東京都内の紅葉&遊具が楽しめる大型公園12選 すべて1日遊べる

紅葉の美しい季節が到来。親子で秋を満喫したいですが、景色だけだと子供は退屈してしまいますよね。そこで今回は、東京都内で紅葉と遊具の両方が楽しめる大型公園を厳選して紹介します。この時期ならではの美しい自然と外遊びが一度に楽しめますよ。

例年10月下旬から12月上旬まで楽しめるので、ぜひ参考にしてください。

砧公園【世田谷区】

世田谷区にある「砧公園」は、春の桜で有名な公園ですが、秋の紅葉も美しく、紅葉狩りを楽しむ人でにぎわいます。園内にある約1,000本のケヤキのほか、イチョウやモミジなども色づき、常緑樹との美しいコントラストが見られますよ。おすすめは、正門付近や芝生広場、「ファミリーパーク」「ねむのき広場」などです。

園の東側にあるアスレチック広場は、2020年3月まで改修が行われていて、平均台やネットアスレチックなど一部の遊具が「子供の森」に移設されます。「子供の森」は園の中央にあり、ブランコやすべり台、うんてい、ジャングルジムなどの定番遊具が充実しているエリアです。体をたくさん動かして遊べますよ。

■砧公園
住所:東京都世田谷区砧公園・大蔵1
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業

駒沢オリンピック公園【世田谷区・目黒区】

多くのスポーツ施設を抱える世田谷・目黒区の「駒沢オリンピック公園」は、各施設を囲むように豊かな緑が広がっていて、秋になると色とりどりの紅葉が楽しめます。園を横切るように通る駒沢通り沿いのイチョウ並木は、美しい黄金色のトンネルに。公園管理所口から園の西口にかけて長く続くケヤキ並木も色づきます。

園内には3つの児童公園があり、「うま公園」「ぶた公園」「りす公園」と呼ばれ、親しまれています。それぞれの動物をモチーフにしたカラフルでかわいい遊具があり、子供に人気です。砂場やすべり台、ブランコ、鉄棒などもあってたっぷり遊べます。

■駒沢オリンピック公園
住所:東京都世田谷区駒沢公園、目黒区東が丘2、八雲5
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:各施設は月1〜3回の休館日あり。公園管理所および各施設は年末年始休業

善福寺川緑地・和田堀公園【杉並区】

善福寺川に沿うように広場や運動施設などが約4.2kmにわたって連なる杉並区の「善福寺川緑地」と「和田堀公園」。春には川沿いを見事なピンク色に染めるサクラが見ものです。秋には、ケヤキやイチョウ、トウカエデなどが鮮やかに色づき、川や池との美しいコントラストを見せてくれます

「善福寺川緑地」には、ロケット型のすべり台がある「ロケット公園」や、飛行機型のジャングルジムがある「ヒコーキ広場」。「和田堀公園」には、アスレチックとすべり台が組み合わさった複合遊具やターザンロープで遊べる「ワンパク広場」などがあり、散歩を楽しみながら各所で体を動かせます

■善福寺川緑地・和田堀公園
住所:東京都杉並区成田東1〜4、成田西1・3・4、荻窪1、大宮1・2、堀ノ内1・2、松ノ木1
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業


城北中央公園【板橋区・練馬区】

石神井川沿いの起伏に富んだ敷地内に、多くの運動施設や東京都の指定遺跡などを有する板橋区と練馬区にまたがる「城北中央公園」。各施設の間を縫うように、ケヤキやイチョウ、サクラなど9,000本を超える樹木が植えられていて、秋には美しい紅葉で彩られます。特に、公園正面の入り口から続くイチョウ並木は迫力がありますよ。

園内には児童公園が2カ所あり、半円形のすべり台や、ジャングルジム、ブランコ、ネットトンネル、大型コンクリート遊具などでたっぷり遊べます。小さな子供向けの遊具がそろう7歳未満対象の「わくわく広場」もおすすめです。遊具の周りにも、イチョウやケヤキなどの樹木が多く、まさに紅葉と遊具を一緒に楽しめる公園です

■城北中央公園
住所:東京都板橋区桜川1、小茂根5、練馬区氷川台1、羽沢3
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業

石神井公園【練馬区】

水と緑に恵まれた練馬区の「石神井公園」。秋には、トウカエデやイチョウ、イロハモミジなどが色づき、紅葉狩りを楽しむことができます。特に、園の西側にある「三宝寺池」は、豊かな樹木に囲まれていて、水面に映える美しい紅葉が見られ、池のほとりにめぐらされた木道は散策にぴったりです

園内の中ほどにあるアスレチック広場には、すべり台や渡りロープ、平均台などが組み合わさった複合遊具をはじめ、ターザンロープ、スプリング遊具など遊べるエリアが豊富。「三宝寺池」の北側にある「くぬぎ広場」にも、ジャングルジムやブランコ、砂場があり、いっぱい遊べます。

■石神井公園
住所:東京都練馬区石神井台1・2、石神井町5
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業

光が丘公園【練馬区・板橋区】

1年中家族連れでにぎわう練馬区・板橋区の「光が丘公園」。秋には、イチョウやケヤキ、エンジュ、ユリノキなどが赤や黄色に美しく色づきます。園内の中ほどには、全長約200mにわたって南北に続くイチョウ並木も。樹齢100年を超す40本の巨木が一斉に黄金色に染まる様子は圧巻で、トンネルを歩く気分を味わえます

「ちびっ子広場」には、子供が楽しめる遊具がいっぱい。すべり台や橋のついた複合遊具、1周できるターザンロープやブランコなど、思い切り体を動かして遊べますよ

■光が丘公園
住所:東京都練馬区光が丘2・4、旭町2、板橋区赤塚新町3
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業


水元公園【葛飾区・埼玉県三郷市】

都内で唯一の水郷公園として知られる「水元公園」も、紅葉狩りが楽しめるスポットです。見どころは、園の西側に約1.2kmにわたって続くポプラ並木と、生きている化石として有名なメタセコイアが約1,500本生い茂る「メタセコイアの森」。ポプラ並木では歩道に沿って整然と並ぶポプラが一斉に赤や黄色に染まる様子を、「メタセコイアの森」では濃い赤色と池とのコントラストを楽しめます。

遊具で遊べる「冒険広場」もあります。すべり台やターザンロープ、複合遊具のほか、動物型のスプリング遊具などもそろっていて、小さな子供も楽しめますよ

■水元公園
住所:東京都葛飾区水元公園・水元猿町・東金町5・8、埼玉県三郷市高洲3
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業

国営昭和記念公園【立川市】

東京ドーム39個分の広さを誇る立川市の「国営昭和記念公園」。2カ所あるイチョウ並木は、園の見どころです。

ひとつは、カナール(水路)沿いに真っ直ぐ並ぶイチョウ並木で、200mにわたって106本のイチョウが並び、迫力満点。もうひとつの「かたらいのイチョウ並木」には、98本のイチョウが300mにわたって並んでいます。いずれも地面は黄金のじゅうたん、見上げれば黄金色のトンネルと、この時期ならではの景色が満喫できますよ。そのほか、日本庭園の池周辺で見られるモミジやドウダンツツジの燃えるような赤も見逃せません。

園内には遊べるエリアもいっぱい。特に「わんぱくゆうぐ」は、かわいらしい家の形をした小型の複合遊具から、ごつごつとした石の斜面と幅広のコンクリートすべり台をもつ築山、ふわふわドームまであり、きょうだい一緒にめいっぱい楽しめます

■国営昭和記念公園
住所:東京都立川市緑町3173
料金:中学生以下無料、15歳以上450円(入園料)
開園時間:3月〜10月9:30〜17:00(春分の日〜3月末までは17:30閉園。4月〜9月は18:00閉園)、11月〜2月9:30〜16:30
※無料エリアは8:30開園
※プール営業期間は異なる
※催し物などにより変更する場合あり
休園日:2月の第4月曜とその翌日、年末年始

井の頭恩賜公園【武蔵野市・三鷹市】

2017年に開園100周年を迎えた水と緑のオアシス「井の頭恩賜公園」。豊かな緑が秋には鮮やかに色づき、紅葉狩りを楽しむ人でにぎわいます。池を囲む約250本のサクラや、イロハモミジ、イチョウ、ケヤキなども赤や黄色に染まり、美しい姿を池に映し出しますよ。ボートに乗って池の上から眺められるのも、同園ならではの楽しみ方です

広い園内には、各所に遊具を楽しめる広場があり、すべり台やブランコ、スプリング遊具、複合遊具などがそろっています。動物園と水生物園に分かれている「井の頭自然文化園」の中にも、遊具を楽しめるスペースがありますよ。

■井の頭恩賜公園
住所:東京都武蔵野市御殿山1、吉祥寺南町1、三鷹市井の頭3~5、下連雀1、牟礼4
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:案内所および各施設は年末年始休業


府中の森公園【府中市】

甲州街道の北側に位置する「府中の森公園」でも紅葉が楽しめます。おすすめは、園の南にある日本庭園。燃えるような赤やまぶしいほどの黄色が池に映り、見事な和の景観が楽しめます。園の中央を南北に走る「花のプロムナード」でも美しい紅葉が見られるので、ぜひ散策してみてください。

広い園内には遊具広場があり、カラフルでかわいい遊具が充実しています。キリンの形をしたすべり台や、チューブ型すべり台付き複合遊具、ロープを渡る木製遊具など、体をめいっぱい動かして遊べますよ。

■府中の森公園
住所:東京都府中市浅間町1、緑町2、天神町2
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業

小金井公園【小金井市】

玉川上水沿いに位置する「小金井公園」は、豊かな緑を誇る公園で、秋には随所で葉が赤や黄色に色づき、紅葉狩りを楽しめます。西側の「桜の園」では約430本のサクラが、北側の雑木林ではブナやクヌギが紅葉し、アカマツなどの常緑樹と美しいコントラストを描きます。

園の中央付近にある「わんぱく広場」には、子供が夢中になる遊具がいっぱい。大型のアスレチック遊具や、大きなコンクリートのすべり台、穴に手をかけてよじ登っていくウォール、ターザンロープなどで思い切り遊べます。ソリゲレンデやふわふわドームで遊べるエリアもありますよ

小さな子供連れのファミリーなら「なかよし広場」がおすすめ。遊びやすい小型の遊具がそろっています。

■小金井公園
住所:東京都小金井市関野町1-13-1
料金:無料(一部有料施設あり)
開園時間:常時開園(一部異なる施設あり)
休園日:サービスセンターおよび各施設は年末年始休業

都立野山北・六道山公園【武蔵村山市】

豊かな自然を残す武蔵村山市の「都立野山北・六道山公園」は、都立最大の都市公園です。秋には、雑木林の大部分を占めるコナラやクヌギなどの落葉樹が赤や黄色に色を変え、山を美しく染めていきます。都内ではなかなか見られない貴重な景色です。

公園の東側には、子供が大好きなアスレチックも。大きなネット遊具やターザンロープなど5種類の遊具が楽しめる「冒険の森」と、起伏に富んだ雑木林の中で25種類の木製アスレチックにチャレンジできる「あそびの森」があり、体を思い切り動かして遊べます。

「冒険の森」「あそびの森」へ車で訪れる際は、最寄りの赤坂駐車場から徒歩15分程あるので、ハイキングを楽しみながら向かうのがおすすめです。途中にあるインフォメーションセンターではトイレが借りられるほか、地図の配布や展示もあります。

■都立野山北・六道山公園
住所:東京都武蔵村山市三ツ木4-2(インフォメーションセンター)
料金:無料
開園時間:終日(インフォメーションセンターは8:30〜17:30)
休園日:インフォメーションセンターは年末年始休業
※公共交通機関を利用の場合は、多摩モノレール「上北台」駅から市内循環バス(MMシャトル)上北台ルートで「かたくりの湯」下車。車の場合、最寄りの公園常設駐車場は「赤坂駐車場」(30台/9:00〜16:00/3月〜9月は16:30まで)

都内にある紅葉と遊具が楽しめる大型公園を紹介しました。各園の紅葉の様子をチェックしてからおでかけして、秋ならではの1日を満喫してください。

【特集】秋のおでかけ情報をチェック!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!