雪とくらげがシンクロする極上の癒し空間「雪とクラゲ」開催

「いきもの」と「京都の四季」の優雅な美しさを同時に体感できる「冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』」が、2015年12月26日(土)より京都水族館で開催スタートしました!

雪とくらげがシンクロし合う極上の癒し空間

『雪とくらげ』は、深々と降り続ける京都の雪景色、ふわりふわりと優美に漂うくらげの美しさを融合させた「四季を楽しむインタラクティブアート」の第1弾として開催。壁面から床面にわたる映像演出で来場者を包み込み、幻想空間へと誘います。

『雪とくらげ』の開催期間は、2016年3月13日(日)まで。美麗な演出と共に、水族館でしか味わえない冬を京都水族館でぜひご堪能ください!

「雪とくらげ」の詳細を見る

演出を手掛けたのは京都のクリエイティブスタジオ「1-10」

■1-10HOLDINGS概要
デジタルの可能性を追求するクリエイティブスタジオ。ブランドや社会の課題をアイデア、クリエイティブの力で解決する事を目指し、日夜、企画、制作業務に邁進しているクリエイターとテクノロジストを有する組織。グループ全体では、CANNES LIONS・GOLD、ADFEST・グランプリを含む、150以上の広告賞を受賞。広告コミュニケ−ションやブランデッドコンテンツの制作を主軸に、現在ではソフトバンク社が誇る、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の人工知能・感情認識と連携した会話エンジンの開発や、日本財団パラリンピックサポートセンター共同オフィスの総合クリエイティブディレクションなども行う。

■1-10drive概要
「ブランド・プロトタイピング・カンパニー」として、 IoT(Internet of Things)や AI(Artificial Intelligence)といった新たなテクノロジーを活用し、モノづくりやサービス開発の領域から企業のブランド開発を担う。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!