「Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)」向けのスキル、いこレポ 〜おでかけニュース〜 の配信をはじめました。

【名古屋】子連れにおすすめ観光スポット13選! 1日遊べる人気定番&入場無料も多数

もくじ

東海エリアを代表する大都市・愛知県名古屋市。名古屋城をはじめとする歴史的なスポットはもちろん、レゴランド・ジャパンや日本最大級の水族館など、同エリアならではの施設が多いことでも有名ですよね。

そこで今回は、名古屋にある豊富なお出かけ先の中から特に子連れにおすすめの遊び場を紹介します。小さな子どもと一緒でも満喫できる施設ばかりですよ!

LEGOLAND Japan(レゴランド・ジャパン)/港区

子どもが大好きなレゴをテーマにした「LEGOLAND Japan(レゴランド・ジャパン)」。園内では乗り物や街並みを楽しんだり、ブロックでものを作ったりと、70を超えるアトラクションで思いきりレゴの世界を楽しめます。

大型で柔らかいデュプロブロックが用意された「デュプロ・プレイ」は、ケガの心配もなく小さな子ども連れに大人気。デュプロブロックの列車「デュプロ・エクスプレス」や自分で運転できる「ジュニア・ドライビング・スクール」など、子どもが喜ぶ乗り物も豊富です。

「ロボティック・プレイセンター」では、タブレットによるプログラミングのワークショップ(予約制)を開催中。小学1〜3年生向け、小学4〜6年生向けと対象クラスが分けられているので、年齢に合わせてプログラミングの基礎を楽しく学べます。

口コミPickUP!
開園後すぐに一番人気の「サブマリン」に乗りました。その後も「ザ・ドラゴン」などの人気アトラクションも5〜15分程の待ち時間でストレスなく乗れました。ricco_riccoさんの口コミ

水族館もオープンしてますます魅力的に!

2018年4月15日(日)にはレゴランドのとなりに水族館「SEA LIFE Nagoya」がオープン。レゴブロックに囲まれながら海の生き物を見たり触ったりできますよ。また、2018年4月28日(土)には「LEGOLAND Japan Hotel」もオープンします。

親子向け施設情報

  • 入園料(1DAYパスポート)大人:入園7日以上前6,200円、入園6日前〜2日前6,500円、1日前〜当日6,900円
  • 入園料(1DAYパスポート)子ども:入園7日以上前4,700円、入園6日前〜2日前5,000円、1日前〜当日5,300円

名古屋港水族館/港区

日本最大級の展示数である約500種類5万点が飼育されている「名古屋港水族館」。施設内は北館の「35億年はるかなる旅〜ふたたび海にもどった動物たち」と、南館の「南極への旅」と分けられていて、それぞれのテーマに沿った海の生き物が観られます。また、1日を通してさまざまなイベントが行われているのも注目ポイントです。

日本では鴨川シーワールドと同館の2カ所の水族館にしかいないシャチも飼育されています。1日に複数回公開トレーニングが開催されているので、珍しい姿に子どもは大はしゃぎするはずです。

気温や照明を調整して南極の環境が再現された「ペンギン水槽」では、4種類のペンギンが元気に泳いだりエサを食べたりする様子を観察できます。世界最大のエンペラーペンギンや髭のような模様があるヒゲペンギンなど、違う種類のペンギンを見比べるのも楽しいですよ。

口コミPickUP!
夏休みのナイトに行きましたが、5時から入園が20%オフになりました。水面も、イルカもシャチもキラキラひかり、とても綺麗でした♪kojimanさんの口コミ

年間パスポートにはシール付きノートも付いてくる!

お得な年間パスポートを購入すると、小、中学生を対象に「かんさつノート」がもらえます(土、日、祝日のみ各50人先着)。クイズに答えたりシールを貼ったりして海の生き物に詳しくなれますよ。

親子向け施設情報

  • 入館料:大人2,000円、小・中学生1,000円、4歳以上500円

名古屋港シートレインランド/港区

エリア最大規模の大観覧車が人気の遊園地です。メリーゴーランドやバッテリーカーなど、小さな子どもが大はしゃぎできるアトラクションもたくさん。名古屋港水族館にも歩いて行けるので一緒に楽しむのもおすすめです。

大観覧車に乗ると、85mの高さから名古屋の街並みや名古屋港を見下ろせます。シースルーのゴンドラもあるのでスリル満点。また、夜になるとライトアップされて昼間とは違う雰囲気が楽しめます。

ブランコが回転する「ファミリースインガー」やミニサイズのコースター「ファミリーコースター」など、親子で気分爽快になれる乗り物もそろっています。また、年齢制限のないゲームコーナーや立体シアターもあるので、赤ちゃん連れでもいろいろ楽しめますよ。

入園無料なのでリーズナブルに遊べる!

無料で入園できるのも子連れに人気の理由のひとつ。乗り物に乗るときだけ料金を払えばいいので、子どもの好みや滞在できる時間に合わせてリーズナブルに楽しめます。

親子向け施設情報

  • 入園料:親子ともに無料

リニア・鉄道館/港区

東海道新幹線を中心に在来線から超電導リニアまでずらりと39両も並ぶ、鉄道好きの親子が大満足できるスポットです。東海道新幹線や在来線、超電導リニアの実物を間近で見られます。レゴランド・ジャパンへ歩いて行ける場所なのもうれしいですよね。

子どもに大人気の運転シミュレータは、新幹線シミュレータ「N700」と在来線シミュレータ「運転」の2種類を用意。在来線シミュレータ「車掌」では、乗降時の安全確認、ドアの開閉、車内アナウンスなどの車掌になりきれる体験もできます。「N700」と「車掌」は抽選なので訪れたら忘れずに申し込みましょう。

大正時代の機関車から新幹線の試験車両、さらに超電導リニアまで、さまざまな車両が展示されている様子は圧巻! 鉄道の歴史を学べる展示室、鉄道のしくみが学べる体験装置、日本最大級のジオラマなど、見逃せない展示物が豊富です。

口コミPickUP!
残念ながら、新幹線運転シミュレーションと、車掌体験の抽選には、外れてしまいましたが、100円で、在来線運転体験ができます。大きなジオラマがあり、2階は、プラレールで遊べる場所もあります。inenkoさんの口コミ

子連れにうれしい設備やサービスも充実

授乳室、おむつ交換台、プラレールで遊べるキッズコーナーなど、小さな子ども連れでも楽しめる設備が充実しています。お弁当や飲食物の持ち込みも可能です。

親子向け施設情報

  • 入館料:大人1,000円、小・中・高生500円、3歳以上200円

名古屋市博物館/瑞穂区

名古屋市の人口200万人突破記念事業の一環として開館された歴史系博物館です。26万点ほどの名古屋を特徴づける歴史史料を中心に所蔵しています。名古屋の特徴がわかる展示が多いので観光で訪れるのにぴったりですよ。

常設展には、尾張エリアの旧石器時代から現代までの歴史が学べるさまざまな展示物が並べられています。また、名古屋の街並みや暮らしの様子がわかる模型も展示されています。

1階では特別展や企画展が催され、期間ごとに異なるテーマの展示が楽しめます。また、子どもが楽しめる歴史体験セミナーや、同館の学芸員が最新の研究結果やユニークな話題を話してくれる「はくぶつかん講座」も定期的に開催されています。

小さな子ども向け設備も充実!

貸出用のベビーカー、おむつ替えができる3階のベビーベッド、授乳やおむつ交換、急な体調不良の時に利用できる地下1階の保健室など、赤ちゃん連れが安心して過ごせる設備も整っています。

親子向け施設情報

  • 入館料:大人300円、高・大学生200円、中学生以下無料
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、第4火曜日(祝日の場合は開館)、12月29日〜1月3日 ※平成30年5月1日、8月13日は特別開館。平成30年12月3日〜12月10日は館内点検のため休館。

東谷山フルーツパーク/守山区

リンゴ、ブドウ、ナシ、ウメ、カキ、モモなど約190品種の果樹が15の果樹園に植えられている農業公園です。植物の観察や散策が楽しめ、生の搾りたてフレッシュジュースやカットフルーツが味わえる売店も人気です。

バナナ、パパイヤ、グァバなど約100品種の珍しい熱帯・亜熱帯地方の果樹が植えられている世界の熱帯果樹温室(大人300円、中学生以下無料)も見逃せません。ドーム型なので雨の日でも楽しめますよ。

約1,000本のシダレサクラも植えられていて、春になるとサクラのトンネルを満喫できます。ほかにも屋外の園路では、ツバキ、ウメ、シャクヤク、アジサイなどの季節の花も楽しめます。

口コミPickUP!
フルーツパーク内には滑り台が並んで2台あります。滑り台の横に桜が咲いているので、桜のトンネルを滑っているみたいです。Taebubuさんの口コミ

自然の遊び場がたくさん!

土、日、祝日には不定期で果物の収穫体験も開催されています。また、東谷山の散策ハイキングや魚釣りを楽しめるフィッシングコーナー(竿・エサの貸出250円〜)もあるので、親子で自然を満喫できますよ!

親子向け施設情報

  • 入園料:親子ともに無料(世界の熱帯果樹温室は大人300円、中学生以下無料)

名古屋城/中区

名古屋のシンボルともいえる「名古屋城」。国の特別史跡にも指定されている天守閣は金のシャチホコが子どもに大人気! 2018年3月にはグルメやイベントが楽しめる「金シャチ横丁」もオープン。新しい魅力がどんどん増えていますよ。

天守閣の地下1階から7階(6階は除く)では、鎧、刀、美術品などが展示されています。復元工事が行なわれている本丸御殿も、2018年6月8日(金)には完成公開を控えているので楽しみですね。

また、天守閣は2018年5月7日(月)から木造復元事業に伴う調査・工事のため閉館していますが、金シャチ横丁を含めたほかの関連施設は営業されています。

最上階の天守閣展望室からは、木曽や飛騨の山並みをはじめ白山や伊吹山なども見渡せます。また、5階には実物大の金のシャチホコの模型もあり、またがって撮影することもできますよ!

息子と散歩しに行きました。名古屋おもてなし武将隊と服部半蔵忍者隊が毎日誰かはお城にいるそうです。平日に行ったのですが、お写真を一緒に撮ってもらいました。忍者さんは天守閣の前でショーをしてました。土日は演舞もしているとのことです。tmmさんの口コミ

ベビーカーでも楽しめます!

城内にはエレベーターやおむつ交換ができるトイレもあるので、小さな子どもとのお出かけでも困りません。中学生以下は入館無料なのもパパママにはうれしいところです。

親子向け施設情報

  • 入館料:大人500円、中学生以下無料

大須観音/中区

初詣や夏祭りの時期はもちろん、毎日多くの人が参拝に訪れる「大須観音」。日本三大観音のひとつに数えられているスポットです。境内ではたくさんのハトにエサやりもできるので、子どもも大喜び!

街歩きが楽しいエリアとして観光客からも人気の大須。そのエリアの一角にある全国的にも有名な寺院が「大須観音」です。北野山真福寺宝生院が正式な名称ですが、一般的には観音様と呼ばれ親しまれています。

大須観音のすぐ近くには、バラエティ豊かなお店が並ぶ仁王門通が伸びています。ほかにも周囲には東仁王門通、観音通、赤門通、万松寺通、裏門前町通、新天地通と多くの通りがあり、商店街に並ぶお店の数は約1,200店舗!

多くの人から親しまれる理由

敷地内では、夏祭り時など不定期で路上ライブやコスプレイベントが開催されることもあります。また、毎月18と28日には骨董市も開催されているので、参拝と合わせていろいろな楽しみ方ができますよ。

親子向け施設情報

  • 拝観料:親子ともに無料

NHK名古屋放送局 放送体験スタジオわくわく/東区

NHK名古屋放送局内にある見学施設「NHK放送体験スタジオ わくわく」。映像に合わせて音声をつけて遊んだり、ニュースキャスターになりきってインタビュー体験したりと、テレビ局のことを楽しく学べるスポットとして親子に人気です。

「いないいないばあっ!」のワンワンが出迎えてくれるので、思い出づくりに一緒に記念撮影するのもおすすめです。

「わくわくスタジオ」では、ニュースキャスターになって原稿を読んだり、実際に出演した映像をテレビモニターで見ることができます。画面の中のうたのおにいさんやおねえさんと一緒に歌ったり躍ったりできる「おかあさんといっしょ たいそうひろば」も大人気。

ほかに「タッチパネルクイズ」、過去のNHK番組が無料で見られる「番組公開ライブラリー」などでも楽しめます。

ほかでは見られないスーパーハイビジョンも!

館内では、ハイビジョンを超える4K・8K「スーパーハイビジョン」で制作された美しい番組も放映されています。きめ細やかな美しい映像に加えて、立体的な音響によるその場にいるかのような圧倒的な臨場感を体験できますよ。

親子向け施設情報

  • 入館料:親子ともに無料
  • 開館時間:午前10時〜午後5時
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は営業)、ビル休館日(2月、8月の第1日曜日)、12月29日〜1月3日 ※夏休み期間中は、月曜日も営業

東山動植物園/千種区

「動物園」「植物園」「遊園地」「東山スカイタワー」と、子どもが喜ぶスポットが満載の「東山動植物園」。特に人気の動物園では、新獣舎も続々とオープンして約500種類の動物を楽しく観察できます。また、自然林を活かした植物園では、約7,000種類の植物も満喫できます。

100種類の桜が植えられている植物園の「桜の回廊」では、春の満開シーズンには圧巻の景色が広がります。また、梅園、椿園、花畑などもあり、園内の各所で1年を通して四季折々の花々を楽しめます。

動物園は目の前で動物を観察できたりと、子どもが楽しみやすい工夫がいっぱい。イケメンすぎるゴリラとして有名になったゴリラのシャバーニも必見です!

口コミPickUP!
コアラに会いたくて おもわずボートにも乗ることになり、体も使って全身でたのしみました 可愛いソフトクリームも子供たち大喜び。子供が無料なのがうれしい!hayashifamさんの口コミ

小さな子どもには「こども動物園」がおすすめ

併設のこども動物園には、モルモットやヤギに触れられる「ふれあい広場」、小鳥を間近に見られる「小鳥とリスの森」、希少な淡水魚も飼育されている「世界のメダカ館」など、小さな子どもでも楽しめる施設がたくさんあります。

親子向け施設情報

  • 入園料:大人500円、中学生以下無料

名古屋大学博物館/千種区

2000年4月に国内で5番目の総合大学博物館として誕生した「名古屋大学博物館」。天井から差し込む光が印象的な建物の中に、名古屋大学が所蔵する標本や資料、研究の成果などが展示されています。

約110万点の資料の中には、木曽馬(長野県木曽郡を中心に乗用、役用、肉用に利用されていた馬)の骨格標本など興味深い展示がたくさん。名古屋大学はノーベル賞受賞者を複数輩出していることもあり、充実したノーベル賞の研究コーナーも必見です。

特別展や企画展では、子どもに人気の昆虫やミクロの世界を学べる催しも行われています。これらの催しでは、各分野のエキスパートの話も聞けて貴重な体験になりますよ。

無料で受講できる地球教室もチェック!

専門的な内容を分かりやすく教えてくれる、子ども向けフィールドセミナー「地球教室」も開催されています。無料で参加できるものもあります。

親子向け施設情報

  • 入館料:親子ともに無料(特別展・企画展も無料)

熱田神宮/熱田区

三種の神器のひとつ「草薙神剣」が祀られていることでも有名な格式の高い神社です。古くから熱田さまとよび親しまれ、年間で約700万人もの参拝者が全国から訪れています。

パワースポットとしても人気の清水社もあるので、参拝と合わせてお参りしましょう。ほかにも、織田信長が奉納した土塀(信長塀)や樹齢1,000年以上といわれている大楠など、見逃せないスポットがたくさんです。

神苑にはクス、ケヤキ、カシ、シイ、ムク、イチョウ、クロガネモチなどが生い茂っています。静寂に包まれている熱田の杜に身を置くと、街中にいることを忘れてしまいそうになりますよ。

口コミPickUP!
お宮参りで行きました!授乳室もミルク用のお湯もありました。新米ママのおりえってぃさん口コミ

国宝や重要文化財もたくさん!

宝物殿には、国宝・重要文化財をはじめとする6,000点もの宝物が所蔵されています。月ごとに展示内容が替わるので、子どもとのお参りの際には立ち寄ってみましょう。

親子向け施設情報

  • 参拝料:親子ともに無料(宝物館は大人300円、小中学生150円。企画展・特別展は別途)

トヨタ博物館/長久手市

トヨタ自動車創立50周年を記念してつくられた「トヨタ博物館」。自動車の歴史や実車が多数展示されているので、乗り物好きの親子には理想のお出かけスポット! 名古屋市外ですが、モノレール(リニモ)の芸大通駅から徒歩5分なのでアクセスも楽ですよ。

普段はなかなか目にできないクラシックカーが見られ、親子で記念撮影したり、新館では運転席に座ったりと貴重な体験ができます。写真のトヨタ自動車初の生産型乗用車トヨダAA型(レプリカ)も大人気。

子ども向けの絵本スペース「のりもの・えほん・としょしつ」が設置されています。車だけでなく、電車や飛行機、船などの乗り物の絵本ばかりが置いてありますよ。また、屋外の芝生広場では自由に遊ぶこともできます。

車のおもちゃもたくさん!

併設されているショップでは、お土産にぴったりなミニカーや雑貨も販売されています。また、ベビーベッドや授乳室もあるので赤ちゃん連れでも安心ですよ。

親子向け施設情報

  • 入館料:大人1,000円、中・高生600円、小学生400円、未就学児無料



名古屋市と近郊にある子連れにおすすめの観光スポットを厳選して紹介しました。歴史を学べる施設からたっぷり遊べる遊園地まで、何度もお出かけしたくなる施設がたくさんです。親子でお出かけして思い出を作ってくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。