6

千葉県の「予約なし」で楽しめるいちご狩り16選 おすすめ厳選!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

関東エリアのなかでも、いちご狩りが特に盛んな千葉県。都内からも訪れやすく、「ふさの香」や「チーバベリー」といった千葉県生まれの品種が食べられるのも魅力です。そこで今回は、「予約なし」「予約不要」で楽しめる千葉県のおすすめいちご狩りスポットを厳選紹介します!

※2021年の最新情報に更新しています
※施設によって予告なく変更する場合があるので、おでかけ前の確認がおすすめです
※料金や品種、定休日などが変更になる場合もあります

関東の人気いちご狩りランキングをチェック果物狩り&味覚狩り特集はこちら!

和田農園【印西市】

印西市にある「和田農園」は、時間無制限で食べ放題のいちご狩りスポット。小さな子供連れでものんびりいちご狩りが満喫できます。栽培品種は「紅ほっぺ」「かおり野」「とちおとめ」「あきひめ」の4種類。有用な微生物を活用した「EM農法」で農薬を減らして栽培されています。

例年、1月下旬〜5月末のシーズン中は基本的に無休ですが、いちごの状況によっては臨時休業することもあります。

※2021年は新コロナウイルス感染症対策でいちご狩りは休止中

富津アクアファーム【富津市】

「富津アクアファーム」は、テニスコート13面分の敷地面積を誇るいちご狩りスポットです。地下水を濾過した清浄な水と衛生的なハウスで育てられた「あきひめ」「紅ほっぺ」が、30分食べ放題! 例年1月上旬から5月上旬まで楽しめます(不定休)。

上下二段の高設ベンチで栽培されているので、大人も子供も腰を屈める必要がなく、快適にいちご狩りが楽しめます。また、館山自動車道の富津中央ICから約1分と、車でアクセスしやすい点も魅力。

丸太のシーソーなどの遊具で遊べるミニ公園が併設されているほか、ベビーベッドを設置したトイレもあり、小さな子供や赤ちゃん連れに優しい施設です。夏季にはブルーベリー狩りも開催されます。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月〜5月7日
営業時間:10:00〜16:00(いちごがなくなり次第終了)


磯山観光いちご園【東庄町】

東庄町の「磯山観光いちご園」は、いちご狩りやポピー狩りのほか、いちご大福やパフェ作りなども体験できる観光農園です。敷地面積は1ヘクタールと千葉県最大級! 

いちご狩りは30分の食べ放題制。営業期間は1月上旬〜5月中旬ですが、いちごの生育状況によっては12月下旬からオープンすることもあります。

栽培されているのは、希少品種の「アイベリー」や、千葉でしか食べられない「ふさの香」、さわやかな甘さの「もういっこ」、ジューシーで食べ応えがある「紅ほっぺ」の4品種(食べ比べ不可)。品種の指定はできませんが、受付時に希望を伝えると生育状況によっては案内してくれる場合もあります。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月4日〜5月中旬
営業時間:9:00〜16:00(当日分がなくなり次第終了)

マザー牧場【富津市】

「マザー牧場」は、動物とのふれあいや遊園地でのアトラクションなどが楽しめる観光牧場です。いちご狩りやブルーベリー摘み、さつまいも掘りなどの味覚狩りも体験できます。

いちごの品種は「紅ほっぺ」「あきひめ」「もういっこ」「やよい姫」の4種類。立体型7段式水耕栽培ヲ採用し、小さな子供から背の高い大人まで、楽な姿勢でいちご狩りが楽しめます。食べ放題ではなく量り売り制なので、食べる分だけ摘み取りましょう。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:1月中旬〜5月下旬
営業時間:
【1月】土日祝日9:30〜、平日10:00〜
【2月〜5月】土日祝日9:00〜、平日9:30〜
※受付先着順、熟したいちごがなくなり次第終了

もっと詳しい情報を見る
マザー牧場の人気体験&イベント&グルメを網羅 お得チケットも

渡邉いちご園【君津市】

館山自動車道の君津ICから約3分のいちご農園。アクアラインを使って都心から約1時間と、車でアクセスしやすいのが魅力です。土作りにこだわって育てた完熟いちごが30分食べ放題で味わえます。

例年は先着順ですが、2021年シーズンは予約制となっています。

ハウスは高設と土耕の2タイプがあり、栽培品種は「やよい姫」「紅ほっぺ」「かおり野」「あまえくぼ」「恋みのり」の5種類。当日の色づき具合を見て、熟したいちごが食べられるハウスに案内してくれます。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月2日〜5月下旬
営業時間:10:00〜15:00(赤いいちごがなくなり次第終了)

大竹いちご園【君津市】

同じく君津ICから車で約5分の距離にある「大竹いちご園」は、市内で最も早く高設栽培を導入した農園で、減農薬・有機栽培による安全ないちご作りを行っています。

品種は、希少な白いちご「淡雪」(写真)ほか、「紅ほっぺ」「よつぼし」「かおり野」「おいCベリー」「あまえくぼ」などを栽培

受付は先着順で、制限時間30分の食べ放題制。週末には「淡雪」を含む食べ比べも楽しめます。人気の品種はなくなるのが早いので、早めのおでかけがおすすめです。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月5日〜5月上旬
営業時間:10:00〜15:30(赤い実がなくなり次第終了)
※3月1日からは9:30〜


相葉苺園【山武市】

多数のいちご狩り施設がある成東エリアの「相葉農園」は、15品種ものいちごを栽培する農園です。定番人気の「とちおとめ」「紅ほっぺ」「あきひめ」、千葉原産の「ふさの香」、希少な「おうか」「千鶴」「やよい姫」などの中から、6〜8品種の食べ比べができます。40分の食べ放題制です。

通称「ストロベリーロード」と呼ばれる国道126号沿いには直売所もあり、個数限定のいちごチーズケーキや黒いちごのアイス、いちご大福などを販売しています。新鮮ないちごを使ったスイーツは格別のおいしさで、お土産に人気です。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月5日〜5月中旬(生育状況により変動します)
営業時間:9:30〜

順子の苺園【山武市】

同じく成東エリアの国道126号沿いにあるいちご農園です。品種は「あきひめ」「とちおとめ」「紅ほっぺ」「ふさの香」などの6種を栽培。

開花以降はほとんど農薬を使わずに育てたいちごを40分食べ放題で味わえます。1本10円で楽しめるポピー摘みも好評です。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月5日〜5月中旬
営業時間:日によって異なります

石田農園【山武市】

圏央道・山武成東ICからわずか250mというアクセスの良さが魅力の「石田農園」。栽培品種も多彩で、2021年シーズンは「あきひめ」「ふさのか」「べにほっぺ」「やよいひめ」「おいCベリー」「真紅の美鈴(黒いちご)」「チーバベリー」「とちおとめ」の8種類。40分間食べ放題制です。

通路幅が広めで歩きやすい土耕栽培と、立ったまま楽に摘める高設栽培のハウスが合計14棟あり、親子で快適にいちご狩りを楽しめます。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月〜5月中旬
営業時間:9:00〜17:00

白浜いちご狩りセンター【南房総市】

温暖な気候に恵まれた南房総市の「白浜いちご狩りセンター」では、例年12月中旬〜5月までいちご狩りが楽しめます。品種は「あきひめ」「紅ほっぺ」「かおり野」「やよい姫」の4種類で、30分の食べ放題制です。

無理のない姿勢で摘み取れる高設栽培を採用し、園内は全面シート張りで通路が広め。ベビーカーでも楽に通行でき、手足が汚れる心配もありません。近隣にはキャンプ場や宿泊施設も充実しているので、旅行がてら立ち寄るのもおすすめです。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2020年12月下旬〜2021年5月上旬
営業時間:9:00〜15:00

飯森苺農園【銚子市】

銚子市の「飯森苺農園」は、利根川沿いの国道356号に面したいちご狩り施設です。いちご狩りは「とちおとめ」「やよい姫」「あまおとめ」「ちばベリー」の4種類。土耕栽培と高設栽培のハウスがあり、100%有機肥料・減農薬で糖度抜群のいちごを育てています。

いちご狩りは30分の食べ放題制で、例年1〜5月中旬まで楽しめます。営業時間は9時〜日没までですが、12〜13時は受付していません。

※2021年は新コロナウイルス感染症対策でいちご狩りは休止中


チャイルドの庭(ガイヤファーム)【千葉市】

千葉市の「チャイルドの庭(ガイヤファーム)」は、都心から車で約1時間のいちご狩り農園。希少な白いちご「ホワイトプリンセス」のほか、「かおり野」「あきひめ」「紅ほっぺ」「やよい姫」「よつぼし」といった人気品種を栽培していて、そのうち数種の食べ比べが可能です。いちご狩りは30分食べ放題と摘んだ分だけ支払う量り売り(100g180円)から選べます。

※2021年シーズンは予約制

1月中旬からは土日祝日にファーマーズカフェがオープン。事前に予約すれば、自分でトッピングや窯焼きする「いちごピザ」や「野菜ピザ」の手作り体験も楽しめます。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月上旬〜5月中旬
営業時間:10:00〜(1日2回の入れ替え制)

茂原市本納いちご生産組合【茂原市】

「茂原市本納いちご生産組合」は、JR外房線の本納駅より徒歩約10分と、電車でアクセスしやすいいちご狩りスポットです。「中田いちご園」「牧野いちご園」「石井いちご園」の3農園で構成されていて、案内所でいずれかの園に案内されるシステム。

30分食べ放題で「さちのか」「ふさの香」「とちおとめ」「紅ほっぺ」「かなみひめ」などが味わえます。予約不要ですが、開園状況などをブログで確認してからでかけると安心です。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年2月6日〜3月下旬
営業時間:9:00〜16:00

近藤いちご園【一宮町】

「近藤いちご園」は、多品種の食べ比べが30分食べ放題で楽しめる人気のスポット。新品種のいちごを積極的に試作し、25以上の品種から9種類ほどを食べ比べできます。良質の腐葉土を使って育てたいちごは、大きくて甘みたっぷり! なかには糖度19度のものもあるそうです。

自家製のもち米と「淡雪」を使った白いちご大福「雪の女王」など、お土産も販売されています。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年1月10日〜5月上旬
営業時間:9:30〜(いちごがなくなり次第終了)

Mama's Berry(ママズ ベリー)【長柄町】

「Mama's Berry(ママズ ベリー)」は、のどかな丘陵地にある観光いちご園。甘味と酸味のバランスがとれた大粒いちごが自慢で、「あきひめ」「紅ほっぺ」など数種類の食べ比べができます。30分の食べ放題制で、2〜3歳は500円で楽しめます。

営業時間は9〜15時で、受付は先着順(事前予約も可)。甘みの乗った朝摘みのいちごを味わうためにも早めの来園がおすすめ! 2020年のいちご狩りは1月上旬開始予定です。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2020年12月中旬〜2021年5月末
営業時間:9:00〜15:00(いちごがなくなり次第終了)

ファミリー・ファーム保田【鋸南町】

「ファミリー・ファーム保田」は、富津館山道路の鋸南保田ICを下りてすぐのいちご農園です。JR内房線の保田駅からも徒歩約12分と、電車でも訪れやすい立地にあります。

いちご狩りは時間制限なしの食べ放題なので、心ゆくまでいちごが味わえるのが魅力。例年1〜2月中旬は電話予約が必要ですが、それ以外の時期は9時半から先着順受付です(予約も可)。栽培しているのは「あきひめ」「紅ほっぺ」の2品種で、プラス500円で持ち帰りもできます。

【2021年 いちご狩り情報】
期間:2021年2月3日〜2月7日(2月27日・28日は開園。3月1日以降は未定)
営業時間:10:00〜15:30(最終受付15:00。いちごがなくなり次第終了)

予約なしでいちご狩りが楽しめる千葉県内のおすすめ施設を紹介しました。先着順の施設が多いので、営業開始の少し前に到着するのがおすすめです。いちごの状況で休園になることもあるので、公式サイトや電話で確認してくださいね!

全国のいちご狩り特集はこちら
この記事をクリップする
6
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!

気になるキーワードをチェック!