お得なクーポン情報の掲載をはじめました

東京ディズニーリゾート、35年前の入園料いくらだった? 当時&最新チケットも紹介

2018年春に35周年を迎える東京ディズニーリゾート(以下、TDR)。4月15日(日)からスタートするアニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!”」の開催にあたり、35周年限定デザインのパークチケットが発表されました。アニバーサリーらしく、祝祭感あふれる楽しいデザインとなっています。

TDR「35周年イベント」を一挙紹介!貴重! 35年前のTDLガイドマップを発見!

35周年デザインチケットは全7種類!

東京ディズニーランド(以下、TDL)、および東京ディズニーシー(以下、TDS)で購入できる35周年限定デザインのパークチケットは全部で7種類

アニバーサリーらしく、リボンをイメージしたコスチュームを着たミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、チップ&デール、プルートがそれぞれ描かれています

どのデザインのパークチケットになるかは、購入してからのお楽しみです。チケットを購入するたびにワクワクできるので、全てのデザインを集めるのも楽しみの一つになりますね。


eチケットにも35周年限定デザインが登場!

さらに、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトで購入できる「ディズニーeチケット」も35周年限定デザインに変わります。「ディズニーeチケット」でしか手に入らない限定デザインは必見!

ミッキーマウスとミニーマウス、チップ&デールが祝祭を楽しんでいる様子が描かれた自宅配送用のパークチケットのほか、スマートフォンでの画面表示用のデザインなど、3種類のタイプがありますよ

TDRでスマホ入園が可能に!

また、35年前のチケットと入園料も合わせて紹介するので、現在と比較してみてください!

35年前のチケット&入園料

ここで、1983年の開園当時に販売されていたパークチケットを紹介します。ティンカー・ベルのイラストが入った当時のパークチケットには、現在と同じ1日中パークを楽しめる「パスポート」のほか、「入園券」や「アトラクション券」など、さまざまな種類のチケットが用意されていました

各種チケットの料金は、入園券が2,500円、入園券とアトラクション券がセットになったパスポートが3,900円でした(1983年4月開園当時の大人料金)。現在と比べると、とてもリーズナブルな印象です。

入園券とアトラクション券がセットになったブックタイプの「ビッグ10」には、A、B、C、D、Eの5種類のアトラクション券があり、バランス良く使いきれずチケットが手元に残ってしまうことも。懐かしく感じるパパやママも多いエピソードではないでしょうか?

これらのチケットは、2001年4月に現在の「パスポート」に統一されました

その後、TDSや4つのディズニーホテルなどの施設がオープンし、TDRとして現在も進化を続けている同パーク。ぜひ親子でおでかけして、ディズニーの仲間たちと一緒に35周年をお祝いしましょう!

■東京ディズニーリゾート35周年 「Happiest Celebration!」
開催日時:2018年4月15日(日)〜2019年3月25日(月)
※営業時間は日にちによって異なる
場所:東京ディズニーリゾート
対象:東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの1デーパスポート
料金:大人(18歳以上)7,400円、中高生6,400円、4歳〜小学生4,800円
※3歳以下は無料

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!