注目の忍者アトラクション「忍術皆伝の道」元旦にOPEN!

2016年年1月1日(金)、山梨県忍野村にある忍者テーマビレッジ「忍野 しのびの里」に忍者アトラクション「忍術皆伝の道」がOPENします!

楽しみながら忍者修業できるアスレチック

 「忍術皆伝の道」は、楽しみながら忍者修業が体験できるアスレチック。忍者のように壁をつたって進む「つたい壁」や鳴子のついたロープを掻い潜る「鳴子地獄」、随所に仕掛けが潜む「からくり迷路」など、忍者に必要な様々な能力を鍛える7つのアイテムで構成。

既存の忍者アトラクション「忍者からくり屋敷」、「忍野手裏剣道場」に「忍術皆伝の道」が加わり、忍者体験を楽しめるコンテンツが更に充実です。

「忍術皆伝の道」7つのアイテム紹介

  1. つたい壁…忍びに必要な隠密行動を鍛えるため、狭い足場を壁伝いに静かに進むべし
  2. 丸太渡り…忍びに必要なバランス感覚を養うため、狭く細い丸太の上を歩き奥まで進むべし
  3. 飛び丸太…バランス感覚を養うために、点在する複数の丸太を慎重に渡るべし
  4. 鳴子地獄…俊敏な身のこなしをつけるため、鳴子が付いたロープを掻い潜り進むべし
  5. 大蜘蛛の巣…壁や石垣を登りきる力を鍛えるため、蜘蛛の巣のように張り巡らされた糸をつかみ進むべし
  6. からくり迷路…任務遂行に必要な洞察力を養うため、随所の仕掛けを見破り正しい道を進むべし
  7. しのび物見台…最後の難関の高台。これまで鍛えた力やバランス力をもって臨むべし

元旦はわんぱく相撲・餅つき大会も実施!

「忍術皆伝の道」オープン日となる1月1日(金)には、新春イベントとして子どもが現役幕内力士「臥牙丸関」に挑むわんぱく相撲や餅つき体験、樽酒の振る舞いなども実施。楽しいお正月は、ぜひ「忍野 忍びの里」にて!

「忍術皆伝の道」概要を見る
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!