【2019】関西の人気プールランキングTOP10 営業期間&料金も!

夏の定番おでかけ先といえば「プール」。小さな子供が遊べる施設も多く、家族みんなで楽しめるとあって人気ですよね。

今回は、「いこーよ」の昨年1年間のランキングから、関西で人気のプールランキングTOP10を紹介します。ぜひ参考にして、楽しい夏の思い出を作ってくださいね!
(ランキング集計:2017年12月1日〜2018年11月30日、いこーよ調べ)。
※昨年ランキング3位の「みさき公園」(大阪府)は、2019年度のプール営業を行なわないため、11位を繰り上げて紹介しています

最新ランキングはこちらプール情報も!「夏休み特集」はこちら

1位 天然大和温泉 奈良健康ランド 奈良プラザホテル(奈良県)

天然温泉や岩盤浴、屋内テーマパークなどがあり、家族みんなで楽しめる「天然大和温泉 奈良健康ランド 奈良プラザホテル」。施設内に期間限定でオープンする屋内レジャープールが人気です。

水深約40cmの「子どもプール」には、大量の水が降り注ぐ「びっくりウォーターバケツ」やミニ滑り台など、小さな子供向けの遊べる遊具がそろいます。ほかにも流水プールやウォータースライダー(利用は身長120cm以上)、バブルプール(有料)など、飽きずに1日過ごせます。

屋内なので天候を気にせず遊べるのも魅力です。

■天然大和温泉 奈良健康ランド 奈良プラザホテル
住所:奈良県天理市嘉幡町600-1
営業期間:2019年は3月16日〜年内を予定
料金:3歳以上500円(奈良健康ランド入館料が別途必要)

2位 東条湖おもちゃ王国(兵庫県)

兵庫県加東市にあるおもちゃのテーマパーク「東条湖おもちゃ王国」では、夏季限定でレジャープール「ウォーターパークアカプルコ」がオープン。流水プールや造波プール、飛び込みができる珍しいプールなど、タイプの異なる6つのプールが楽しめます。

楽しい仕掛けが満載の「わんぱくプール」(写真)は多くの子供でにぎわう人気エリア。水深20〜30cmと小さな子供でも安心です。

屋根付きエリア「ちゃいぷ」には、ふわふわ迷路やミニスライダーなどのアクティビティが新たに登場します。

■東条湖おもちゃ王国
住所:兵庫県加東市黒谷1216
営業期間:2019年は7月6日(土)〜9月8日(日)
料金:入園券とプール入場券のセット 中学生以上2,100円、2歳〜小学生1,300円


4位 鶴見緑地プール(大阪府)

大阪市の花博記念公園鶴見緑地内にある温水プールです。流水プールや造波プールなど多彩なプールが通年を通して楽しめます。夏季には屋外ゾーンも利用可能です。

ほかにも、全長70mを超えるウォータースライダーに子供用プール、洞窟やジャングル風のジャグジープールなど種類豊富で1日飽きずに過ごせます。屋外ゾーンには水深の浅いじゃぶじゃぶ池もあるので、小さな子供のいるファミリーにもおすすめです。

■鶴見緑地プール
住所:大阪府大阪市鶴見区緑地公園1-37
営業期間:2019年は6月8日(土)〜9月1日(日)
料金:高校生以上1,200円、小中学生・65歳以上600円

5位 ひらかたパーク(大阪府)

大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」では、夏季にプール「ザ・ブーン」がオープンします。流水プールや展望プールなど4種のプールと4種のスライダーがあり、家族みんなで楽しめます。

なかでも人気なのは、小学6年生までの子供専用「わんぱくプール」。すべり台や噴水があり、思い切りはしゃげるゾーンになっています。

子供向けの「キディースライダー」は、デコボコの斜面を跳ねながらすべり、子供は大喜び。全長85mの「ハリケーンスライダー」も中学生以上の同伴で2歳から楽しめます。どちらも無料なので何度でも遊べるのがうれしいですね。

施設内にはベビールームが完備されていたり、更衣室には子供の着替えに便利な小上がりもあります。小さな子連れでも訪れやすいスポットです。

プールとアトラクションが両方楽しめるセット券「ひらパー満喫チケット」も登場し、お得にたっぷり遊べます。

■ひらかたパーク
住所:大阪府枚方市枚方公園町1-1
営業期間:2019年7月6日(土)〜9月1日(日)
料金:中学生以上900円、2歳〜小学生500円(入園料が別途必要)
ひらパー満喫チケット 中学生以上3,800円、小学生2,800円、2歳〜未就学児2,300円(フリーパスの利用は14:00〜閉園時間)

6位 ネスタリゾート神戸(兵庫県)

三木市にある大型複合リゾート施設「ネスタリゾート神戸」では、夏季限定のプール「WATER FORT(ウォーターフォート)」がオープン。日本初となる「水のジェットコースター」を含む4つの大型スライダーと6つのプールがあり、家族で存分に遊べます。

てっぺんにあるバケツから2トンの水が一気に降り注ぐ「水の要塞」など、子供が喜ぶ仕掛けも豊富。はしゃぎ疲れたら、流水プールでのんびり過ごすのもおすすめです。

屋内には緩やかなスライダーを備えた水深の浅いキッズプール「ジャバジャバ」もあり、小さな子供も楽しめます。

■ネスタリゾート神戸
住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60
営業期間:2019年は6月27日(木)〜9月23日(月)
プール料金:中学生以上2,300円、2歳〜小学生1,800円


7位 三木山総合運動公園(兵庫県)

同じく三木市にある三木山総合運動公園内の屋内プールです。25mプールと子供用プール、夏季は屋外のプライベートガーデンにビニールプールが設置されます。

室内はガラス張りの天井で開放感のある雰囲気が特徴。夏には屋根と窓が大きく開き、緑に囲まれたプライベートガーデンと行き来できます。

大きなプールは不安という小さな子供には、小さなガーデンプールもあります。アイスの販売もあり、リラックスした雰囲気で水遊びが楽しめます。

また、夏季限定で販売されるチケット「ファミリーパック」なら、大人2人と子供2人が期間中に、定額で何度でも遊べてお得。夏休み中、毎日でもプールに入りたいという子供にはおすすめです。

■三木山総合運動公園
住所:兵庫県三木市福井字2475-5
営業期間:ガーデンプール 2019年は7月20日〜8月31日(屋内プールは通年)
料金:7、8月 高校生以上400円、小中学生200円
7、8月以外 高校生以上500円、小中学生250円
ファミリーパック(夏季限定) 2ヶ月9600円、1ヶ月5000円、当日1000円

8位 服部緑地ウォーターランド(大阪府)

豊中市の服部緑地の中にある「ウォーターランド」は、流水プールや遠浅の「なぎさプール」、スライダープール(利用は身長120cm以上)、幼児プールの4つを備えたリゾートプールです。スライダーは無料なので何度でも遊べますよ。

幼児用プールは深いところでも水深30cm程度。カメの形をしたすべり台があり、小さな子供でにぎわいます。

広大な園内には、プール以外にも大型遊具施設「こどもの楽園」や、小川で遊べる「ちかくの森」などあり、飽きずに1日過ごせます。

■服部緑地ウォーターランド
住所:大阪府豊中市服部緑地1-8
営業期間:2019年は7月1日(月)〜9月1日(日)
料金:高校生以上1,030円、4歳〜中学生510円、3歳以下無料(成年の同伴者1人につき2人まで)

9位 サファリリゾート 姫路セントラルパーク(兵庫県)

サファリパークと遊園地が楽しめる「サファリリゾート 姫路セントラルパーク」では、夏季になるとプール「AQUAREA(アクエリア)」がオープン。流水プールや見晴らしの良い「ロックプール」、泡が楽しい「バブルプール」など、リゾート感あふれる雰囲気のなか、さまざまなプールが楽しめます。

2種のスライダー「GoGoスライダー」と「UFOラフティング」(どちらも利用は身長130cm以上)も新登場し、盛り上がりを見せています。

キッズ向けのウォーターアトラクション「パイレーツキッズアクエリア」では、3種類のスライダーや(利用は身長100cm以上)、水が降ってくる大きなバケツなど、楽しい仕掛けに子供は大はしゃぎ! 家族みんなが満足できるスポットです。

■サファリリゾート 姫路セントラルパーク
住所:兵庫県姫路市豊富町神谷1434
営業期間:2019年は7月20日(土)〜9月1日(日) 
※7月13日(土)〜15日(月・祝)プレオープン
料金:中学生以上3,500円、小学生2,000円、3歳以上1,200円 
※遊園地、サファリを含む入園料


10位 ウォーターパーク デカパトス(兵庫県)

神戸市の六甲アイランドにある「ウォーターパーク デカパトス」。流水プールや波のプール、ファミリープール、子供向けのプールなど、複数のプールとスライダーを備える複合プール施設です。夏季は毎年多くの家族連れでにぎわいます。

水のジャングルジムや浮き島で遊べる「ふれあい水遊びプール」は水深25cmと50cmと浅く、小さな子供でも安心。水着用おむつの着用で乳幼児から利用できます。

もう少し深さがほしい子供には、水深70cmのファミリープールがおすすめ。無料のすべり台もあり、家族で楽しむ姿が見られます。

遊び疲れたら芝生のサンシェード広場でひと休み。フードコーナもあり、1日たっぷり楽しめます。

■ウォーターパーク デカパトス
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中8丁目1
営業期間:2019年は7月6日(土)〜9月8日(日)
料金:大人1,400円、中高生900円、小学生700円、幼児400円、3歳以下無料

11位 奈良県第二浄化センター スポーツ広場(奈良県)

奈良県広陵町にある「奈良県第二浄化センター スポーツ広場」には、夏季限定の「ファミリープール」があります。

流水プールや25mプール、子供向けプール、長さ約76mと83mのウォータースライダー(小学1年生未満は保護者同伴で利用可能)が楽しめます。

子供向けプールは水深60cmの児童向け「ちびっこプール」と、水深30cmの幼児向け「ベビープール」の2種あり、年齢にあわせて遊べるのも魅力。ベビープールには3基のすべり台もあり、小さな子供の水遊びにぴったりです。

■奈良県第二浄化センター スポーツ広場 ファミリープール
住所:奈良県北葛城郡広陵町萱野100-1
営業期間:2019年は7月13日(土)〜9月1日(日)
※7月16日(火)〜19日(金)、8月19日(月)は休業
料金:中学生以上850円、小学生以下420円、4歳未満無料

子供用プールが充実していたり、無料スライダーが楽しめるなど、家族で訪れやすいプールばかりでしたね。今年の夏は思い切り遊んで、家族で楽しい思い出を作ってください!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!