冬至の夜に、親子で灯そうキャンドルナイト!

冬至〜クリスマス!キャンドルナイトで特別な親子時間!

寒くなると、一際ロウソクの光の美しさが心に染み入りますね。イルミネーションイベントは長期間行われる場合が多いですが、キャンドルナイトイベントは1〜3日程度のことが多く、イベント期間だけの特別な楽しみです。

今回は、親子で行ける!キャンドルナイトイベントをご紹介します。

最近ではLEDのゆらめくキャンドルも多くなってきましたが、やはり本物のロウソクのゆらぎや、瞬く光、温度などは、実際に体験してみると、また格別!  子どもたちが興味深々で光を見つめる様子に、親の方も童心にかえってしまうほどです。

100万人のキャンドルナイト@茶屋町

まずご紹介するのは、大阪で、「1年に2回、夏至と冬至の日に電気を消してキャンドルを灯し、いつもとは違う光の中で、家族で過ごし、子どものこと、毎日のこと、ゆっくり語り合う時間を持って欲しい」(100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ事務局担当者)と始まったのが、先日行われた、100万人のキャンドルナイトというイベントです。
2014年の冬至は・・・?今年の冬至は12月22日です。しかも、今年は19年に一度の「朔旦冬至」で、新月(朔)冬至が重なる日とされています。こういった話も親子でキャンドルを囲む食卓でするといいかもしれません。
新月とは・・・?月と太陽との黄経が等しくなる時。月は太陽と同じ方向にあり、地球に暗い半面を向けるので、見えない。新月。太陰暦で、月の第1日。ついたち。(大辞泉)
「キャンドルの点灯は18時〜、施設の消灯は20時ごろ〜はじまります。20時以降の真っ暗な中での美しさもいいものですが、18時にはもうかなり暗くなっていますので、子ども連れなら18時〜の参加がおすすめですね」(100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ事務局担当者)
「人出が多い上に、キャンドルの美しさに子どもも大人も夢中になってしまうので、迷子には気をつけてください。」(100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ事務局担当者)
「また、今年は阪急電鉄の本社ビル前で、近隣の小学生たちが紙袋に絵をかいて作った行灯の明かりも灯ります。子どもの作品ということで、親子連れのみなさんにも興味を持っていただけるのではないかと思っています。」(100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ事務局担当者)
「キャンドルナイトイベントでキャンドルの美しさを体験して、是非、ご家庭でも年に2度キャンドルを灯し、家族でゆっくり話をしたり、キャンドルの光の下で絵本を読んだりといった時間をもってもらえればいいなと思っています」と、事務局の方がおっしゃるのが印象的でした。 100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ

キャンドルナイト@東武動物公園2014年12月23・24・25日

続いてご紹介するのが、子どもたちに大人気の東武動物公園で行われる、クリスマスキャンドルナイトイベントです。

東武動物公園のキャンドルナイトの特徴は、その場で「お願いキャンドル(200円)」を購入して、自分でもキャンドルを置くことができる参加型のキャンドルナイトであること。親子で購入して、絵やメッセージを記入してみるのもいいですね。
また、この時期の東武動物公園はイルミネーションで園内が彩られていますのので、昼間の動物園や遊園地、夜のキャンドルナイトやイルミネーションと合わせて愉しむのもおすすめです。
長いイルミネーション期間の中で、キャンドルイベントが行われるのは、クリスマス前後の3日間だけですので、是非、この機会に訪れてみたいですね。

クリスマスキャンドルナイト島根県花ふれあい公園「しまね花の郷」@2014年12月20・21・22日

島根県で行われるのは、美しい花の公園島根県花ふれあい公園「しまね花の郷」で行われる花とキャンドルの光、音楽に包まれるイベントです。

12月20・21・23日は園内がキャンドルの光に包まれ、17時〜は、先着150名の子どもにプレゼントがあります。 キャンドルフォルダーは近隣の幼稚園の子どもたちが描いた絵のものもあり、子どもの絵をキャンドルの光が美しく照らし出す様子に子どもたちは夢中になることまちがいなし。

ヴァイオリン&ピアノのHappyクリスマス12月20日(土)18時〜 17時〜
ママサンブルのEnjoyクリスマス 12月21日(日)18時〜 19時〜
サックスとギターの奏でるクリスマス12月23日(火・祝日)18時〜 17時〜
*詳しくはお問い合わせください。

キャンドルナイト♪ 熱川温泉 2014年12月22・23日 

クリスマスに家族で温泉旅行に行こうかな? と、もし計画中なら、人気の温泉地熱川温泉でもこの時期キャンドルナイトが行われます。海沿いの遊歩道をキャンドルが彩る美しいイベントです。

普段は夜のお出かけが難しい赤ちゃん連れのご家庭でも、温泉地のイベントなら、温泉や夕食を済ませたあとに、のんびりめぐってみることもできますね。
また、24日のクリスマスには1日限りの花火イベントも行われます。この日はキャンドルナイトはありませんが、こちらもおすすめのイベントです。

うみのなかみちクリスマスキャンドルナイト2014@うみの中道海浜公園 2014年12月23〜25日 

福岡県では、広大なうみの中道海浜公園で、1万本のキャンドルで作る巨大な地上絵のイベントが行われます。キャンドルイベントで、これほどの規模のものはあまりないので、是非行ってみたいイベントです。
この日は花火も打ち上がりますので、広大な園内を飾るキャンドル、夜空に打ち上がる大輪の花火のコントラストが非常に印象に残ります。
家族で出かけて、その美しさを堪能したいですね。また、海中海浜公園は休日には子どもも楽しめる数多くのワークショップやイベントを行っている公園でもあります。 ちょうどこの時期は、来年の干支「羊」と一緒に写真を撮れるイベントも行われています。こちらも合わせて愉しむのもいいですね。

まとめ キャンドルの光の中で、親子の大切な思い出を作ろう! 

全国には、まだまだ沢山のキャンドルナイトイベントが行われています。クリスマス前後は幼稚園はもう冬休みに入っているところも多いですね。時にはこんなイベントにも、是非足を運んでみてください。

また、時にはキャンドルを灯して親子でゆっくりおしゃべりをしたり、本を読んだりといった時間を作るのもおすすめです。

*火の取り扱いには十分ご注意ください。