます。芦ノ湖そのものの美しさや四季折々の山の景色などが楽しめ、箱根神社の赤い鳥居、九頭竜神社も見えます。

「ビクトリー」はイギリスの軍艦をイメージして作られており、デッキに大砲があります。眺めのいいデッキで大砲があれば、気分はすっかり海賊気分。宝島を目指すようにデッキからの景色を楽しんでもいいですね。

3隻はそれぞれ外観や内装が異なるため、芦ノ湖で海賊船とすれ違うのも楽しいです。フランスの戦艦をモデルとした「ロワイヤルII」やスウェーデンの戦艦をモデルとした「バーサ」。乗り物が好きな幼児期、一緒に覚えても楽しいですね。

桃源台ターミナル限定のカレーパンをチェック

桃源台ターミナル内の売店のみ販売されているカレーパンは、海賊をイメージしたイカ墨を生地に練りこんだキーマカレー入りの黒いカレーパン。そのほか、宝箱の形をした箱に入っているソフトクッキー、マグネットやタオルなどもお土産として人気があります。

箱根ロープウェイ

スイスのゴンドラを使用したロープウェイです。安定性が高く、風速30mの強風にも耐えられる全面ガラス張りのゴンドラを採用しています。標高は約1,000mで、早雲山駅〜大涌谷駅〜姥子駅〜桃源台駅間を走行しています。

走行する区間によって絶景ポイントが変わるのも魅力。桃源台〜姥子駅〜大涌谷の間では、芦ノ湖と富士山の大パノラマ風景が展開します。大涌谷駅〜早雲山駅間では迫力ある大涌谷の谷底が広がります。お子さんと一緒にワクワクしながら、目的地までのゴンドラからの風景を満喫できますね。

1年を通して四季折々の景色を楽しむことができるのも空中散歩ならでは! 春は美しい山桜、夏はあじさいや新緑、秋は全国から人が訪れる程の大人気の紅葉、冬は空気が澄んでいるため富士山がとても美しく鮮やかに見ることができます。

大涌谷駅で制服を着て記念写真を!

大涌谷駅には、ロープウェイのスタッフが着ている制服を着てロープウェイのレプリカと一緒に記念撮影ができます。子ども用の小さな制服もあるので親子で撮影してみては?

彫刻の森美術館

3歳から5歳のエネルギッシュな子どもには、実際に触ったり遊んだりできるアートがおすすめ。なかでも、彫刻の森美術館は体験型の作品が多く展示されています。

「しゃぼん玉のお城」は透明のシャボンの中にいるような気持ちになれるアート作品。施設のスタッフさんによると「一度入ると本当に楽しくなって、なかなか子どもが出てきてくれないことも」あるそう。ときどき外にいるママやパパも、穴から子どもたちをのぞいて「いないいないばあ」などをして遊びに参加すると、子どものとびきりの笑顔を見ることができますよ。

そのほかには2017年7月に再登場したネットの森も3歳から5歳に人気の展示です。巨大な色鮮やかなハンモック状のネットの中に入って楽しめます。

事前に遊ぶ場所を決めておくのがおすすめ

紹介したほかにも、庭の迷路を散策したり、幸せをよぶシンフォニー彫刻を登ったりと、飽きずに1日過ごせる広さと遊びがあります。また、ミュージアムショップも充実。フードコートや足湯もあり、大人も満足できるピカソ館など、目的ごとにどこを優先的に回るか決めておくといいでしょう。

箱根 芦ノ湖遊覧船

優れた安定性と広さが乗り心地の良い箱根芦ノ湖遊覧船。西武グループの伊豆箱根鉄道が運営しており、船はライオンズカラーの爽やかな外観で元箱根港・箱根関所跡港・箱根園港・湖尻港から乗船できます。

船内はとっても静かで安定性もあり、のんびりと船の旅を楽しめます。晴れた日はデッキから富士山が見えて、箱根ならではの贅沢な景色を満喫できます。

スタンプラリーがあり、スタンプは各港に1個用意されています。楽しいサービスも追加されていて、港に設置されている「記念スタンプ」とその案内にはスタンプと同じ絵柄の画像をQRコードで取り込むことができるスマートフォンのスタンプラリーもあります。

港の記念スタンプや記念メダルも!

各港に記念スタンプが用意されており、各港で押して集めるのもおすすめ。また、昔懐かしい「記念メダル」も販売しています。別売りのペンダントやキーホルダーに入れたり、メダルに刻印(別途300円必要)を入れたりもできます。

箱根ドールハウス美術館

実物の1/12サイズで精巧に作られた模型の家(ドールハウス)によるヴィンテージなミニチュア世界が楽しめる美術館です。イスやテーブルなどの調度品はもちろん、壁に飾られた絵、戸棚にある皿まで再現されています。

ドールハウスは16世紀中頃、ドイツの貴族が娘のために職人に作らせたのが始まりで、世界中にコレクターがいるミニチュアの美術工芸品。歴史的背景やその国の特徴などもあり、細部を見始めると単純にメルヘンの世界だけではない奥行きを感じます。

ミニチュアというと「おもちゃ」のような子ども向けのイメージがあるかもしれませんが、実際の作品の迫力に大人も子どももびっくりします。目の前にするとミニチュア世界にすっかり引き込まれることでしょう。

目線の高さで見える世界が変わる

ドールハウスは、見る人の目の高さによって気がつくところが違います。ときには子供の目線に合わせたり、抱っこして大人の目の高さを見せてあげたりと、親子で視点を変えながら見ることで驚くほど違った世界を味わえます。

3歳から5歳という活発な時期の子どもにピッタリのさまざまな体験ができるスポットを紹介しました。また、同時に乗り物も楽しめるので、車以外の移動にも組み込んで、箱根ならではの旅行を楽しんでください。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!