川崎ハロウィン体験記・前編:早めの準備&情報収集を

ハロウィンパレードは「興味はあるけど、まだ参加したことがない」という方も多いのでは? そんな方に向けて「KAWASAKI Halloween2015」(神奈川県川崎市『LA CITTADELLA (ラ チッタデッラ)』で開催)のキッズパレード体験レポートをお届け。前編では、参加したからこそわかった準備のコツをご紹介します。パレード参加は事前準備が成功のカギ! ぜひ来年に向けてお役立て下さい。

【補足情報】
「KAWASAKI Halloween 2016」は、未就学児が参加の「キッズパレード」が2016年10/29(土)、小学生以上が参加の「ハロウィンパレード」が2016年10/30(日)の開催予定です。パレード申し込みは2016年9/1(木)開始の予定。詳細は下記公式ページでご確認ください。

「KAWASAKI Halloween 2016」公式サイトはこちら

ハロウィンパレードは事前予約が基本!早めの申込みを

今回私が参加したのは地元・川崎で10月24日(土)に開催された「KAWASAKI Halloween2015」のキッズパレード。実は昨年も参加しようと思い、10月に入ってから公式サイトをのぞいてみると、すでにチケットは完売…。今年こそはと、夏前から公式ページを見て、受付開始が9月1日であることをしっかりチェックしていました。

「KAWASAKI Halloween」だけでなく、各地で開催される大規模なパレードは事前予約が必要で、人気のパレードは受付開始後すぐに定員が埋まってしまうので要注意! 遅くとも、8月下旬には一度公式サイトで受付開始日をチェックしておきましょう。

実際、「KAWASAKI Halloween2015」のキッズパレードも、今年は500名定員を増やして1,500名(500名×3回のパレードを実施)になったにも関わらず、受付開始からたった2日で完売してしまいました。

受付開始後にバタバタしているとすぐにチケットが売り切れてしまうので、特にグループで参加する場合には、下記項目について他の参加者と事前に相談しておきましょう。

パレード受付開始前に確認しておきたいこと

  • 誰と出るのか
  • 複数回の実施がある場合にはどの回に出るのか
  • グループで一緒の隊列に並ぶにはどうすればいいのか

衣装探しは100円ショップやフリマアプリもフル活用!

申し込みが無事に済んだら、いよいよ衣装選び。グループみんなで同じ仮装をする集団仮装の場合は、仮装テーマを決めるところからスタートなので、時間に余裕をもって進めましょう。「KAWASAKI Halloween2015」でも、集団仮装のグループが目立ちましたが、皆さんパレードの1〜2カ月前にはテーマを決め、準備を始めていたそうです。

「KAWASAKI Halloween2015」キッズパレード参加者スナップ

ハロウィンパレードの衣装を準備する方法

  • 100円ショップ(ダイソー、Seriaなど)
  • ネットショップ(Amazon、楽天市場など)
  • ホームセンター(東急ハンズ、ロフトなど)
  • フリマアプリ(メルカリ、Frilなど)
  • オークション(Yahoo!オークション、モバオクなど)
  • 手作り

大人向けのパレードの場合には、一から手作りで衣装を作る参加者も多いのですが、キッズパレードの場合は、既製品の購入が多いようです。

2015年に人気の仮装テーマと衣装の購入方法

特定のキャラクターの公式衣装を探す場合には、ネットショップやホームセンターのほか、パレード時の着用だけと割り切って中古品を安価に購入するのであれば、フリマアプリやオークションもおすすめです(私もこの方法で家族4人の衣装を揃えました)。商品の特性上、「パレード当日で1度しか着なかった」など、比較的きれいな状態の商品も多いです。

キャラクター仮装にこだわらない場合には、仮装の人気テーマである魔女の帽子や黒猫の猫耳やしっぽ、海賊やデビルのマントなど、さまざまな仮装グッズがある100円ショップがおすすめです。血のりやつけまつげなど、本格的なメイクグッズも揃います。

ハロウィンの衣装は100円ショップで購入がおすすめ!

いずれの方法の場合も、10月に入ると商品の売り切れが相次ぐので、早め早めに衣装の確保に動きましょう


パレード当日は早めに会場へ。周辺イベントを楽しもう!

大規模なパレードの場合には、開催前後に道路の交通規制があることも。川崎市の場合も、キッズパレードでは一時的に車の往来を止める程度ですが、小学生以上が参加できる本パレードでは、道路の片側を完全に封鎖するなど、大規模な交通規制が実施されます。当日の交通規制の有無や時間帯をチェックするのはもちろん、混雑することも考えて、いつも以上に余裕を持って移動するようにしましょう

また、キッズパレードでは大人も仮装が必要なことも多いです。私は川崎が地元なので、衣装を着た上からトレンチコートを着ていきましたが、もし会場付近で着替えを予定している場合には、パレード参加者が使える更衣室の有無や場所を事前に確認して、少なくともパレード開始1時間前には現地入りするようにしましょう

さまざまなイベント実施やお得な「仮装来場者特典」も

今回私たちが参加したのは15:00開始の3回目のパレードでしたが、午前中は川崎駅周辺の商業施設へ行き「トリックオアトリート!」と店員さんに声をかけて、お菓子をもらって回りました。海外ではハロウィン当日に近隣住民からお菓子を集めて回るのですが、日本ではなかなか体験できないので、子どもたちも新鮮な体験で楽しかったようです。

その後食事をしましたが、仮装者限定でドリンクバーが無料でついてくる特典があり、お得に利用することができました。ハロウィンパレードの当日は、こうした仮装来場者特典があったり、会場周辺でフェイスペインティングやジャックオランタン作りなど、様々なワークショップが実施されることも多いものです。せっかくなので、早めに会場入りしてこうしたイベントに参加すると、ハロウィン気分をより一層楽しむことができます。

続く後編では、いよいよパレード中の様子をレポートします!

ハロウィンパレード体験記・後編はこちら!

※取材協力

ラ チッタデッラ | KAWASAKI Halloween 2015

神奈川県川崎市『LA CITTADELLA (ラ チッタデッラ)』で開催される、来年で20周年を迎える日本最大級のハロウィンイベント。特に、小学生以上が参加可能な「ハロウィン・パレード」は、参加者2500名、観客数12万人(※2015年10月25日開催時)を誇るビッグイベント。その前日に開催される未就学児を対象とした「キッズパレード」も、今年は参加受付が開始された2日後に1500名の参加枠が埋まってしまうほどの人気ぶり。