「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」向けのスキル、いこレポ 〜おでかけニュース〜 の配信をはじめました。
(C)Disney

日本初のディズニー展が全国開催! 撮影OK&限定グッズ&原画も

ウォルト・ディズニー関連の貴重なアイテムなどが楽しめる日本初の展覧「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜」が、2018年4月11日(水)〜5月14日(月)に、大阪・大丸梅田店15階の大丸ミュージアムで開催されます。貴重な資料やアイテムをはじめ、人気映画で使用された衣装など見どころ満載です。

日本初の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」とは

ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存するアメリカの「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。貴重な史料ばかりなので、一般公開はされていなく、普段は簡単に見られません。

今回、ディズニー作品が大好きな日本のために、アーカイブスの空間を体験できる日本初の展覧会が決定! 大阪会場を皮切りに全国巡回がスタートします。

見どころ紹介

展示会で飾られるのは、数千点におよぶコスチュームや小道具、400万点の写真資料といった膨大なコレクションから厳選されたものばかり。なんと、日本初公開を含む約420点の貴重なアイテムたちが並びます!

展示会の入り口には、アメリカのアーカイブスのロビーにある巨大なショーケースがお目見え。ここではミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した特別仕様なので、必見です。


映画撮影に使われたアイテムがずらり

映画などで実際に使用されたアイテムも登場します。2017年に実写化された映画『美女と野獣』からは、ベルの衣装や、ルミエール、コグスワース、ポット夫人など、個性豊かな登場人物の撮影に使われたキャラクター・モデルが並びます。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』からは俳優のジョニー・デップがこだわりぬいたという衣裳や小道具も展示。

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの人気アトラクション「ホーンテッド・マンション」で実際に使用された3人のゴーストなどにも注目! 貴重な小道具を間近で見られるチャンスです。

ディズニーの歴史に触れられるエリアも

ディズニーの歴史を振り返ることができる「リサーチルーム」では、見るだけでなく触れることができる資料や、アニメーターたちが使用するデスク、オリジナル原画作品も公開されています。アーカイブス・スタッフがこっそり教えるディズニー作品のトリビア解説の数々も楽しめるとのこと。

さらに、今回の見どころの一つが、ミッキーマウスの生みの親であるウォルト・ディズニーの仕事場です。細部にわたり忠実に再現された特別な空間。ここからさまざまなタイトルが誕生したのかと思うと感慨深いですね。

限定グッズにも注目!

誰でも立ち寄れるグッズ販売コーナーでは、ファッション、インテリア雑貨、アクセサリー、文具類など、会場限定のオリジナルグッズが購入できます。ここでしか手に入らない貴重なアイテムをお見逃しなく!

展覧会のなかには、貴重なコレクションを撮影できるコーナーもあるそうです。鑑賞するだけでなく、写真として思い出に残せるので親子でのおでかけにぴったりですね。ぜひ足を運んでみてください。

■ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜
開催期間:2018年4月11日(水)〜5月14日(月)
時間:10時〜19時30分(20時閉場)
※最終日は16時30分まで(17時閉場)
場所:大丸梅田店15階 大丸ミュージアム
料金:一般1,500円、大学生・高校生1,200円、中学生から3歳まで800円、2歳以下無料

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。