お得なクーポン情報の掲載をはじめました

「東京ディズニーリゾート」開園当初は◯◯がなかった!? 35年前のMAP&写真紹介

2018年春に開園35周年を迎える「東京ディズニーリゾート」では、2018年4月15日(日)〜2019年3月25日(月)の期間、「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」が開催されます。そこで今回は、35年間の歴史が垣間見えるオープン当時のパークの様子を紹介します。

35周年イベント情報まるわかり!

オープン当初のパークの様子

東京ディズニーリゾートの歴史は、1983年4月15日の「東京ディズニーランド」開園に始まります。当日の天気はあいにくの雨でしたが、パークのゲート前にはパークオープンを待ちわびた約3,000人のゲストが駆けつけていました。

当時配られたガイドマップがこちら。現在のガイドマップとは、ずいぶん印象が違います。ガイドマップ一つとっても時代の流れを感じますね

園内のイラストマップを見てみると、現在大人気のアトラクション「スプラッシュ・マウンテン」がある「クリッターカントリー」やキャラクターのおうちがある「トゥーンタウン」は、オープン当時にはまだなかったことがわかります

いつでもミッキーに会える「ミッキーの家とミート・ミッキー」もオープン当初にはなかったんですね。

一方で、オープン当初から親しまれているアトラクションも多数あります。「スペース・マウンテン」や「ジャングルクルーズ」のほか、昨年10月10日(火)に幕を閉じた「スタージェット」の姿もありますね。

また、現在クローズ中の「イッツ・ア・スモールワールド」は、開園日に一番多くのゲストが利用したアトラクションだったそうです。注目のリニューアルオープンは、35周年のイベント開始と同日の4月15日(日)を予定しています

今年は35周年イベントが盛大に開催される同パーク、過去のマップや写真と見比べて園内を回るのも普段と違った楽しみができそうですね。

35周年の◯得情報はこちらから!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。